FC2ブログ

ドキドキ

こんにちわ。
今日も暑いですね。
扇風機をまわしていますが、生暖かい風が送られてきます。
エアコン我慢も限界近し・・・



昨日のお話

昨日も、日が落ちてから彼と一緒にゴルフの練習場に行ってきました。
同じ失敗は繰り返さないようにと思って、ゴルフボールをまとめて買わずに、
少しづつ買いました、途中で具合が悪くなっても大丈夫なようにね。
練習も、それなりに慣れてきたのか、まぁまぁの確率で前に飛ぶようになってきました。
まぁなんとかなるかも~って、まぁ右に左に走り回らないといけないでしょうけど。
結局、具合が悪くなることもなかったのですが、汗が滝のように流れてきて、
全身びしょ濡れ状態で、温い空気で酸欠になりそうだったので、
最初に買ったボールを打ち終わったところで、終了にしました。


終わってから、シャワーを浴びてから食べに行こうって話になったので、一旦家に戻りました。
シャワーを浴びて、部屋に戻ると彼からの着信が・・・
電話をすると、「うちで食べない?」って、話でした。
「どうしたの?」って聞くと、彼のお母さんが、「家で食べれば」って言ってくれたってことでした。
「じゃあ、もうちょっとしたら、行くね」って言って電話を切りました。


で、着替えて、お化粧して・・・
なんですけど、やっぱり彼の家に行くのは気を使う。
特にお母さんもいるってことは、色々見られるだろうしね。
そうゆうわけで、お化粧も、ちゃんとして、服装も、ちょっと大人し目の洋服を選んでと、結構大変でした。
だからといって、老けて見える格好もできないしね。
結局ピンクのTシャツに普通のミニスカートでお邪魔してきました。


お邪魔すると、彼のお母さんが玄関まで、お出迎えしてくれました。
ダイニングに行くと、お父さんもいらして、更に緊張しちゃいました。
いただいたのは、お好み焼きをメインにした、鉄板焼きでした。
お好み焼きを焼きながら、空いたスペースで、色んなものを焼いていただきました。
ししとうが、おいしかったよ~
ビールも、いただいちゃって、会話も弾んで、楽しいひと時を過ごせました。
デザートにスイカもいただいちゃいました。
スイカなんて長いこと食べていないことに気がついて、ちょっと新鮮な感じでした。
でも一口サイズにカットしたスイカでしたけどね。


食べ終わってから彼の部屋で、ボディーピアスの話なんかしながらテレビ見ていました。
普通にセックスしてもらって、普通に帰ってきました。
明日出来ないかもしれないからって、話をしたからか3回も出してくれました。
1回はおしりでしたけど・・・
声出せないようにハンドタオルを口に入れてもらっていたので、息苦しかったですけどね。
ちょっと気分悪くなってしまいました。


家に帰ってからも、しばらくベッドで横になってから、シャワーしに行きました。
歯磨きしているときに、もどしそうになって、ヤバイヤバイと思って、
すぐに部屋に帰って、ベッドに入りました。
メールしたりしていたんですけど、いつの間にか眠ってしまっていました。


夜中に、ふと目が覚めてしまったので、窓から空を見ると、キレイな星空が広がっていました、窓を開けると、涼しい風が、サーっと入ってきて気持ち良かったので、エアコンを切ってベッドに横になりました。
エアコンのお掃除ロボット?が少々ウルサイので、OFFにしちゃいました。
横になっていると、すぐに寝ちゃったみたいなんですが、1時間もしないうちに、暑くって目が覚めてしまい、イソイソと窓を閉めて、エアコンのスイッチを入れてしまいました。
おかげで朝までグッスリ眠れました。



今日の、お話

今日は、ボディーピアス行ってきます。
結構ドキドキしています。
アレルギー出ないと、いいなぁって思っています。



行ってきます、幸代
スポンサーサイト
[PR]

膣美人・・・?

こんにちわ。
週刊天気予報では、赤い色(平年より気温が高い)ばかりがならんでしますね。
大阪は今週も37度続きみたいで、体調が悪い一因に天気予報があるんじゃないかと思うくらいです^^
みなさんも、私みたいに、ならないように体調管理に気をつけてくださいね。
セックスばっかり、していないで、早く寝ましょうね^^



みなさん、【ちつトレ】って、ご存知ですか?
まぁ読んで字の如く、膣のトレーニングのことなんですが、
先日、本屋さんに寄った時に偶然見かけたので買ってしまいました^^


内容は、膣をトレーニングして3週間で≪感じるカラダ≫になれるとか・・・
★ちつ☆トレ 愛される女の秘密レッスン
★オガトレで、トロけあうようなメイクラブを!
★ライフスタイルを改善して、うるうるの毎日に
★快感も幸せ度もUPする、ヌレポジとは?
★膣美人を目指そう
・・・等々で、いいじゃん、これ~
皆さんも彼女さんにプレゼントしてみては?
纏足で、おめこを鍛えなくてもよくなるよ^^



一昨日のお話

って一昨日は、本当にゆったりとした休養日になりました。
夜も一人で、部屋でくつろげました、本を読んだり(何の本だ?)リラックスできました。



昨日のお話

昨日は、彼についてきてもらって、ゴルフの練習行きました。
彼と一緒だと、知らないおじさんに、あーだ、こーだとティーチングされることもなく、
自分のペースで、練習出来るから、彼に感謝です。
今日は頑張ろうって思って、120球(100球だったかも)づつボールを買って、練習を始めました。
最初の数球は、あれ?あれ?って感じですが、練習の成果か、すぐに前方(正面ではない)に飛ぶようになっていました^^
もうピッチング辺りだと、確実に前に飛んでいます(当り前か)。
問題はドライバーで、シャフトが長い分、コントロールが難しくって、なかなかまともにボールに当たりません。
たま~に(ちょっと大袈裟)、カキーンっていい音がしても、斜め方向に飛んで行ったりしていました、飛距離が出る分、曲がったりすると、横に行ってしまうんでしょうね。
なんとか上手になろうと思って頑張って、いたのですが、夏バテが回復していないのと、
この暑さで気分が悪くなって、リタイア・・・結局、彼が「もう、ええわー」って言うほど、
ボールを打つはめにしてしまいました。
完全室内練習場ってできないもんだろうか、エアコン効かせてね・・・はやると思うんだけどなぁ。


