FC2ブログ

お勉強

みなさん、こんんちわ。
8月も今日でおしまいですね。
素敵な思い出できたかな^^
私は・・・
何かあったかなぁ~^^


ちょっといただき物のお下がりを持って元旦那の家に・・・
なんだか超忙しいとかで部屋から出てこない、元旦那
お母(元義母?)さん曰く、「なんだか難しい勉強をしてる」らしい^^
私との初セックスのときはまだ高校生だった元旦那も今では大学院生
そこで結構難しい研究をしているとか・・・
私には無縁の世界あだなぁ~


お元義母さんにお茶をいただいて帰り際
2階の部屋から顔を出す、元旦那
「勉強頑張ってね」と、私
「ありがとう」と、元旦那
手を振って元旦那の家を出ました^^


勉強にはノートが必須ってね^^
img_0222.jpg

最近勉強してないなぁ、美優
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

お洒落は下着から?

みなさん、こんにちわ。
8月も今日でお終い。
素敵な夏の思い出作れましたか?
こっそり美優に教えてくださいね^^


父のお洒落化計画第一弾
Tバックは嫌がられたのでとりあえずはビキニで^^
ほんとはお店で選びたかったんですけど、流石に子供達をおいても行けないし・・・
仕方なくネットで購乳^^
せっかくなので花柄にしちゃいました^^


ビキニに慣れたら次はTバック^^
なんて考えながら変にドキドキしながらまずはお洗濯^^
そろそろ乾くころかな^^
父の反応が楽しみです^^


みなさんのお気に入りの下着はどんなのかな?
美優にこっそり教えてくださいね^^


yuki 1098 yuki 1100 yuki 1099

さっそく今夜から穿いてもらっちゃおう、美優

おねだり

みなさん、こんにちわ。
朝晩はめっきり過ごしやすくはなってきましたが
日中はまだまだ暑い日が続きそうですね。
8月もあと少し、ヤリ残したことはありませんか?
素敵な思い出いっぱいっぱい作ってくださいね^^



先日、ハロッズからイヤーベアの案内が届きました^^
30周年アニバーサリーベアでもあるんだとか・・・
ベネディクトくん、ほしーぃ。
ってことで弟にメール
おねだりしちゃいました^^


しばらくして「いいよ」のお返事メール
うれし~^^


yuki 1091

大○心斎橋店のハロッズが閉店するんだって・・・
もう大阪じゃお店で買えなくなっちゃうのかな・・・
可愛い子を選んで買えたのに・・・
ネットで買うしかなくなっちゃうのかな~


今日はモーニングサービス、美優

所変われば品変わる

みなさん、こんにちわ。
台風、御無事でしょうか?
列島縦断はなくなったようですが、お気をつけてくださいね。


【先日のお話】

幼馴染の出戻りの友人と話す機会があり、なぜだかウォシュレットの話に・・・
その友人曰く「お尻を洗浄しトイレットペーパーで拭いて完了」だとか・・・
私、「え?、乾燥使わないの?」
友人、「使ったことない」「付け替えた時に乾燥のないやつを買った」
私、「お尻は指で洗ってる?」
友人、「え?、指で洗ってるの?」
私、「え?、違うの?」
「え?うそー」
「え?信じらんなーい」
「え?マジー」
「え?そんな人おらんやろー」
「・・・」
等々
日がな一日、ウォシュレット談義で盛り上がっちゃいました^^


で、私の使用方法はと言うと・・・
この時期は便座は低めの温度に、洗浄水、乾燥は人肌の温度に設定
水流を【中】くらいで洗浄開始、ムーブは使用しない
以上が基本です^^


① まずは用を足す
② 洗浄開始
③ シャワー開始後、そっと手をお尻と便座の間に滑り込ませりる
④ 中指で肛門の周りをこすり洗い
⑤ 肛門の力を弛める
⑥ 肛門を開くように力を入れる
⑦ 中指の第一関節辺りまで肛門に挿入し、こすり洗い
⑧ 手を戻しトイレットパーパーで(手の)水滴除去
⑨ 肛門を開くようにしながら水流を【強】に変更し (中→やや強い→強)
   洗浄水を肛門から直腸の中へ注入(一分くらいかな)
⑩ 水量を【中】に戻す(次回、突然強いとびっくりする)
⑪ 洗浄を停止


しばしのインターバル
直ぐに、もよおしてくる(しばらく来ないときもある)ので・・・


⑩ 再度、放出(洗浄水とともに残ったうんちも排出)
⑪ 直腸に入った洗浄水の問題(量、部位、等々?)か、二度(三度くらいのこともある)ほどもよおすので都度放出(回を重ねるごとに量は減るが初回と同じようにうんちも排出)
⑫ そのままトイレットペーパーで拭いても良い(ほとんど汚れていない)が念のためもう一度【ソフト】で肛門を洗浄
⑬ 再度、手をお尻と便座の間に滑り込ませ中指で肛門周り(先ほどより広めに)をこすり洗い
⑭ トイレットペーパーで手の水分除去
⑮ トイレットペーパーで軽くお尻の水分除去
⑯ 乾燥開始
⑰ 立ち上がり濡れた便座をトイレットペーパーで拭き取り
⑱ 【大】で便器を洗浄して終了


てな感じです^^
時々、数分後に再度もよおす場合は⑩から再スタート
これで綺麗スッキリ^^
お尻の中までピッカピカ
⑨辺りから再度実施すると、放出される洗浄水も無色透明無味無臭でさらに完璧です^^
みなさんも是非!お試しあれ


さらには、アナルセックスをするときにも浣腸をしない私は、パートナーのおチンポを汚し不快な気分にさせることなく、お掃除フェラチオで汚物を口に入れる確率を下げる、一石二鳥の効果を狙ったものでもあります。
まぁこれはビデでおめこを洗浄する場合も同様です。
危ない日に中に出されちゃった時なんか、おめこを洗浄しながら中に残った精液を洗い流し妊娠率を下げる荒業でもあります^^


恐るべしTOTO(使用説明書には載ってないのは何故?、裏ワザか?)
タイトルにも書いた通り【所変われば品変わる】を、まさに地で行く使用方法なのか?
でも、テレビか雑誌か記憶は定かではないけれど、私と同じような使い方をしている著名人の話を聞いたことがあるようなないような・・・
うがい液を喉の奥(食道かな?)まで入れて洗浄し吐き出すとか(テレビで実演していたような記憶がある)。
世の中には未知の世界があるんでしょうね^^


さぁみなさんのウォシュレットの素敵な使い方ってどんなですか?
美優にこっそり教えてくださいね^^
また美優の使用方法も試された感想も是非お願いいたします。
生アナルセックスをされる方で浣腸を使用されないなら是非、彼女さんに勧めてみてください。
喜ばれるかもですよ
その時は彼女さんのコメントも教えてくださいね^^


さぁってそろそろコーヒータイムにするかな^^
ホットも良さげな季節になってきましたね。
今年はラテアートにでも挑戦してみるかな
こんなの書けたら素敵だなぁ~^^

ILOVEYOU_.jpg

もちろん実演生搾り母乳で、美優

それでもTバックが好き

みなさん、こんにちわ。
八月も残すところ一週間
ヤリ残したことはないですか?^^
残り少ない夏、素敵な思い出作ってくださいね。



【昨日のお話】

昨日は朝から快晴
少し早起きして涼しい間に洗濯物干し
心地よい風が吹いて気持ちいい^^
父のパンツに囲まれながらそよ風に揺れる白と黒、二枚のTバックも気持ち良さげ^^


お三時(子供たちのお昼寝の時間)
いただき物のかん袋(だったと思う)のくるみ餅
お店風にかき氷をかけていただきました。
くるみ餅にはもちろん冷たい麦茶・・・
のはずが・・・
父は何故か搾りたて生ミルクたっぷりアイスコーヒー^^


「氷がとけちゃうよ」の私の言葉も無視してせっせと乳搾り^^
ラストは両手の親指、人差し指、中指の三本で私の両乳首摘まみ^^
「あん」と、私^^
そしてやっとお三時^^


生ミルクたっぷりで妙に白いアイスコーヒーを飲む父がなんとなく可笑しい^^
くるみ餅を手にとった父に「練乳かけたげよか?」と、私
「練乳?」と、怪訝な表情の、父
頷きながら「うん」「ついでだからどう?」と、私
「んー、まー、ちょっと」と、父
黄色いキャミソールを捲りながら「じゃあセルフサービスね」と、私
「サービス悪いな」と、父
「じゃあ美優がしよか?」と、私
「そうしてくれ」と、父


捲りあげたキャミソールを顎で挟む、私
父にくるみ餅のお皿を私の乳房の側に持ってきてもらって練乳かけのスタート
時々、くるみ餅のお皿を持ち父の手にも飛び散らせながらの搾乳
時々、私の乳首に触れるかき氷が気持ちいい^^
桜がお昼寝前に飲んで、父が搾ったばかりだけど、まだまだ出てくる^^
需要に追いつこうと日夜製造を続けているのかな、私の体
でも、練乳の用に粘度がないし色も氷になじんでしまいお愛想なし
アイスコーヒーの様にコントラストがあると良かったのにね^^
で、「まぁこんなもんかな」って感じで終了
父に召しがっていただきました^^


生搾りミルク氷かけくるみ餅
食べる父に「どう?」と私
「very nice」と、父
「一口頂ちょうだい」と、父のお皿から生搾りミルク氷をスプーンで人すくい
で、食べてみた・・・
なんだか残念なお味・・・
「どこがvery nice?」と、私
「くるみ餅」と、父
「ミルク味しないね」と、私
「そやな」と、父
お愛想なしでした・・・


すると突然「おれの練乳かけたろか?」と、父
「え」っと手が止まる、私
「美味いぞ」と、父
いつだったか、弟には色々食べさせられたなと思いだながら、「また今度お願いするわ」と言いながらさっさとくるみ餅を完食する、私^^
「なんや」と、ちょっと不満そうな声で、父
「夜できなくなるからね」と、私
「ははは」と、父
まぁこんな感じで有り余る母乳の搾乳と処分を日々、父に手伝ってもらっています^^
そのおかげで余計に母乳がつくられている気もしますけどね^^


お三時の後
流石にこの時間はめちゃ暑
麦藁帽子をかぶり汗だくになりながら、快晴であっとゆう間に乾いた洗濯物の取り入れ作業
私の下着なんか5分で乾きそうなお天気だったね^^
「ふーふー」言いながら部屋に戻り洗濯物のお片づけ
そばには新聞を眺める、父


大家族?だし汗かくしで大量の洗濯物
「はい、お父さんの」なんて言いながら仕分けをする、私
・・・
白と黒、二枚のTバックを手にとったとき・・・
「なんでお前の下着多いんや?」と、父
「え?」と、両手にTバックを一枚ずつ持って父の方を振り返る、私
「それや」と、顎を上げながら、父
何を言いたいのか理解できて「ああ」「誰かさんが昼間っからエッチなことするからね」と、私
「ああ」と、父
「そうそう」と、私


洗濯物の片付け終わり、立ちあがろうとした時・・・
「食い込まんのか?」と、父
立ち上がりながら「え?」と、私
視線を逸らせたままの、父
ちょっと考えて「ああ」って、「食い込むよ」とミニスカートを捲りあげ、「ほら」とお尻を父に披露する、私^^
「気持ち悪ないんか?」とTバックの食い込んだ私お尻を見ながら、父
「食い込むのがいいんじゃない」と、笑顔で私
鼻で「ふーん」と、父
「ダメならはくのやめようか?」と、にっこりしながら、私
「いやいや」と私のお尻から視線を新聞に落とす、父


「お父さんにも買ったげよか?Tバック」と、捲りあげたミニスカートを下ろしながら、私
視線を上げる、父
黒と白、二枚のTバックを両手にもって「こんなやつ」と、私
「おいおい」と、父
黒と白、二枚のTバックを両手でぶらぶらさせながら「ちゃんと紳士物があるのよ」と、私
「食い込むんやろ」と、父
「じゃあビキニは?」と粘る、私
「まぁ・・・」と、また視線を落とす、父
「じゃあ今度買ってくるからはいてね」と、私
だまって頷く(頷いたように見えた)、父


そんなこんなで、ちょっと楽しいお洗濯物の片づけになりました^^

夜の帳が降りるころ
子供たちもスヤスヤ
Tシャツにトランクス姿の父と黒いベビードールに昼間の黒いTバック姿の私
二人、手をつないで私の部屋へ
部屋に入るなり私に襲いかる、父^^


ベビードールを脱がさずに私を気持ち良くする、父
「あんあん」と、私
ベービードールの上から乳房を揉みしだき乳搾りをする、父
「はぁあん」「ああああ」と、私
そしてベビードールの隙間から乳首にキスをする、父
「ああ~ん」「ああ~」と、私
私の左右の乳首に交互に口づけし、母乳を吸う、父
「うはぁん」「ああん」と、私
左右の乳房に流れた母乳を舐めとる、父
「あああ~」「あはぁ~ん」と私


そして唇を重ねお互いの舌をむさぼりあう、父と娘
私の胸を揉みながら私の顔を舐めまわす、父
首を振り「あ~ん」「もう」と、私
瞼に口づけし舌先で瞼を捲る、父
「だめ~ぇん」と、私
私の瞼をこじ開け眼球を舌先で愛撫する、父
悶える、私


そしてまた激しい口づけで舌を絡め合い唾液を交換し合う、父と娘
口の周りが唾液まみれになった父と、すでに顔面が唾液まみれの私
そして父が下降開始
私のうなじを通って首筋に、肩、脇、腕・・・
器用にバビードールを脱がさずに、乳房、乳輪、乳首、山越え谷越え、左右の乳房を行ったりきたり^^
お腹にお臍、
そしてTバックで気持ち隠されたペンペン草も生えていない恥丘から谷間に・・・
栗拾いをしてから可憐に咲く薔薇の花びらへ
無言で快感に耐える、私
野に咲く薔薇の花びらを愛でるように、やさしく愛撫する、父
快感に耐えきれず腰を突き上げ「うっはぁあ~ん」「ああああああ~」と、私
 

父の舌先が私のピンク???!!!(←強調)の花びらをかき分け蜜壷の中へ・・・
「はあああ~」「あはあああ」と、おめこを父に押し付けるように、私
私の蜜壷に舌先を突っ込み蜜を吸う、父
いつの間にか父の前で大股開きになっている、私
私の両脚を掴み持ち上げる、父


「あはあああ~ん」と、まんぐり返し私
父の舌先が清楚な菊の花へ
「ああ~ん」と、私
舌先で菊の花弁を押し開く、父
「あ、あ、あ」と校門の筋肉を緩めながら、私
父の舌先が菊門を押し広げ中へ(入ってないよ、多分)
「はあ~ん」と、私


薔薇園と菊園と栗園を行ったり来たりする、父の唇
「あああん」「あ~」「ああ~ん」と悶えまくる、私
歯で栗を拾う、父
両脚を父の首に巻きつけ父を引き寄せるように「くぅううはぁああ~ん」と天に召される、私


私の体をそっと横たえる、父
絶頂の余韻に浸る私
私の体に唇を這わせる、父
太ももから膝、脛、そして指先まで
「はぁはぁ」と体を震わす、私
私の体をうつ伏せにする、父
力なく転がる、私
そして脹脛から、太もも、お尻、ベビードールを捲りあげ、腰、背中・・・
肩、首、うなじ、耳
そして私の頬に手を当てて重なる、唇


そっと体を起こす、私
ベッドに横になる、父
父を裸にする、私
硬く大きく成長した父のおチンポ
髪をかき上げ父に口づけする、私
私の髪をなでる、父
父の顔のあちこちにキスする、私
私の乳首を摘まむ、父
父の全身にキスの嵐を降らせる、私