ゴルフでお腹を空かせてから夕飯って考えて、いたのですが、
そのゴルフで気分が悪くなってしまったのと、(でも、お腹は減るんですよね^^)
汗だくで服までびっしょりだったので、一旦家に帰って、シャワーしてから、もう一度出かけました。
何気に、道路沿いの、たこ焼き(結構有名らしい)が気になって、
彼も「どう?」って言うから、「いいね」って言って車を降りました。
ゴルフで気分悪くなったから、大丈夫かなって思ったんですが、
全然平気で、たこ焼きの匂いで、食欲アップでした^^
食べて帰ろうかって思ったんですけど、そしたらビール飲めないって、話になって、
家も近いから、お持ち帰りして、私の家で食べることにしました。
リビングで、ビールを飲みながら、たこ焼きいただきました。
最近は家飲みが流行っているらしいけど、こんな感じなんでしょうかね。
確かに、ビール代も安くすんで、お財布にもやさしいよね。
ビールに合うから飲みすぎちゃうけどね。
あと家だと時間も気にしなくていいし、ゆったりとできました。
しばらくリビングには、たこ焼き(ソースかな)の臭いが充満していましたけど^^


お腹いっぱいで、アルコールでほろ酔いで、だんだん、そうゆう(どうゆうだ?)雰囲気になってきたので、そっと歯磨きしに行きました。
戻ってから彼に「部屋に行く?」って言うと「うん」って、
一緒に手をつないで、階段登りました。
部屋に入ると彼が「具合大丈夫?」って聞いてくれました。
「大丈夫、ビール飲んだら治ったわ」って言うと、にっこり微笑んでくれました、笑顔が素敵^^


何気に、彼が机の上においていた、先日の脱毛の時にもらった、パンフレットを手に取って、
「ヘソピアスいつするん?」って、そう言えば、しようかって話をしたんだ(忘れていたわけじゃないよ)って思いだして「今度、脱毛するときに、一緒にできるか聞いてみるよ」って言うと、「今度って、いつ頃?」って、「9月の終わり頃かなぁ」って言うと「まだまだやなぁ」って残念そう。
「次の毛が生えてこないとできないから」って言うと「そっかー」って言ってましたけど。


「じゃあ生え具合チェックする」って言いながら、おめこに手が伸びてきて・・・裸にしてもらっちゃいました。
で、・・・と思ったのですが、
彼が急に立ち上がったので「どうしたの?」って聞くと、「ちょっと来て」って、
私の手を取って、起してくれました。
???って思っていると、下着入れを開けて、物色開始。
「なになに?」って言うと、黒いオープンショーツを手に取って「これはいて」って、渡されちゃいました。
そんな趣味あったの?って、言いたかったけど、それを持ってる私も・・・だし言えませんでした。
「うん」って言ってはいていると、整理タンスから、ミニスカート(白で生地の薄ーい、ストレッチ素材のやつ)を出して、「これも」って、つぎにピンクのチビTを出して「上はこれ」って、
「外には出ないよ」って言うと、「今日はいいよ」って、今日は? って・・・
でも、私の整理タンスの中まで、よくわかったよねぇ~


で、昨日は、洋服を着たまま、お尻と、おめこに1回づつ、出してもらいました。
私も、お尻にしてもらって、いる時に逝かせてもらいました。
家族はだれも帰っていなかったので、遠慮せずに声出せましたしね。
(いつも遠慮してるのは最初だけですけど^^)


終わってから、お口で、おチンポをキレイにさせてもらっているときに、
「精子っておいしい?」って聞くから彼を見上げて「味見してみる?」って、
聞くと首を小さく横に振っていました。
それから「人によって味って違うの?」って聞くから、なんちゅう質問すんねんって、
思いながら、知らないなんて白々しいことも言えないので「違うよ」って言うと、
「僕のはどうですか?」って、だから「○○○くん(彼ね)のは、おいしいよ」って言いました。
そしたら、また、にっこり微笑んでくれました。


それから、なぜだか服を脱がせてくれて・・・終わってから脱ぐって・・・反対だね。
裸で彼とくっついて、お話していました。
実は今週末が彼の誕生日なので、どこか行く?プレゼントなにがいい?みたいな話をしていました。
「いいよー練習の追い込み付き合うよ」(その次の日がゴルフです)って、
「練習しても一緒だし、せっかくの記念日なんだから」って言うと
「じゃあ、遊園地行こう」って、暑いやんって思ったけど「OK~」って言いました。
どなたか、お勧め遊園地教えてくださいね^^


プレゼントも「気持ちだけでいいよー」みたいなことを言うから、「私はもらってほしいんだよ」って言うと、「じゃあ、誕生日までに、ヘソピアスしてきてよ」って、
へ?って思いながら「プレゼントじゃないやん」って言うと「早く見てみたから」って、
「じゃあ、明日電話してみるよ」って言うと「うん、うん」って、
それから言いにくそうに、さっきのパンフレットを持ってきて、ラビアピアスを指差しながら、「これも、ついでに、やってきてよ」って、「えー」って言うと、「前に、するって約束して、どんなのにするかまで決めたやん」だって、そう言えば、そうだったなぁって、思いだしたから、「わかったよ」って言いました。
「でもプレゼントも一緒に買いに行ってね」って言うと「うん」って元気な声でお返事してくれました。


彼をお見送りしてから、リビングのお片付けしました。
だれか帰ってきたらと思って余分に買った、たこ焼きも、すっかり冷めてしまっていました。
それから、もう一度シャワーして、部屋に戻りました。
ベッドでゴロゴロしながら、メールのお返事なんかしていました。
先日の高校生くんからもメールが来ていました(ってしょちゅう送ってくれている)。
いつもは「あの日のことを思い出して眠れません」とか「毎日、ゆきよさんの下着でオナニーしています」みたいな内容なんですが、昨夜のメールは「この前、行けなかった動物園どうしましょう?」でした。
こ、これは、返事に気をつけないとって思って、「代わりにホテル行ったでしょ」ってお返事しました。
すると「動物園は今度って約束したじゃないですか」ってメールが・・・
例の如く、次のお返事はしませんでしたけど・・・困ったなぁ


そんなことをしていると、下でゴソゴソと音がしたので、誰か帰ってきたのかなって思って部屋を出ました。
リビングに行くと、弟が帰ってきていました。
おかえり言ってから「たこ焼き食べる?冷めてるけど」って言うと「ちょっとだけ食べるわ、メシ食ってきたから」って、たこ焼きを電子レンジで温めていると、
さっき横に除けた空き缶を指差しながら「なんぼほどビール飲んでんねん」って、
「そう、○○○くん(彼だよ)と二人でだよ」って言うと「あいつ未成年やろ」って、
わかってって意地悪言うんだよねー
しょうがないから「そうそう、私が全部飲んだのよ」って言っておきました。
(あー実際、私が全部飲んだのよ・・・


弟のグラスにビールをついであげると、「付き合う?」って言って、私にもビールをついでくれました。
結局、あーだ、こーだと話しながら、追加でたこ焼きを温めて、全部食べてしまいました。
ビールもまた、いっぱい飲んじゃった。
何故か昨夜は食欲旺盛だったなぁ。
食べ終わってから、もう一度歯磨き行きました。
歯を磨いていると、弟が来て(脱衣所と洗面所が同じ場所なんです)服を脱ぎだしました。
「どう似合う?」って言うから見ると、前にプレゼントしたストリングをはいてくれていました。
手を止めて「涼しいでしょ?」って言うと、「ちょっと食い込むからなぁ」って言うので、
「それがいいのよ」って言うと、「おれは、お前みたいな変態じゃないから」だって。


そう言いながら、私の頭を押さえつけて、おチンポのところへ・・・
ストリングの上から、おチンポ咥えろって、ことかなぁって考えたけど、
しにくそうだったから、歯ブラシ(超音波のだよ)を置いて、両手でストリングを下げてから、おチンポを咥えさせてもらいました。
咥えた瞬間、弟が大きな声で「わー」って、ビックリして顔を上げると、
弟が「なんや歯磨きしとったんかいな、ウガイくらいしろよ」って・・・
歯磨き途中で、口の中が歯磨き粉だらけで、ハッカ入りだから、ヒンヤリしたみたい^^
「暑い季節にちょうど、いいんじゃない?」って言うと、
「そうやな」って言いなが私の頭を押さえて、もう一度おチンポの所まで口を誘導してくれました。
だから、そのまま、ウガイもせずに、おチンポをもう一度咥えさせてもらいました。


頑張ってフェラチオしていると、「シャワーする前の、汗まみれのチンポの味もええやろ?」って言うので、「シャワーしてからの方がいいよ」って答えると、「ほなシャワーしてから、も一回したるわ」って言って、お口に出してくれました。
私の頭を押さえながら、腰を振ってくれるので、おチンポの先が喉に当たって苦しかった、
「おぇおぇ」言いながら苦しんでいると「毎回、つわりは大変やなぁ」だって。
それに洗面所はエアコンが効いていないので、汗いっぱいかいてしまいました。
私が「おぇおぇ、フーフー」言っていると、「汗まみれやなぁ、一緒にシャワーするか?」って言ってくれたので、そうだなぁって思って「うん」って言って、そのまま一緒にはいりました。
服を脱いで、タンポンを抜いていると、「諦め悪いな、お前」だって・・・
シャワーしながらせっかくだから、弟の体を洗ってあげてたりしました。


お風呂場からでると、バスタオルを持ってきていなかったことを思い出して、
弟に「半分貸して」って言って、二人でバスタオルの端っこを持って、
引っ張り合いっこしながら体を拭きました・・・
なかなか、上手くいかず、弟が「おまえ先に拭けよ」って言って手を離してくれたので、
「ありがとう」って言って先に弟の体を拭いてあげました。
お尻に手をまわして拭きながら、おチンポを咥えてみました。
ちょっとビックリしたように、体が反応していましたけど、じっとしていてくれました。
フェラチオしていると、だんだん、おチンポが大きくなってくれました。
「やっぱりシャワーしてからの方が、いいかな」って言いながら、
しばらくフェラチオしていたんですが、暑くって、また汗が出てきたので、
「暑いね、ここ」って言うと「そうやな、部屋行こか」って言ってくれたので、
「うん」って言って、中断しました。


キッチンでお水を飲んでると両親が帰ってきました。
充満するたこ焼きの匂いに、母が「あら、たこ焼き?まだある?」って、
「ごめん、全部食べちゃった」って言うと、「残念、でも食べると太るから、良かったわ」だって、
なんか、ギクっと私の胸に突き刺さるような一言・・・
ダイエット中(なんちゃってだけど)なのにね。
部屋に戻る途中、弟に「どっち?」って聞くと、「来て」って、「うん」って言って、
弟の部屋に行こうとすると、「デリヘルの格好してきて」だって。
面倒だなぁって思いながら部屋に戻って着替えてから、弟の部屋に行きました。


真っ赤なミニのツーピースのスーツに白のブラウス、黒のガーターストッキング、先日買ったサルートのソングとお揃いのブラジャー(弟の前でブラジャーなんて、いつ以来だろう?)姿で「こんばんわぁ、お邪魔しま~す」って言いながら・・・
入ると「お前、イケるわ、男寄ってくんの分かるわ」だって、褒められているのか、けなされているのか、微妙だったけど、「ありがとう」って言っておきました。
机の椅子に座った弟が手招きするので、そばに行くと、「ちょっとメール送らんと、あかんから、ここで咥えて」って言うので、机の下に潜り込むような感じで、椅子に座ってパソコンを見ている弟の、おチンポを咥えさせてもらっていました。
なんで私が机の下に入らんとあかんのーって思いながら「狭いよー」って言うと、
「ダイエットしろよ、たこ焼き食ってる場合やないで」だって・・・
しばらくフェラチオ頑張っていると、「あかん気が散ってでけへん」って言って、
立ち上がって、私の髪の毛を引っ張って、床に手を付くような格好にさせてもらいました。