そして最後の砦のチンポへ・・・
そっと亀頭さんに口づけ
ピクっと反応する、父のおチンポ
パクリと父のおチンポを咥える、私
「うぅ」と、父
初めはそっと、そして激しくフェラチオする、私
「おおぉ」と、父
あまりヤリ過ぎると覆水盆に返らず、出されちゃうのでフェラチオは程々で終了


今度は父にうつ伏せになってもらって、耳から首、肩、背中、腰、お尻、太もも・・・足の指先から指の間まで、唇と舌でそっと触れさせてもらっちゃいました^^
うつ伏せに寝る父の両脚の間にひざまづき父の両太ももを持って起こそうとする、私
私に促されるまま四つん這いになる、父
そして四つん這いになった父の下腹部に顔を横向けに入れ金玉袋にキスする、私
「おお」と、父
パクリと金玉袋を頬張る、私
「おおお」と、父
あんまりヤリ過ぎると逃げられちゃうのですぐに開放^^


そして密林に阻まれ手つかずだった父の菊門へ、キス!
「おおお」と同時に菊門をすぼめる、父
舌先で口撃する、私
「おいおい」と父
無視して舌先を父の菊門に押し込む、私
そっと菊門の力を弛め(多分ね)る、父
菊門が開き私の舌先が父の中へ・・・
それから鼻先を父の菊門に押し付ける、私
また「おいおい」と、父


そしてとどめに指先を父の菊門に・・・
最初は入口をくりくり、そしておもむろに・・・
ズブっと人差し指の第一関節まで、父の肛門の中に・・・
「おおー」と逃げる、父
「なんだぁ~」とがっかりする、私


仰向けに寝転がる逃走者の、父
「もう」とふくれる、私
そんな私に「おいで」と手を伸ばす、父
父に手を委ね「うん」と、私
私の手を引き寄せる、父
仰向けに寝る父の上に跨る、私
私を抱き寄せる、父
唇を重ねる、父と娘


体を起こし腰を浮かす、私
私の乳房をそっとさする、父
Tバックを横に寄せ、父のおチンポに手を添え薔薇の花園へ導く、私
薔薇の花びらと絡みあう、父のおチンポ
そっと腰を下ろす、私
花びらをかき分け蜜壷の奥に分け入る、父のおチンポ
「あああああ」と、私
私の腰に手を添える、父


そっと腰を動かしはじめる、私
父の上で縦横無尽に動き回り腰を振りまくる。
私の体をさする、父
うねうねと卑猥に腰をくねらせる、私
時々腰を突き上げる、父
「じゅぶ」「じゅぶ」「ぶじゅ」と卑猥な音をたてる、私のおめこ
「おおお」と、父


ふと我に帰り「中に出したダメよ」「そろそろ微妙な日だから」と、腰を振りながら、私
「ん」と、頷く、父
「出すとき言ってね」と、腰をくねらせながら、私
「ん」と頷く、父
「あはあああ」」と腰を上に動かし父のおチンポを出し入れしながら、私
私の腰を力強くつかむ、父
「はああああ」「あああー」「あはー」絶頂の予感に激しく腰をふり叫ぶ、私
私に呼応して腰を突き上げる、父
そして体を仰け反らせ「くぅはぁ~ああ~」と昇天する、私
私の腰を持って私を支える、父


父のチンポを体内に咥えこんだまま、体を仰け反らせ後ろ手を付き体を震わせる、私
私の体をひ引きよせて起こそうとする、父
力の抜けた体を起こす、私
「動くな!」と、父
「え?」「なに?」「出るの?」と、私
頷く、父


慌てて腰を浮かしおめこから父のおチンポを抜く、私
去り際に「ぶじゅぶじゅ」と卑猥な音でお別れのご挨拶をする、父のおチンポと私のおめこ
ふと見ると父のおチンポから私のおめこに糸を引いてる^^
そして振り向きたった今まで私の対内で蠢き愛液で濡れた父のおチンポをパクリ^^
そしてフェラチオ
四つん這いで父のおチンポを咥える私
今度は美優のお口に出してもらうためのフェラチオだから遠慮なく
私のおめこから逆流し太ももを垂れる・・・???


ん? ん? ん?
父のおチンポが、なんか精液の味がする・・・
私の中に出した?
え? え? え?
でも小さくってない
ん? ん? ん?
半分だけ私の中に出した?
え? え? え?
そんなことできるのか?


そんなことを考ええいると・・・
私の頭を押さえつける、父の手
喉の奥に当たる、父のおチンポ
「うっ」っと、私
同時に私の喉の奥で「ドビュ!」と精液を吐き出す父のおチンポ
構える、私
「どろ~」と、後が続かない父の精液放出
あれ?と少々拍子抜けな、私
私の頭を押さえたまま「ふー」っと、父


父の少量の精液を口に含んだままお掃除フェラチオをする、私
そして体を起こし、父の前で口を開け、口の中に溜まった精液を父に見せる、私
そして「ごっくん」と少し大袈裟に飲み込む、私
父の横に寝ころがり、髪をかき上げ父にキスをしようとすると・・・
「やめてくれ」と、父
「なによ自分でしょ」と言いながら強引に父の唇を奪う、私
首を振りながらも激しくキスをする、父と娘


股間のにゅるっとした感触に唇を離し
「ねぇ、中に出してないよね?」と、父に顔を寄せて、私
「今、飲ませたったろ」と、私の頭を撫でながら、父
「そうだけどさぁ」「ちょっと量が少なかったし」と、父の肩に頭を乗せて、私
「気のせいだろ」と、私の肩を抱きながら、父
「そっか」と、私


でも何気に気になって太ももを流れたものを指ですくい取って、顔の前に・・・
指先でどろりと糸引くし・・・
それから鼻先へ・・・
明らかに精液の匂い・・・
そして味見、やっぱり精液の味^^
「やっぱり中に出したでしょ」と、身を乗り出し、父の鼻先に指先を付けながら、私
「しつこいな」「出してないって」と、父


今度は花園に指を入れてみる、内容物をかき出して指先ですくい取って顔の前に・・・
やっぱりネバネバ
香りも味も、精液そのもの・・・
上半身を起こし「いっぱい出てるやん」と、私
「ええー」と、父
「ちょっと見てよ」と部屋を少し明るくしてベッドの上でうんこ座りする、私


Tバックをずらし少しお腹に力を入れると・・・
「ぶび」っていう音とともに私の体内から白いどろ~っとした液体が・・・
引力に引かれシーツの上にポトリ、ポトリ
「おならじゃないからね」と言ってから
「これでも出してないって言うの?」と、父の前で蹲踞の姿勢で、私
「ううーん」と父
「ううんじゃなくって」と大股開きでぱっくり開いたおめこを父に見せつけながら、私
「まあちょっとくらい出たかな」と、父
「これちょっとじゃないでしょ」と、おめこから垂れ下がる父の精液を指さしながら、私
「んー、まー」「スマン!」と、父
「やっぱり」「だめって言ったでしょ」と、私


「合図したんやけどお前が気づかんかったんや」と、父
「美優のせい?」と、私
「お前が上で腰振りまくるからやろ」と、父
「押しのけてくれればいいでしょ」と、私
「いや、お前があんまり気持ち良さそうだったから」と、父
「もう気をつけてよね~」と、私
「おお」と、父
「じゃあシャワーいこ」と、私
「おお」と、父


そして二人で体を絡め合いながら、シャワー
「妊娠しないように中まで洗ってよ」と、私
「ははは」と、父
父に、指先を私のおめこに入れて中まで綺麗にしてもらっちゃいました^^


シャワーを終えてリビングでビールと冷たいお水でくつろぐ父と裸の私
「シーツ汚すなよ」と、父
「洗ってくれたんじゃないの?」と、私
「そやったな」と、グラスを口に運びながら、父
そうだと立ち上がり今日片づけた洗濯物の中から白いTバックを取り出し、はく、私
父の前で「どう?似合う?」と、私
「似合うよ」と、父
「こうゆうの好きじゃないの?」と、父
「毎日はいとけよ」と、父
「うん」と笑顔で、私
また乳お横に座り、「これでソファー汚さないでしょ」と、私
「そやな」と、父