バックでしてもらうような格好でいると、スカートを捲りあげてくれたので、
「お願い、皺くちゃにしないで、クリーニングして、仕舞ってあるやつだから」ってお願いすると、「ああ」って言ってくれました。
言いながら、ソングのクロッチ部分を横にズラせてくれて、バックから、おめこに入れてくれました。
(ガーターストッキングって便利でしょー^^)
入れてから「わー、またあいつの後かいなー」って言っていましたけどね。
しばらく腰を振ってくれてから、「あかん、移動や」って言って、おチンポを、
おめこから抜いて、お尻に入れてくれました、「わーオレのチンポが、あいつの精子まみれや」とか言いながら。
そう言いながら、何度も、おめこと、お尻を、弟のおチンポが行ったり来たり。
おチンポが、おめこに入っているときは、指をお尻に入れてくれて、指の動きと「どっちに出してほしいんや? おめこか?けつか?どっちや?」って言葉に異常に感じてしまい、体が痺れるような感覚で、「あ~あ~」声を出しながら逝かせてもらっちゃいました。


「淫乱雌豚ナース幸代の、おめこに○○○様(弟ね)の精子をください」ってお願いすると、
「お腹の子供にも餌やらんとあかんからな」って言いながら、お尻から、おチンポを抜いて、
おめこに出してくれました。
体の痺れが、治まらず、そのまま床にうつ伏せに倒れこんじゃいました。
目を閉じて、じっとしていると「ほら、なにか忘れてるぞ」って言いながら、
顔の前におチンポを持ってきてくれたので、咥えてお口でキレイにさせてもらいました。
「あいつの精子着いたから、念入りにしろよ」って言われたので、
頭を縦に動かして、うんってサイン出して、フェラチオ頑張らせてもらいました。


暫くすると、「おれメールするわ」って言って机に座って仕事(かな?)はじめていました。
(投稿では、ないようだった^^)
起き上がって、ティッシュを、おめこに挟みながら、ベッドに座りました。
寝ころぼうかなぁって思っていると、「寝ころぶんやったら服脱げよ」って言うから、
スーツが皺になるから言ってくれてるのかと、思って「ありがとう」って言ってから、
スーツを脱ごうと腰のファスナーに手をやると、?ってイヤな予感・・・
え?え?って思って、手を見ると透明なネバネバの物体が・・・
えーって思って鏡を見ると、背中からスカートまで濡れたように色が変わっていて、
所々、に白い塊が・・・触るとネバネバ。
「わーわー」言っているけど、弟は知らんふりで机でパソコンに向かっている。


「ちょっとー、クリーニング出したくないって」言ったでしょーって言うと、
「え?どうしたの?」って「どうしたの?じゃないわよ、これ見てよ」って言って、
弟の方に背を向けると、「ちょっと濡れてるみたいだね」だって、
「どうして、お尻から、おめこに移動するのに背中に精子が着くわけ? わざとしたでしょ?」って言うと、「人聞き悪いな、チンポは上向いてるやろ、お前が、おめこに出してくれって言うから、チンポをケツから抜いたら上向いてしまうやろ、その時たまたま、ちょっと出てしもたんやんか、しゃあないやろ?」だって、
こ、これが、ちょっと?って思ったけど、言っても仕方ないし、
「もー注意してよねー、射精をコントロールできるって言ってなかったっけ?」って言うと、
「弘法も筆の誤り」だって、お大師様がお怒りになるよね^^


部屋に戻ってスーツを脱いで、よく見ると、ほとんど肩の辺りから、背中、腰、お尻の辺りまで、
精子が飛び散りまくり、「そりゃあベッドに寝転ぶな」って言うわなぁって思いながら、
染みになる前に精子だけでも拭っておこうと思って、スーツを持って階段をおりました。
階段をおりると、ちょうどトイレから出てきた母とばったり、
私の格好を見て(白いブラウスに黒いガーターストキング)、「出かけるの?こんな時間から?」って、思わず「え」って「え、じゃないでしょ、大きな声出して、あんた達、何してるの?、恥ずかしい、いい加減にしなさいよ」だって、
「あ、うん、ごめん」って返事して洗面所に行こうとすると、「あんたブラジャー持ってたの?身だしなみは大切よ」だって、「うん」って言って洗面所でスーツの精子取りしていました、
声聞こえちゃってたかぁ、何だと思ってるんだろう、まさかセックスって、わかんないよねーなんて考えながら・・・


部屋に戻ろうとして階段を上っていると、だんだん腹が立ってきて、
そのまま弟の部屋に行って、「お母さんに、怒られたじゃない」って言うと、
「なんて?」って「大声で、うるさい って」って言うと、「大声やったら、お前の声やんか、俺は小声で喋ってるだけやからな」だって、話にならないって思って自分の部屋に戻りました。
結局、余計に腹が立ってきちゃっていましたけど。


染みにならないといいなぁ、高校の時に紺のスカートに付けちゃったときよりマシかぁ、なんて考えながら、スーツをハンガーに吊るして、ブラウス脱ぎました。
ブラウスを脱いでから、鏡に映った自分の姿(ブラジャー、ソング、ガーターベルト、ガーターストッキング)を見て母の「あんたブラジャー持ってたの?」って言葉を思いだして、鏡に向かって「いっぱい持ってますよ~、この前も買いましたよ~」ってベロを出しながら言っちゃっていました。
それから、ああ、弟にブラジャー見てもらえなかったってことを思い出して、
(服脱がなかったんだもんね)
何のためにブラジャーしたんだろうって、鏡に向かって一人で笑っちゃいました。



今日のお話

お昼に、電話でボディーピアスのことを聞いてみました。
脱毛途中であることなんかも、伝えると、「大丈夫ですよー」って、
取り外しのことを聞くと、「耳のピアスと一緒で、ご自分で簡単にできますよ」とのこと、
「注意事項は当日でもだいじょうぶですから」とのことだったので、
「明日でも大丈夫ですか?」って聞くと、「はい、大丈夫ですよ」って
「痛いですか?」って聞くと「脱毛に比べると痛いうちに入りません」ってことでしたので、
「△△の○○番と□□の○○番ありますか?」って聞くと「しばらくお待ちくださいね」って
少しして「明日の午後からでしたら、大丈夫です」との返事、
だから「じゃあ明日、お願いします」って、予約しちゃいました。
「では明日お持ちしています、その時ヘアーの経過も見させてもらいます」って言ってくれました。


ちょっと、ドキドキだったり、うーん?って感じだったりしますけど、
いつでも自分で簡単に外せるみたいなので、やってもらってこようと思います。
場所が場所だけにお見せできないのが残念だなぁ^^



母に頼めなかったので帰ったらクリーニング出しに行こう、幸代

露出?

こんにちわ。
なぁんだか、お天気の週間予報を見るのが怖いほど、
晴れと、猛暑日&熱帯夜が続きますね。
夏バテも、ちっとも、良くならないし、夕立でもいいから、
少し雨でも降ってほしいものですね。


昨日は彼と公園デートでした。
先日、彼が選んでくれた、ちょっと透け気味のキャミソールと黒いミニスカートで出かけてきました。
夕方からって話だったんですけど、なぜだか昼の一番暑い時間帯に行ってきました。
出かけるときに珍しく家に母がいて、また「そんな恰好で」って言われそうで、
ラルフのボタンダウンの半袖シャツを上から羽織って、こそこそと出かけました。
彼と車に乗ってから、すぐに脱ぎましたけどね。


行ったのは堺市にある公園でした。
行ってみると結構人がいて、えーやだなーって思いながら、彼に隠れるようにして、
人気の少ない場所に行きました。
流石に、この猛暑ですから、歩いている人は少なくって、ホっと一安心でした。
でも、そんな所ばかりにいるわけにもいかず、思いきってお店の中なんかにも入りました。
最初は気になってしょうがなかったけど、ジロジロ見る人もいなくって、
案外平気でした、まぁヒョウ柄だし、肌の色と同系統の色だし、
わからなかったんでしょうね^^

taka002.jpg  わかるか^^


しかし、あまりの暑さに、早々と退散しました。
帰りに阪和道の堺インター近くのホテルで汗を流してさっぱりしてきました。
やっぱり、夕方の方がよかったんじゃない、なんて言いながら、
二人で、ぬる~い、お風呂に、ゆっくりつかりました。
お風呂上りのコーラが最高でした^^(黒い缶のコーラ置いてほしいなぁ・・・)
折角、寄り道したので、セックスしてもらいました。
私の体調も気遣ってくれながら、やさしく抱いてくれました。
ゆっくりさせてもらったからか、気分も良かったので、おめことお尻に1回づつしてもらいました。
終わってから時間も早かったので、一旦家に帰ってから、食事とゴルフの練習に行くことになりました。
帰り道、ゴルフ用品のお店で、グローブにつけるカウンターを買いました。
(打ち過ぎて、何打目がわからなくなるんですよね^^)


家に帰ったのが、まだ6時前くらいだったので、ツイッター、ブログで遊んだりしていました。
7時前くらいに家を出て、1時間ほどゴルフの練習をしていました。
まぁ相変わらずの内容で、たまーに、いい音(カキーン)がして、真っすぐ飛ぶとよろこんでいました。
でも、宝くじのような確率でしたけどね。
でもショートアイアンは、結構前に飛ぶようにはなりましたよ、
ドライバーなんか使わずに、づーっとアイアンで行こうかなぁなんてね^^
冗談と言いつつ本気、だったりして^^
7番アイアンくらいまでなら、なんとかなりそうだから・・・
頑張って練習しようなんて言いながら、結局は途中で体調が悪くなって、彼が打つのを見ていましたけど・・・


練習でお腹を空かせてから、食事に行きました。
油ものは、無理っぽかったので、おそば屋さんにしてもらいました。
ヒンヤリした、おそばがおいしかったです、天婦羅を揚げる臭いに、うっ、ってなりましたけど・・・
そこは、ノンアルコールビールで、なんとかしのぎました^^
食べ終わってから、先日花火を見た岸和田の岩壁で、夜風に当たりながら、波の音を聞いていました。
しばらく、お話をしたり、釣りをしている人を眺めていました。
キスもいっぱいしてもらったよ^^
「今日は、暑いときに連れ出してごめんね」って言ってくれて、家まで送ってくれました。
ってお向いさんなんだけど・・・


家に帰って、シャワーしてから、ベッドに横になって携帯でメールしたりして、
じっと大人しくしていました。
高校生くんからもメールが来ていて、先日の感動を言葉に変えて送ってきてくれていました。
うれしいけど、もういいよーって感じでもあるんですよね^^
本当に早く寝ないと、そのうち倒れるわーって思って、目を閉じたんですが、
なぜだか眠れずで、いつのまにかツイッターなんかで、つぶやいていました。
結局寝たのは日が変わってからでした・・・


夜中に、ふと部屋のドアが閉まる音で目が覚めました。
あれ?誰か来たのかな?って思っていると、隣の部屋でごそごそと音が・・・
ああ弟が帰ってきたんだな、何しに来たんだろう?何か用事でもあったのかな?
なんて思っていると、眠れなくなってきて、起き上がって弟の部屋に行きました。
ノックすると、部屋の中から「ごめん、起こした?」って、
「うーうん、なかなか眠れなくって、それより、何か用事?それとも襲いに来たの?」って言うと、
「こんな時間に寝込みは襲わへんて」って、やってなかったけ?って考えていると、
「「しんどい、しんどい」って言ってたから、覗いただけ」って・・・
思わず「え?」って言ってしまったほど、ビックリしました、だって優しいんだもん。


「ありがとう、しばらくいていい?」って言うと「うん」って言ってくれたので、
弟のベッドに腰かけて、部屋を眺めていました。
「そんなに見まわしても、変わったもんないで」って言いながら、横に座ってくれて、
「大丈夫なんか?」って言ってくれました。
「うん、全然大丈夫だよ、この暑さで、参ってるだけだから、ありがとう。」って言うと、
肩を抱き寄せてキスしてくれました。