「それより」と、私
「ん?」と、父
「半分だけ中に出すとかできるの?」と、私
「んー」「動かなかったら止められるかな」と、父
「そうなんだ」とにっこりしながら、私
「ははは」と、父
「でも半分でも中に出したら一緒だと思うけどね」と、私
「はいはい」と、父
「はいは一回」と、私
「はい」と、父
「でも不覚~、出したのわかんなかったわ」と、私
「そっと出したからな」と、父
「そっとって?」と、私
「んー」「流し込むように」と、父
「えー何よそれー」「わざと出したの?」と、私
「不可抗力」と、父
「もう気をつけてよねー」と、私


「あははは」と、父
「でもうそつきはダメよ」と、私
「はいはい」と、父
「はいは一回」と、私・・・
まぁそんな他愛のない父娘の会話で夜のスポーツのクールダウンをしていました。


yuki0321_20150823104847faf.jpg

さぁコーヒータイムにしよう^^、美優

巨乳?^^

みなさん、こんにちわ。
ちょっと変なお天気が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
台風の接近も気になりますが、夏の終わりを楽しくお過ごしくださいね。


相変わらずバタバタと瑣末な日々の繰り返しですが
おかげさまで元気に過ごしています^^



【水曜日のお話】

遅れてご心配(してくれました?)をおかけしていた整理も無事終了し
今週は定番の水曜マッサージとなりました。


子供達を寝かせてから先生の来る前に念のためにシャワー^^
裸のままキッチンに・・・
ソファーに座る父に「ビールいる?」と、私
「おお」と、父
ビールと冷たいお水を持って父のもとへ
お酌する、私
「おお」と、父
裸のまま冷たいお水を飲んで「ふー」っと一息


と同時に私の両乳首を摘まむ、父
「あん」と、私
乳首にキスする、父
「マッサージの先生来るから」と、私
舌先で乳首を転がす、父
「あ・と・で」と逃げる、私


部屋に戻って今夜の衣装決め^^
前週のハイレグワンピース水着が気に入ってくれたみたいだったので
何年前のか記憶にないけれど黒い三角ビキニでお出迎え、夏だもんね^^
「夏らしくていいでしょ?」と私の問いかけに
「素敵ですよ」「20代独身でも通用しますよ」なんてお尻の穴がこそばゆくなるようなおべんちゃら?^^


私の部屋に入って早速マッサージ開始
ちょっと肩こりがひどかったので集中的にマッサージをお願いしました。
いきなり気持ちよすぎて「あ、あああ~」と声を出しちゃいました^^
肩を起点に全身マッサージ、整体マッサージで逝きそうになっちゃっていました^^
濡らしちゃいそう^^


全身を楽にしてもらってから一文字変えて 性 体マッサージ
ビキニを脱がせてもらって、リップサービス付きで悶えまくらせていただきました^^
先生の舌が結構ザラザラしているのか乳首やクリちゃん舐め舐めに「ひー、ひー」言っちゃいました^^
舌も長くてキスがとてもお上手で、ウットリ^^
母乳マッサージ?も味わっていただいて^^
美優の花びらもやさしく舐めてもらっちゃいました^^


あくまでもマッサージなんですが・・・
気持ちよすぎてついつい先生に手を出しちゃう、私
先生にも裸になってもらってシックスナインで口撃の応酬^^
先生の栗、花びらへの長いざらざらの舌先口撃に美優はあえなく撃沈
思わずおチンポから口を離し「うはぁ~ん」と逝かせていただいちゃいました^^


ベッドで「はぁはぁ」と放心状態で余韻に浸る私の上に先生
「ああ」と、私
先生の唾液と私の淫液まみれのおめこにおチンポを挿入する、先生
じゅぶじゅぶじゅぶっと卑猥な音をたてる、私のおめこ
「うはぁあん」と我に帰り声を出す、私
子宮の入り口に こんにちわ する先生の亀頭^^
「あああん」と先生に抱きつく、私
キス
お互いの舌を絡めあいを求めあう、先生と私
離れた唇に糸を引くまじりあった二人の唾液


ゆっくりと動き始める、先生
そっと先生の腰に手を添える、私
早く遅く、右へ左へ、上に下に・・・
私のおめこの中を縦横無尽に動き回る、先生のおチンポ


「ああ~」「ああ~」「ああああ~ん」と悶えながら、叫ぶ私
まるで私のすべてを知っているかのような腰使いの、先生
「うはぁ~ん」と意識が遠のく、私
とどめの攻撃を加える先生のおチンポ
「はああああん」っと先生の腰に手をまわした両手で思いっきり先生を引きよせながら二度目の撃沈・・・
そんな私に応えてくれるかのように先生も美優の中で逝ってくれました^^


しばらく先生に抱きついたまま ぼー と、私
そっと私の唇に唇を重ねる、先生
「んん」と、私
そっと体を起こす、先生
にゅるりと私の体内から出てゆく先生のおチンポ
「あ、ああ」と名残りおしく、私
ベッドに座る、先生
体を起こし先生の元へ・・・
「素敵でしたよ」と言いながら私の頭を撫でる、先生


コンドームの先に溜まった精液の重さで?下を向く先生のおチンポ
「わー、いっぱい^^」と、コンドームを指さしながら、私
「美優さなんですから」と、先生
精液の溜まったコンドームを外しながら「あら^^うれしいな」と、私
「へへへ」と先生
そして生おチンポをお口に含み、お掃除フェラをさせてもらっちゃいました^^


脱がせてもらった黒ビキニを着て玄関まで先生をお見送り
手を振りながら「ありがとうございました」「おやすみなさい」、と私
玄関を出る、先生


部屋に戻ってベッドに横になり余韻を楽しむ、私
先生の精液がいっぱい入ったコンドーム^^
まだ少し生暖かい^^
新鮮なうちにとコンドームを逆さに向けて精液をお口に流し込む、私
どろどろ~っと、私のお口に流れ込む、先生の精液^^
しばらくお口の中で精子さんたちに泳いでもらい、味わう、私^^
そしてゴックンっと一気飲み
一人で「ごちそうさまでした」^^


と、同時に「カチャ」・・・
待ちきれない父が部屋に・・・
起き上がって「ちょ、ちょっとシャワーしてくるから」と言う私をベッドに押し倒す、父
「もう」と、私
そんな私を無視してビキニを剥ぎ取り乳首に吸い付く、父
「ああん」「ダメだって~」と、私
無言で乳首を吸いながら両乳房を揉む、父
「あん」「ああ」と、私
溢れる母乳
溢れる母乳を舐めとる、父
「はぁあん」と、感じる私


少し顔を上にずらせて私の首筋にキスする、父
目を閉じて心地よさに震える、私
唇を重ね合う、父と娘^^
絡まる舌^^
マッサージの先生の精液臭くないのかな?と思いながら父の舌をまさぐる、私
そしてうなじから首筋、乳房かた乳首を這う父の舌
脇から腕、肘から指先へ
そしてまた乳房と乳首への父の愛撫


そして今度は下方向へ
下乳を通ってお腹、おへそ
そして太もも膝から足の指先まで・・・
そしてまた上昇する父の唇
今度は太ももの内側へ・・・


そっと脚を開く、私
パクっと、私のおめこにかぶりつく、父
「きゃっ」と、私
そして びらびら、くりちゃんへの父の口撃
「ああ~」「あん」と、私


舌先をおめこに押し入れる、父
先ほどのマッサージの先生とのことを思い出しながら「あああ」と、私
おめこに舌を出し入れする、父
先生コンドーム付きで良かった、思いながら「あーあー」と、私
花びらを唇で挟んで引っ張る、父
父が先生と間接キスしてる~、と思いながら「はぁ~ん」と、私
栗ちゃんを甘噛みする、父
舌先は先生のザラザラの勝ち、と思いながら「うっは~あん」と、私


コロリとうつ伏せにさせられる、私
今度は首筋から背中、腰、お尻太もも、ふくらはぎを這う、父の唇
うっとりする、私
そして攻守交代


仰向けに寝る父に髪をかき上げキスをする、私
私の胸を揉み続ける、父
滴り落ちる、母乳
耳たぶを噛む、私
乳搾りをする、父
少しずつ降下する、私


首筋、肩、両腕、両手、両指
脇、胸、乳首^^
お腹、おへそ、密林^^
太もも、膝、脛、足先、指


父にもうつ伏せになってもらって
かかと、ふくらはぎ、太ももお尻
腰、背中、首筋へのリップサービス^^


仰向けに戻ってもらってからおチンポを口撃
先から奥から横から上から下から
「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」「お」と、父
鍛えた?技?を駆使して気持ちよくしてもらっちゃいました^^
大切な三つの袋の一つ、金玉袋をパクリと口に含んで口の中で転がす、私
「おお」「おお」と悶える、父
構わず金玉袋を頬張ったまま引っ張る、私
「お・お・お」と、私の頭を押さえて逃げる、父
金玉袋を離し「もう」と、私


そして父の唾液と私の母乳でベトベトになった両乳房で父のおチンポを挟んでみた^^
巨乳ではないけれど、出産効果でやや成長した乳房でパイズリ
少々、濡れ方が足りないのか動きがギコチナイ
仕方なく唾液を亀頭に向けて吐き出す、私
潤滑度アップでスムーズな動き^^
「お・お・お」と父も気持ちよさそう^^


そして私をベッドに仰向けにさせる、父
転ばされて「あん」と、私
私の脚を開く、父
父の前にその全貌を晒す私のおめこ^^
開いた私のおめこに向かう父のおチンポ
手探りで枕もとのコンドームをとろうとする、私
私のおめこに急接近する、父のおチンポ


手探りでコンドームをゲットする、私^^
父のおチンポが私の花びらに触れた時・・・
「はい、これ」と父にコンドームを手渡す、私
「お」っと体の動きを止める、父
先だけ私の花びらに包まれる、父のおチンポ


手にとって「なんやこれ」と、父
「つけてみる?」と、私
「どうやって」と、父
「どうやってって・・・」「私がつけようか?」と、私
「んー」と、父
少し体を起こし「貸して」と父からコンドームを受け取る、私


コンドームの袋を切ろうとすると・・・
すでに切れている・・・
早っと思いながら中身を取り出そうと・・・
「え?」っと私
中身が入ってない・・・
「中身は?」と、私
「知らんわ」と、父
「知らんって、入ってなかったの?」と、私
「おれは何も触ってない!」「開けてもなければ出してもない!」と、父
「え?」「え?」「え?」と、私
「お前が使ったんちゃうんか!」と、私のおめこにおチンポを押し入れながら、父


「あ」「ああん」と、頭の中がこんがらがってる、私
正常位で挿入しながら「ちゃん捨てとかんかい」と、父
「あ」「うん」「ああ」と、私
腰を振りながら「誰にでも簡単に股開くから妊娠ばっかりするんや」と、父
「あん」「だって~」と、私
私のおめこの奥を突きながら「マッサージせんとセックスしてるだけやろ、お前」と、父
首を振る、私
「お前、マッサージする格好ちゃうやろ」と、父
激しく首を振る、私
「この前も使こうたゴム転がしとったやないか」と激しく腰を振りながら、父
「はああ~ん」と、私


正常位で一つになったまま、「この口で何本咥えてきたんや?」と私の唇を奪う、父
私の口に流れ込む父の唾液
私の唇、鼻、頬、おでこ、眉、耳、瞼、と舐めまわす、父
「ん」「ん」「ん」と、私
そしてこじ開けるように私の左右の眼球を交互に舐める、父
いつの間にか私の顔が父の唾液まみれ・・・


そして態勢変更
バックから「じゅぶじゅぶじゅぶ」と再度挿入
「ああああ」と、私
「ほらその辺に使こうたゴム落ちてないか?」と、父
首を振る、私
バチン!と私のお尻を平手で叩き「こんなハシタナイ娘に育てた覚えないぞ!」と、父
「あ」「はん」「ごめんなさい」と、私
何度も私のお尻をバシ!バシ!っと叩きながら「おれは生派なんや!わかったか!」と、父
「わかったっよ~」「わかったから痛くしないでよ~」と頷きながら、私


私のお尻を叩いていた手で私の胸を鷲掴みにする、父
「あ」「ああ」と、私
私の両胸を揉みしだきながら腰を振る、父
滴る母乳
「はあぁ~、あああ~、ああー」と腰をくねらせながら叫ぶ、私
ぐちゅぐちゅと卑猥な音を出す、父のおチンポと私のおめこ
乳搾りをしながらおチンポで私のおめこの奥深くを突き刺す、父
太ももをピクつかせ「うっはっぁ~」っと昇天する、私
乳搾りを続けながら激しく腰を振る、父


顔をベッドにつけ逝き続ける、私
そして・・・
「ぅおお」と、私の体内奥深くにおチンポを押し込んだまま動きを止める、父
ドビュ!、ドビュ!、ドク、ドク、ドク、ピク、ピク、ピクと、私の体内に激しく精液をほとばしらせる、父
「あ、はぁあ~ん」と腰だけ浮かせたままで崩れ落ちる、私
父の精液を一滴残らず吸いとろうと蠢く私の膣壁
私の膣壁の蠢きに時々ピクリと動く父のおチンポ


ベッドに突っ伏せた横向きの口からよだれを流しながら「はぁはぁ」と、私
私の腰を掴み体内におチンポを突っ込んだまま「はぁはぁ」と肩で息する、父
膣内に出された父の精液を子宮口へ運ぼうと蠢き続ける、私の膣壁
勤めを終え段々と小型化する、父のおチンポ
「はー」「はー」とよだれを流す、私
私の膣圧で押し出される、父のおチンポ
「あ」っと、私


「おー」とベッドに座りこむ、父
顔を上げて振りかえりながら「大丈夫?」と、私
「おお」と、父
四つん這いのまま方向転換し這って父のもとに・・・
下を向く父のおチンポ
顔を下に回し、掬いあげるように父のおチンポを咥える、私
「はぁはぁ」と呼吸の荒い、父
私を産んでくれた父のおチンポをお掃除フェラする、私
私の太ももを流れる、おめこから逆流してきた父の精液
「ふー」っと深く息をする、父
父のおチンポをきれいにさせてもらう、私
だら~り、ぽとり とベッドに垂れ落ちる、私のおめこから出てきた父の精液


そして二人して並んでベッドで横に・・・
父の肩に頭を乗せる、私
私の肩を抱く、父


・・・しばらくして・・・
「怒ってるの?」と、私
「ん?」っと、父
「美優がハシタナイから怒ってるの?」と、私
「怒ってないよ」と、父
顔を上げ、父の目を見ながら「ホント?」と、私
優しい顔で「ああ、怒ってないよ」と、父
「良かった」「ありがとう」とにっこりと、私
「怒ったりしないから」と、優しい顔のままで、父
髪をかき上げ父の顔に自分の顔を近づけながら「じゃあまた抱いてくれる?」と、私
「ああ」と私の目を見ながら、父
「ありがとう」と言いながら父の唇に自分の唇を重ねる、私


唇を離した後「ふー」と深呼吸する、父
父の顔を見下ろしたまま「ねぇ」と、私
「ん?」と、父
「でも危ない日は中に出さないでね」と、私
「まかせとけ」と、父
父の鼻を摘まみ左右に軽く動かしながら「ほんとに~?」と、私
「は・は・は」と、父
「いまいち心配だなぁ」と、私
「失礼な」と、父


少し間をおいて・・・
「じゃあ信用しとく」と、笑顔で私
「はっはっはっ」と、父
「そんなことより美優の顔臭いんだけど」と、私
私の顔に鼻を近づけて「確かに」と、父
「舐めまわすからよ」と、私
「ははは」と、父
「目玉舐めるの好きなの?」と、私
「お前が好きそうやから」と、父
「何よそれ?」と、私
「なんとなくや」と、父