「ほんなら、ご期待に応えて、襲うわ」って、だから「いいけど、優しくしてよ」って言うと、
「いつも、優しいやろ?」って、「よく言うよ~、じゃあ今日は、もっと優しくしてよ」って言いました。
そしたら「わかった」ってキスしながらベッドに押し倒してくれました。
それから、本当に優しく、そっと服を脱がせてくれて、やさしく愛撫してくれて、
でも何故か、すごく感じちゃって、体が、とろける様な感覚になっていました。
全身くまなく舐めてくれて、おめこに指を入れてもらっただけで、逝かせてもらいました。


それから、正常位で、おチンポ入れてもらってからは、久しぶりに異常に興奮してました、
それまで、そーっと、していた弟の動きが急に激しくなったからみたいで、
思いっきり声も出しちゃっていたみたいです。
おチンポの先が子宮の入り口を押し広げている光景が頭に思い浮かんでいました。
弟が私の中に出してくれた時も、おチンポの先が子宮の中に入ってきて、
精子を直接子宮の中に出している光景がリアルに見えていました。(どんなんだ?^^)
それと、同時に私もまた、逝かせてもらいました。
なんだか愛おしくって、弟に抱きついて、精子を絞り出すように、おめこに力を入れていました。


そのあとも、しばらく、そのまま抱きついていました。
ずっと抱きついていたかったんですが、だんだん重くなってきて、苦しいなって思いだした時に、
そっと弟が、体を浮かせて、私の横に寝てくれました。
え?なんで?わかったの?(単に腕の力が抜けただけかもしれないけど・・)
体だけじゃなくって(本当に繋がってた^^)心も繋がってるの?って、心の中で、問いかけていました。


体を起して、おチンポをキレイにしようとすると、「いいよ」って「え?」って言うと、
「ほなまぁしてもらおか」って^^ 「うん」って言ってお口でキレイにさせてもらいました。
たまには、言ってみるもんですね、「やさしくして」って^^
フェラチオ始めてすぐに、私の腕を引っ張って、また横に寝かせてくれました。
あれ?って思うほど、短い時間でした。
弟に寄りかかりながら、「腕枕してよ」って言うと、「何甘えてんねん、俺に言うことちゃうやろ」って言いながらでしたけど、腕枕してくれました。
「こうゆうの、久しぶりだね」って言うと、「そうやった?」ってつれない返事・・・
「たまには、こうゆうのしてよ」ってお願いしてみると、「たまにな」って言ってくれました。


私の方から一方的でしたけど、顔の、あちらこちらにキスさせてもらっちゃっていました。
そいたら突然、「今日は誰としてきたんや?」って、え?って思いながら、
「どうして?○○○くん(彼氏ね)とだけど」って答えると、
「おめこ舐めると、精子臭かったからな、うわ~、あいつの精子舐めてもた~、最悪~」って、
彼とセックスしたのって、昼間だし、シャワーしたときに洗ってるのになぁ~って思った時に、
前日の高校生としたあとに彼としたことを思い出して、弟に聞いてみました。


「高校生とセックスして、おめこをシャワーとかでキレイに洗ってから○○○くん(彼ね)とした時に、おめこを舐めて、もらったらったんだけど、精子の臭いしてたかなぁ?」って
そしたら「ぜっーたい、してる、間違いなし、1日くらいせんと臭い消えへんわ、精子って5日くらいは、おめこの中で生きてるって言うやろ」って
「そんなに、わかるの?」って聞くと、「全然臭いが違うからな、鼻にツーンときよるから、わからんのは童貞くんくらいやろな、あいつも、わかってって、よう言わんかったんやろな、黙ってたら、いつでもセックスさせてもらえるからな」って
「ちょっと言いすぎ」って言うと「ハハハ」って笑いながら「今日も電気つけたままやったから、見られてしもうたな」って「わかってるんなら消してくれれば良かったのに」って言うと、「お前、何も言わへんから、見せたいのかと思ったわ」だって。
でも、精子って5日は、おめこの中で生きている・・・の一言は説得力あったなぁ^^


弟が「片付けがあるから」って言って起き上がったから、私も部屋に戻ろうかと思ったんですけど、なんとなく体が動かなくって、「しばらくいてもいい?」って聞くと「いいよ」って言ってくれたので、とりあえず、おめこにティッシュを挟んで、ベッドで、寝ころんで、弟の姿を見ながら、そう言えば以前、精子の臭いするって、コメントいただいてたなぁって思いだしながら、バレてるのかなぁって考えてました。
そんなこと考えているうちに、そのまま眠ってしまいました。


ふと気がつくと、弟のベッドで寝ているのは私だけでした、あれ?っと思って部屋を見回すと、
弟が床にタオルケットを敷いて寝ていました。
あ、ごめ~んって思ったけど、弟を持ち上げるなんてできっこないし、仕方ないので、そのままにして、私も弟の横に行って床で一緒に眠りました。
そっと寝ている弟の唇に、おやすみのキスさせてもらっちゃいましたけど。



私の部屋のエアコンが朝まで動いたままでした・・・幸代

犯罪者?

こんにちわ。
連日の猛暑いかがお過ごしですか?
私の方は、夏バテが回復せず、朝から気分がすぐれません。
週刊天気予報の大阪は35度以上の日しかないみたで、
見るだけで気分が悪くなってしまいます。



一昨日のお話

一昨日は彼とデートでした。
って言っても、どこかに行ったわけでもなくって、二人で晩御飯を食べに行っただけなんですけどね。
中華料理のお店でした、次の日が仕事だったので、餃子を食べられなかったのが心残りでした。
でも、夏バテのせいで、油ものが、どうも受け付けられず、私は冷麺でしたけど。
食べ終わって、ホロ酔い気分で、駅から歩いて帰りました。
駅に自転車を置いていたので、二人乗りでも良かったんですけどね。
彼に「自転車乗ってきてるから」って言うと「お酒飲んでて危ないから歩いて帰ろう」って言われたから、
「うん」って言って歩きだしました。
ちょっと歩いたところで「そんな恰好(どんな格好だ?)でも自転車のるの?見えるよ」って
「大丈夫だよ」って言うと「絶対見えるよ」って、「少しくらいならいいよ減らないから」って言うと
「ゆきよはガード緩すぎ」って注意されちゃいました。