・・・
「シャワー行こっか?」と、私
無言で頷き起き上がる、父
父の手を引き部屋を出る、私
裸のまま階段を降りる、父と娘


バスルームで二人体を絡め合いながらシャワーを浴びる、父と娘
唇を重ね、舌を絡め合い、唾液の交換をする、父と娘
しゃがんで父のおチンポを咥えるも異常なし!・・・
「おいおい」と、父
「えへへ」と、私


バスルームから出て父の体を拭う、裸の私
仁王立ちの、父
父にシャツを着せ、トランクスをはかせる、裸の私
先にリビングに戻る、父
バスタオルで体を拭ってからリビングへ向かう、私


ソファーに座る、父に
「ビール?」と、裸のままの私
「おお」と、父
ビールと冷たいお水を持って父の側へ
ソファーに父と並んで座りお酌する、裸のままの私
ビールと冷たいお水で「乾杯


他愛のない父娘の会話を楽しんでいるとき・・・
「あ」っと、立ちあがる、私
「なんや?」と、父
ソファーの自分の座っていた辺りを指さしながら「出てきた」と、私
赤い皮のソファーに白い液体が・・・
「おいおい」と、父
いそいそとティッシュで拭う、私
「シミになるやろ」と、父
「誰のよ?」と父の目を見て、私
「おれか?」と、父
「そうよ」と、私
「・・・」


そのあとはタオルを敷いてから座ったとさ^^

ちなみに木曜、金曜は処女ですよ^^


この記事書くのに三日もかかっちゃった、美優

亭主元気で・・・

みなさん、こんにちわ。
夏休み、楽しく過ごせましたか?
秘所地であんなことやこんなことしちゃったかな^^



【昨日のお話】

日曜の午後、旦那が金沢へ戻りました。
家族で駅までお見送り、子供たちもパパとのお別れに寂しそう。
結局、旦那とは合体できずに夏休み終了となりました^^
激痛口内炎のおかげでお口も無理・・・
金沢から運んできた旦那の精液はそのままお持ち帰りとなりました^^
置いていってほしかったのに^^
無理やり襲ってくれても良かったんだけどね~


朝から旦那と遊びまくった子供たちは疲れてお昼寝。
父と私は久しぶりのコーヒータイム^^
コーヒーにミルクとゆうよりはミルクにコーヒーって感じかな^^
いっぱい搾ってもらっちゃいました^^


夕方、晩御飯の準備をしていると・・・
背後から抱きしめるように私の両乳首を摘まむ、父
「あん」「まだちょっと血が着いちゃうよ」と、私
「お」「おお」と言いながらタンクトップの両脇から手を入れて生乳房を鷲掴みにする、父
「あん」「もう」と、私
両胸を揉みしだく、父
「だめだって~」と体をくねらせながら、私
聞く耳持たずに胸を揉みまくる、父
母乳で濡れ出す、タンクトップ


ミニスカートをまくりあげ、ショーツを脱がせる、父
父の股間をまさぐりショートパンツを脱がせる、私
足もとに散乱する、父と私の下着たち
チラリと見える血のついていないナプキン^^


大丈夫かも・・・
と思った瞬間、スブ!っと一気に私の中におチンポを突っ込む、父
「うはぁっ」と声をあげる、私
前触れもなく、激しく私を突きまくる、父
「子どもたち起きてきたらどうするの?」とIHクッキングヒーターに手を突き腰をくねらせる、私
無視して腰を振る、父
「ダメだって~」と、悶える、私
バックから突きまくる、父


IHクッキングヒータに腕をつけてもたれかかる、私
捲れ上がったタンクトップ
乳首がIHクッキングヒーターのセンサーのLEDの光を受けて、青く光ってる^^
父の腰の動きに合わせて揺れる乳房、IHクッキングヒーターに擦れる乳首
滴る母乳


「だめ~」「だめ~」と叫ぶ、私
腰を振りながら乳首を攻撃する、父
「うはぁん、だめだって~」と父の乳首攻撃にあえなく落ちる、私
私の腰を掴み深く深く私の中に挿入する、父
「ああぁあ~」と意識が遠のく、私
亀頭で私の子宮の入り口を広げるように押しつけたまま制止する、父のおチンポ
プルプルと太ももを痙攣させる、私
押し広げた入り口から子宮に直接注ぐように精液を放出する、父のおチンポ
「あ」っと、反応する、私の体
「ドビュッ!ドビュ!ドビュ!」中五日(だったかな?)、溜めた精液を私の膣内に一気に放出する、父
受け入れる、私の膣壷


しばらく余韻を楽しむ、父と私
「ふー」と同時に、父と私
「あはは」と、私
そっと後ろに下がる、父
にゅるりと抜ける、父のおチンポ
引力に引かれおめこから逆流する、父の精液
「ぶびび」と淫音を奏でる、私のおめこ
私の太もももを伝い流れ落ちる、父のおチンポ


体を起こして振りかえる、私
ちょっと赤いものが付いた、父のおチンポ
「ほら~言ったのに~」「ニンジンさんだよ~」と、私
「ははは」と、父
父の前にひざまづき「いただきます」とニンジンさんを咥える、私
床にたまる私の体内から出た、父の精液
不味いニンジンさん^^


終わってから「夜まで待てないの~?」と、私
「お、おお」と、父
「もう」と言いながら床を掃除する、私


晩御飯が遅くなっちゃった、美優

残暑お見舞い申し上げます。

みなさん、こんにちわ
残暑厳しきおり、いかがお過ごしですか。
体調管理には気をつけて夏を乗り切ってくださいね。


yuki1059_201508.jpg

避暑地が恋しい、美優

嬉しのか美優?

先ほどプログを更新してすぐ・・・
トイレに行くと・・・
黄色いTに赤いものが・・・
油断して汚しちゃった・・・


でもホっと一安心^^
で、安心してもらおうと、父にご報告
すると「そうか」とお芦愛想なしの返事・・・
「なによそれ」と、ふくれっ面して、私
「いやなにも」と、父
「桜だけで十分でしょ」と、私
少しだけ顔を上げて「ああ」と、父


ホっと一安心したのもつかの間・・・
大事なことを思い出した、私
今日!旦那が帰ってくるんだった!
エッチできないやん!
あらぁ~どうしよ~って
どうしようもないけれど・・・
旦那に申し訳ないなぁ~



嬉しいのか?、美優

夏休み

みなさん、こんにちわ。
夏休み、いかがお過ごしですか。
避暑地で気持ちよくでしょうか。



【一昨日のお話】

前の記事にも書きましたが、(前の記事はこちら←クリックしてね)
日曜、朝のコーヒータイム、生搾りミルクを淹れていたとき
何気に父とそんな雰囲気になちゃって^^
でもでも、悲しいかな、父の一物が・・・


ここしばらく、中二日で頑張ってくれていた父でしたが、
流石に精液の製造が間に合わなかったのか成就することができませんでした・・・
中二日半だったんですけど・・・
流石の父も、寄る年波には勝てぬってところでしょうか^^


で、一昨日は満を持して中四日での乳首摘まみ
夜、私の部屋のベッドで愛し合っちゃいました^^
流石、中四日!
父も体力満タン、おチンポ元気ハツラツ^^って感じ。
父に全身を舐めまわされ、焦らされてもうメロメロの、私


そしてヘロヘロの私にバックで挿入する、父
両の乳房を揉みしだから滴り落ちる、母乳
バックで父に突かれるのって変に厭らしく感じて興奮しまくり^^
「ああー」「あー」って私の喘ぎ声も一層高く大きく部屋中に響き渡っていました。
気持ちよさに両手が自分の体を支えられなくなった時、天に昇っちゃいました^^


それから、正常位でと二回も逝かせてもらっちゃいました^^
そして私の膣内に精液を放出する時も、ドビュ!ドビュ!ドビュ!ドク、ドク、ドクっていつもより勢いを感じちゃいました^^
お掃除フェラをするときも、放心状態の、私


それからベッドで仰向けになる父に寄り添うように、横へ
「ふー」っと息をする、私
父も少々息が荒いような^^
少し顔を起こし、髪をかき上げながら父に口づけして「ありがとう」と、私
無言で頷く、父
父の方に頭を乗せる、私
私の頭をなでなでしてくれる、父
これが親娘愛なのか?^^