気をつけま~す。

帰り道、先日セックスした公園の前を通り過ぎようとしたとき、
彼が「ちょっと、星みていこう」って言いながら公園の方に引っ張ってくれました。
しばらく話をしていると、怪しい雰囲気に・・・
「ダメよ、時間早いから人が通るから」って言っても激無視^^
「私の部屋に行こうよ」って言うと「後で行くよ」って言いながら、全然やめる気配なし。
結局、公園のジャングルジムに手を付いてバックでしてもらっちゃいました。
最初は、周りが気になって、気が気じゃなかったんですが、段々気持ち良くなって、
ジャングルジムに、もたれかかるようにしながら、声出しちゃいました。
終わって、公園を出て歩きだしてから、彼に「誰も通らなかった?」って聞くと、
「何人か通ったけど、普通に通り過ぎたから大丈夫」って、
「もう、この公園はやめようよ~、家近いんだし」って言うと「わかった」って言ってくれたけど・・・


家の前で「どうする?」「荷物置いてから行くよ」って、会話をして、お互いの家に入りました。
軽く家の片づけをして、シャワーをしようと洗面所にいって、歯磨きをして服を脱ごうとすると、
「ピンポ~ン」っとインターホンが・・・
え?もう?って思いながら、「はい」って出ると、彼でした・・・早すぎ。
とりあえず、上がってもらって「シャワーしてくるから」って言って、
リビングでテレビを見てもらっていました。
結局シャワーもバタバタでしたけど。


シャワーを終わって、バスタオルで体を拭きながら着替えを用意していないってことに気が付いて、
痛タタター、って、いつもお風呂上がりは部屋まで裸だから、何も考えていなかった。
仕方ないし、汗まみれの服を着る気にもなれなくって、体にバスタオルを巻きつけて
彼の待つリビングに行きました。
「こんな恰好でごめんね」って言いながら、お水飲みました。
「着替えてくるから、もうちょっと待ってってね」って言って、リビングを出ようとすると、
「おれも行くわ」って彼も出てきちゃって、一緒に部屋に行きました。
こっそり、お化粧しようと思ったのになぁ・・・


部屋に入って、下着入れからショーツを出そうとすると、「選ばせて」って彼、
え?っと思ったときには、すでに隣にいる(早!)。
「うん、いいよ」って言って、横によると「無茶苦茶いっぱい、ありますね~」って
「そう?」って言いながら覗くと、なんだか増えているような感じ・・・
もしかして、って思って、よーく見ると、排除したはずの、下着が、いつの間にか復活している。
弟の仕業だな、最悪~、なんて思っていると、オープンショーツを手に取って、
「こ、こんなのあるの!?、こ、これはいて」って、言いながら黄色のレースのオープンショーツを手渡されました。(かなり、恥ずかしかった)


結局、洋服まで彼に選んでもらうことになりました。
黒のミニスカートとひょう柄のキャミソール(結構透けてる)になりました。
この前彼の部屋で、好みのファッションの話を聞いた時のことを思い出しました。
そー言えば、露出っぽい格好が好みだったなぁって。
で、その恰好を妙に誉めてくれて、(透け透けのキャミソールが似合うって、微妙だったけど)
今度、「その恰好でデートしよう」って、「いくら、なんでもこれわ~」って言うと、
「公園とか人の少ないところなら、大丈夫だし、上に着るの持っとけば、いいやん」って、
「まぁ、それなら~」って、今度出かけることになりました。


OKすると、いっぱいキスしてくれて、そのまま押し倒してもらっちゃいました。
おめこに出してもらってから、フェラチオしていると、また大きくなってくれました。
で、今度は窓際でカーテンを開けて、出てきた精子をローション代りに塗ってもらってから、
バックで、お尻に入れてもらいました。
だれも、いなっかったし、気がねなく思いっきり声を出しながら逝かせてもらっちゃいっました。
お尻にしてもらっている間に大分出てしまったみたいだけど、一応と思ってタンポンを入れようとすると、
彼が「やらせて、やらせて」って、私の手からタンポンを取り上げて「どうやるの?」って、
「こうやって、こうやって」って説明してあげると、上手に入れてくれました。
でも、これは結構恥ずかしかったかも・・・


終わってから、リビングで、果汁100%ストレートのパイナップルジュースを一緒に飲みました。
(実はパイナップルジュースが一番好き、100%でも濃縮果汁還元はダメよ)
彼が、そろそろ帰ろうとしていたときに、母が帰ってきました。
リビングに来て「あら、もうお帰り?泊っていけばいいのに」って、相変わらずなことを言っていました。
彼のお見送りに、玄関の方へ歩きだすと、母も来てくれました。
サンダルをはいて、表に出ようとすると母が私に「あんたは、ここまでにしなさい」って、
ん?って意味がわからず「え?」って言うと、「いいから」って母、「うん」って私。
玄関で彼に「おやすみ」って言いました。
結局、私に代わって母が、表まで彼のお見送り、「ごめんなさいね、あんな子で・・・」って
母の声が聞こえていました。


母が戻ってきたので、「ありがとう、何かあったの?」って聞いてみると、
「そんな恰好で表に出んといて、ハシタナイ」って、
え?って思って、自分の格好を見ると、ひょう柄キャミソール・・・
「え?あ、うん」って答えました。
茶系だから、そんなに透けるのわからないと思うんだけどなぁ・・・orz


部屋に戻って、鏡を見ると、乳首もはっきり分かるほど透けていました。
彼に電話すると、彼も気になっていたのか「さっき、どうしたん?」って、
「お母さんも、若い男の子好きみたいだから、○○○くん(彼ね)と二人っきりに、
なりたかったんじゃないかなぁ」って、答えておきました。
すぐに話が変わって、「公園デート金曜で」って彼。
「え?え?」って言うと、「休みだから大丈夫でしょ、暑いから夕方から行こう」って
(彼は、私の一か月の勤務表を持っている・・・)
「うん」って、答えちゃった。
おやすみ言ってからベッドに入りました。


ベッドの中で、恥ずかしいなぁ、真昼間で、暑すぎて人がいない方が、いいんだけどなぁ・・・
夏休みだから子供がいるのかも~
それより、明日の高校生とのこと言えなかったなぁ、
なんて考えているうちに眠ってしまいました。
安眠妨害する人も現れず、ぐっすり眠れました。



昨日のお話

昨日は、日勤のあと、高校生くんとのデートでした。
仕事が時間どおりに終わったので(こんなことは、めったにない)、夏バテで気分がすぐれなかったから
着替えてから、病院のロビーで座ってようと思ってロビーに行って、座ろうとすると、
すでに来ていたみたいで、大きく手を振りながら(目立つって)、駆け寄ってきてくれました。
(約束より1時間近く早かったんですよ)
「早いね~」って言うと彼(高校生くんだよ)も「○○さん(私の名前ね)、も早いじゃないですか」って
「定時に終われたからね、こんなこと珍しいのよ」って言うと、ニコニコしながら、
「うらしいです。その分早く会えたし、長く一緒にいれるから」って、体がこそばゆく感じるような言葉。
病院のロビーなんて、知っている人が、いっぱい、いそうだから「とりあえず、ここ出よ」って言って、
外に出て、暑さにクラクラしそうになりながら駅の方に歩いて行きました。


駅前の陸橋を渡っているときに高校生くんが「時間も早いし動物園行きませんか?」って、
この暑いのに?マジ?って思ったけど、すぐに閉園時間だろうし、
せっかく言ってくれてるんだしって思って、「いいよ~」って答えて、動物園の方に向かいました。
もう閉ってるんじゃないかなぁって考えながら・・・
で、汗を流しながら入口まで来てビックリ(って予想通り)、動物園は6時まででセーフだったんですが、
入園時間が5時までで、結局入れませんでした。


暑い中歩かなくって良くなった~って思いながら「残念だねぇ、しょうがないから行こうよ」って言うと、
「じゃあ動物園は今度にしまよう」って、へ?って思いながら「え?」って言うと
「残念って言うから、動物園好きなんですか?」って「動物は好きだよ」って言うと、
「かわいいですよねー、ぼくも大好きです、今度必ずお連れしますから」って。 ???
へ?へ?へ?って思いながらも、何も言えませんでした・・・
そんな話をしながらマ○ドナ○ドに到着、エアコンの効いた店内に入って生き返りました^
ポテトを揚げる臭いに一瞬吐きそうになったけどね。


注文する番になって、ジュースかシェイクだけで、いいんだけどなぁと思っていると、
高校生くんが、「何でも好きなものを頼んでください」って、
はぁって思いながらも「ありがとう、じゃぁ・・・」って言ってチキンナゲットのハッピーセットを注文しました。
店員さんが「ドリンクは?ナゲットのソースは?」に続いて「オモチャは?」って、
オモチャは、いらないですって言おうしたときに高校生くんが、「これ、いいんじゃないですか?」って
マジかいな?って思ったけど、私の唇が「じゃあ、これください」って動いていました^^


商品を貰って、席に着こうとすると、高校生くんが「あっち行きましょう」って、奥の隅っこの席へ
座ってから高校生くんが「そんなんでいいんですか?遠慮しないでくださいよ」って、
「遠慮なんかしてないよ、夏バテで食欲が、ないだけだから」って答えておきました。
チキンナゲットをポテトの臭いに、気分悪くなりそうなりながら、頑張って食べました。
こっそり残したけどね・・・^^
なんで、こんな苦しい目にあわないといけないんだろうって思いながら・・・


でも会話はとても楽しくって、日々の生活のこととか、色々話してくれました。
おしゃべり上手っていうのか、時間のたつのを忘れるほど、楽しい時間でした。
私のことについても、色々質問されちゃって、ちょっとエッチな質問の時は必ず、
「変な意味はないですから」って一言付け加えながらね。
入院中の話では、「看護師さんの中で○○さん(私ね)が、だんとつで一番美人でした」ときました・・・
「そんなことないでしょー、○○さん(同僚ね)とか○○さん(同僚ね)の方が美人でしょー」って言うと「僕にとっては、○○さん(私ね)が一番です、だから好きになったんです」って・・・


告白されちゃった・・・

どうしようって思いながら、「ありがとう」って言うと、「彼氏と別れて僕と付き合ってください」って、
なんで、みんな、そんなにストレートに、自分の思いを話せるんだろう?って、
自分と比べてみて、羨ましく思いました。
「ありがとう、うれしいけど私、彼のこと好きだから」って言うと「必ず、僕のことを好きにしてみせますから」って、そうゆう自信って、どこからくるだろう?って思いながら。
「ごめんなさい、それだけは、できないよ」って言いました。

 
そしたら、高校生くんが「そうですかぁ、もっと早く入院すれば良かったなー」って言い出す始末。
「そうゆうこと、言っちゃいけないよ」って言うと
「あ、うん、わかった、でも○○さん(私ね)の彼氏さんが、羨ましいなぁ」って、
「じゃあ代わりに一つだけお願い聞いてください」って言うから、
「え?」って言いながら、さっき動物園は今度って言ってたから、も一度デートしてって言われるんだろうなって思って「わかった、いいよ」って言うと。
「本当ですか?絶対ですよ!」って、「約束するよ」って言うと、
すんごい笑顔でニコニコしながら喜んでいる。


まぁ動物園くらい、いいかぁって思っていると、高校生くんが、真剣な顔になって、
「笑わないって約束してくれます?」って言うから「うん、笑わない、約束する」って答えると、
「実は、お願いって言うのはですね」って勿体ぶってる感じ、「うん」って言うと、
「実は、僕、まだ童貞なんです」って、思わず口に含んだウーロン茶を噴出してしまって、
テーブルがビチョビチョになったし、鼻にも上がってきてしまいまし。
「ごめん、ごめん」って言いながらテーブルを拭いていると、「笑わないって、約束したのに」って
え?って思いながら「笑ってないよ、そんな話するなんて、思いもしなかったから、ビックリしただけだよ」って言うと真剣な顔で「めっさ(多分こう言ったと思う)緊張して喋ってるんですから」って、
「ごめんなさい」って謝ると、「