しばし静寂の後、おもむろに切り出してみました。
「まだないんだけど」と、私
「ん?」と、父
「まだこないの」と、私
「ん?」と、父
少し顔を上げてから「生理がまだこないの!」と、私
「妊娠したんか?」と、父


今度は私が「え?」って
「ちょっと遅れているだけかもしれないけど」と、私
「なんや」と、父
「なんやってなによ」と、私
「まぁええやないか」と、父
「なにがいいのよ!」「またお父さんの子供を産ませる気!?」と、私
「またって」と、父
「桜だってお父さんの子なんだよ!」と、私
「ええぇ」と、父
「ええじゃないよ、それくらいわかるよ!」と、私
「いやいや」と、父
「ダメって言ってるのに中に出すからでしょ!」と、私
「まぁ」「ちょっと」「間に合わんかった・・・」と、父
「間に合わないんだったらコンドームつけてよね」と、私
「もうタイミングわかったから大丈夫や」と、父
「信頼度ゼロだよ」と、私
「信用しろよ」と、父


で、私が「妊娠してたら責任とってよね」って言うと
「頑張って長生きするわ」と、父
「それってお父さんの子供を産めって言ってるの?」って言うと
「いやいや、まぁなぁ・・・」と逃げられちゃいました^^
ちょっといじめ過ぎちゃったかな^^


それから二人でシャワー
体を絡め合いながら二人の汗と唾液、父の精液、私の母乳と淫液を流しました。
シャワーを浴びながら父に抱きつく、私
私を抱きしめる、父
唇を重ねる、二人
激しく絡み合う、舌
混じり合う、唾液


唇を離し抱き合ったまま見つめ合う、二人
「さっきはごめんね言いすぎちゃって」と、私
微笑みながら「ああ」と、父
「失敗してもいいからこれからも私のこと抱いてくれる?」と、私
無言で頷く、父
「ありがとう」と父を抱きしめ、父の唇に自分の唇を重ねる、私
激しく舌を絡め合う、二人


長いキスの後
父の目を見ながら「もしお父さんの子供を妊娠してたら産んでもいい?」って、私
少しおいてから、にっこりしながら「ああ」と、父
また強く父に抱きついて「ありがとう」と、私
そしてまた激しくお互いを求めあう長い長い、キス


長い長いキスの後
「出よっか」と父の手を引きバスルームを出る、私
バスルームから出て「ふー」と深呼吸する、父
父の体をバスタオルで拭きながら「ごめんね長くしちゃって、大丈夫?」と、私
「おお」と、いつもの無愛想な、父の返事^^
父に新しいトランクスとTシャツを着せてから手をつないでリビングへ
「暑かったね」と、私
ソファーに腰を落としながら「おお」と、父


裸のまま、ビールとお水を運ぶ、私
「おお」と、父
お酌する、私
二人で乾杯!
一口飲んで「ふー」っと生き返る、二人
父の横に腰を下ろす、裸の私^^


ふと思って「ミルク入れる?」と、私
「え」っと怪訝な顔をする、父
「なによ?」と、私
「流石にビールには合わんやろ」と、父
「美味しいかもよ」と、私
「それわー」と言う父を無視してビールグラスを取り上げる、私
「遠慮しなくていいよ」と言いながらビールグラスに母乳を搾る、私


ぽとぽとぽとっと少し入ったところで「もういいもういい」って、父にビールグラスを取られちゃいました^^
「えー」っと、私
一口飲んで「コーヒーだけにしてくれよ」と、父
「わかったよ」と笑顔の私
「美味いいけどな」と、ビールを飲みながら、父
「ほとんど入ってないよ」「あんまりでなかったから」と、私
「乳切れか」と言いながら胸を掴む、父


ビールで冷たくなった父の手に「あん」と、私
乳搾りを始める、父
両乳房とも母乳は出るけどいつもの勢いがない・・・
「ちょっとー」「無駄に搾るからなくなっちゃったじゃない」と、私
「おれか」と、父
「さっきセックスのときさんざん搾ったでしょ~、飲みもしないのに~」と、私
「ははは」と、父
「桜の分がないじゃない」と、私
「ははは」と、父


まぁそんな他愛のない父娘の会話でセックス後の余韻を楽しんでいました^^


【昨日のお話】

昨日は火曜日だったけど、今日(水曜日)、旦那が単身赴任先から帰ってくるので先生にお願いして一日早いマッサージデーにしてもらいました^^
休職中で職業病の肩こり、腰痛も影を潜めるかと思いきや、桜の抱っこや家事全般
父のお世話まで^^
で、仕事の方が楽?と思ってしまうほど・・・
ほんと週2にしてもらおうかなと思うほど^^
まぁ今のところ週1でなんとかなっているんですけど。


夜、子供たちが寝静まった頃
先生がご到着^^
何気に引っ張り出してきた裏地なしのピッチピッチ伸縮素材の超ハイレグTバック水着でお出迎え^^
(男性誌の付録だったような)
清楚な美優はどこえやら^^
先生も思わず笑みが・・・
「せんせ、これどうかな?」と、私
「海にでもいかれるのですか?」と、あくまで冷静な、先生
先生の前を階段を上りながら「桜が小さいから無理ですね」と、私
「残念ですね」と、先生
「だから着てみました」と、私
「お似合いですよ」と、先生


それから水着を着たままの私の体をマッサージ開始
もはや私の体を知り尽くしている、先生
(実際そうだし^^)
体が楽になっていくのがわかるほど効果てきめん^^
壷への集中マッサージは至福の時
蜜壷じゃないよ^^


セックスする前に逝っちゃいそう^^
(ちょっと違う気持ちよさだけどね)
でも出る声は「あ」「ああ」「ああ~ん」とセックスと同じだったりもする^^
父に聞かれちゃたら勘違いされちゃいそう^^


それからだんだんと蜜壷マッサージへ・・・
水着を着たままの私の全身をやさしくやさしく、ゆっくりゆっくり、焦らすようにねちねちと・・・
「あああ」と体をくねらせ感じる、私
そして長い愛撫の後、ずぼり!っと勢いよく処女膜(そんなのあったけ?)を突き破るように私のおめこに挿入される、先生のおチンポ
「はぁああぁん」と叫ぶ、私


そしてまたゆっくりゆっくり私の膣内を行き来する、先生のおチンポ
自分の体内にある先生のおチンポを想像する、私
早く、ゆっくり、激しく、やさしく、絶妙なバランスで動く先生のおチンポ
先生にしがみつきながら「ひへ~」「うはぁん」「ああ~」と奇声を上げ体を震わせながら昇天する、私
マイペースな先生の腰使い
震えながら余韻に浸る、私


動きを止め「大丈夫ですか?」と、先生
頷きながら小さな声で「はい」と、私
合体したまま、いつの間にか水着から大きくはみ出している両乳房を愛撫する、先生
<strong>「うはぁ」と、私
乳搾りをしながら乳首に口をつけて母乳を吸う、先生
「あ~あん」と、私
乳首を刺激しながら両乳房から搾乳する、先生
時々動く、先生のおチンポ


「桜の分残しておいてくださいね」と、私
私の乳房から唇を離し「わかりました」と、先生
それからまた、ゆっくり腰を動かし始める、先生
マッサージで敏感になっている、私の体と蜜壷
今度は早く、激しく深く、強くと私の体内で動き回る、先生のおチンポ


「くはははぁああん」「うはぁあん」っと腰を突き上げくねらせ叫ぶ、私
さらに激しく腰を振る、先生
「ぐああ~ああ~ん」とさらに高く天に昇る、私
私に合わせてくれるかのように逝ってくれる、先生
「はぁはぁはぁ」と放心状態の私に「大丈夫ですか?」と優しく声を掛けてくれる、先生
自分の口に手を入れ、よだれを流しながら何度も頷く、私


「じゃあ今夜はこれで」と私の体内からおチンポを引き抜く、先生
「ああ」と言いながら体を起こす、私
「そのままで構いませんよ」と、先生
「大丈夫です」と言いながら、先生の股間に顔を寄せる、私
精子だまりを大きく膨らませ先生のおチンポの先にぶら下がる使用済みコンドーム
先生の顔を見上げ「流石せんせ」っと、私
「いえ」と、先生
先生の精液で満タンになったコンドームを外しお掃除フェラをさせてもらう、私
私の頭をそっとなでる、先生


先生のおチンポから口を離して顔を上げ「ありがとうございました」と、私
服を着ながら「こちらこそ」と、先生
「体が楽になりました」と笑顔で、私
「では」と部屋を出る、先生
後ろについて部屋を出る、私
玄関で先生をお見送り


部屋に戻ってベッドに横になり使用済みコンドームを顔の上で振子時計のようにぶらぶらさせながらマッサージの余韻に浸っていました^^
何気にコンドーム越しの先生の精液のぬくもりに我慢できず・・・
コンドームの先の細くなった部分を指先で摘まみ^^
反対側を口の中に・・・
押さえていた入口の手を離すと・・・
コンドームの中に溜まっていた大量の精液がずるりと一気に私の口の中に・・・
生温かい先生のぬくもりが・・・
片手でコンドームの先を摘まんだまま空いたもう片方の手で残りの精液を搾りだすようにコンドームの先から下に指でしごく、私
コンドームの中に残っていた先生の精液がどろ~ん、ポトポトと、私の口の中に^^


空っぽになったコンドームをまた顔の前でぶらぶらさせながら口の中に入った先生の精液を舌先に絡めながら口の中でまるでビンテージ物のワインの様に転がす、私
そして一気に「ゴクリ」と栄養満点?の先生の精液をゴックンしちゃいました^^
そして顔の前でふらふらしているコンドームに「ふー」っと息を吹きかけ
「ごちそうさまでした」って言いました^^
お行儀の良い美優ちゃんでした^^


それから同じ過ちを繰り返さないように、空になった使用済みコンドームと空いたコンドームの袋をゴミ箱に
湿ったシーツを持って部屋を出ました・・・
シーツを持ってバスルームへ歩いていると・・・


突然、父が・・・
「なに?」と、私
「いや」「なにも」と、父
「シャワーしてくるわ」とバスルームに向かう私に、
「なんやその格好?」と、父
「水着よ」「似合う?」とシーツを床に落として、私
「マッサージって水着でやるんか?」と、父
「裸でもいいんだけどね」と、私
「聞いたことないぞ」と、父
「今度どう?やってもらえば?」「気持ちいいよ」と、私
「そんな格好できるかい」と、父
「その格好でいいのよ」とトランクスにTシャツ姿の父に言う、私
「まぁまたな」とリビングに戻る、父


洗濯機にシーツと水着を放り込みバスルームに
シャワーでもろもろを流してスッキリ^^
体を拭いてから使ったタオルを洗濯機に放り込みタイマーセット
そしていつものように裸にままキッチンへ
お水を出しながら「ビールいる?」と、私
「おお」と、父
父の横に座ってからビールとお水で乾杯


他愛のない話をしているとまたまた突然
「お前の声響きまくりやぞ」と、父
思わずドキっとして、「え」「ああ」「まぁ」・・・、「壷押されると声出ちゃって」と、私
「そうかー」と、父
「うん、まぁ、そう」と、苦し紛れの私^^
「気になってしもたわ」と、父


一瞬、なにかあるかと思ったけど・・・
流石に昨日の今日ですから、何もあるはずもなく・・・
時々胸を揉んだり乳首にキスしたりしてくれただけでした^^
平穏な父娘の時間が流れてゆきました^^


それから二人で並んで歯磨き
洗面台の鏡に映る父と裸のままの私が何気にちょっと滑稽でしたけど^^


それから二人で子供たちが寝る寝室へ
横になる父の横でサテン地の紫のTバックをはく私に、「食い込まへんのか、それ?」と、父
「食い込むよ」と、私
「んー」と、父
「イヤだったらやめるけど」と、私
「やめんでもえええよ!」「今まで通りで!」と声のトーンを上げて、父^^
「お父さんもはく?Tバック」と、聞く私
「それをか?」と、父
「ちゃんと紳士物があるのよ」と、私
「食い込むのはなぁ」と、父
「じゃあビキニ穿いてみる?」と、私
「ビキニ?」「水着か?」と、父
「違うってビキニタイプの下着だって」と、私
「そんなのあるんか」と、父
キャミソールを着ながら「知らないの~?」と、私
「知るかい」と、父
「じゃあ今度プレゼントするから穿いてね」と、私
「おお」と、父


父の横で横になり「おやすみ」と言いながら父に口づけする、私
「おやすみ」と、父
・・・・・
すぐに寝息をたてはじめる、父
父と三人の子供たちの寝息を聞きながらあれこれと思いを巡らす、私
ふと年下に縁が多かった私だけど、何気に年上とのセックスも捨てたもんじゃないなって^^
パワーorテクニック?
どっちがいいのか?
二者択一?
究極の選択?
若い子と熟年との3P?
日替わり?
うーん悩むなぁ~
な~んてことを考えながらいつの間にか私も寝息をたてていました^^



【今日のお話】

今日は夏休みの旦那が帰ってくる日です^^
お昼過ぎには帰ってくるみたい^^
家の空気の入れ替えとお掃除もしてきてるし
お迎え準備万端です^^


朝、しばらくお預けになる父にコーヒーサービス
白っぽくなったアイスコーヒーを父に召し上がっていただきました^^


今日から週末までは旦那に思いっきり甘えさせてもらっちゃおう^^


【心配事】

いまだ生理がやってきません・・・
来そうな気もしてるんですけど・・・
そろそろ一週間遅れくらいかな
ちょっと心配しちゃってます・・・
あ~、困った・・・


旦那にも飲んでもらっちゃおうかな特製生搾りアイスコーヒー、美優
Attention ぷり~ず
コメントをいただける場合は非公開にしないでください。 コメントは承認制にさせていただいています。         公開の判断基準は、私 です。 個人情報につきましては一切の責を負いません。          ご理解いただきありがとうございます。
自己紹介。
ついったー やってます
↓ 美優をクリック
                                   sakishiro_miyuをフォローしましょう
つぶやいてね。
↓ クリック
美優のことをもっと知ってください。

幸代 美優(さきしろ みゆう)

Author:幸代 美優(さきしろ みゆう)
なんとなく病院と家を行ったりきたり。
気がつけば夜勤が応える年齢になってしまいました。
淋しいなぁ。
やさしく苛めてね。

いくつになったの?
べいびーは?
べいびぃは?
べいびぃは?
Time is Money
あなたの~
時間給が円とすると
言われてみたいな^^
美優を調べてね。
和めるかな


presented by 初音ミク オリジナル

今日の美優。
過去記事はこちらから。

2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【5件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【3件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【8件】
2015年 05月 【2件】
2015年 03月 【6件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【6件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【13件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【8件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【4件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【13件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【10件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【11件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【15件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【10件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【18件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【8件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【2件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【11件】
2008年 12月 【10件】
2008年 11月 【12件】
2008年 10月 【12件】
2008年 01月 【1件】
2003年 06月 【1件】
1977年 04月 【1件】

美優へのラブレター
美優の気持ち。
美優としているのは。
現在の閲覧者数:
美優とつながったのは。
美優の順位は?
[ジャンルランキング]
アダルト
2947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
244位
アクセスランキングを見る>>
大漁?
今月の美優。
おまけ^^
夜更かしはお肌の敵?    セックスは味方?
人肌恋しい季節?
powered by 撮影スタジオ.jp
私にも似合うかな?
今日も!安全日?
明日は洗濯日和? 下着はいつも部屋干しね

-天気予報コム- -FC2-
要ダイエット?
BMIブログパーツエステ人気ランキング
美優はセクシー!あなたは?
美優からのプレゼント。
美優の下着は?
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
あなたは何座?
developed by 遊ぶブログ
わんわん

いーってみたいな、よそのくーにー
海外旅行のチャンス?
名言 ?
美優としたい?

この人とブロともになる

Reading, and yukiyo blog
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
トラックバック???
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード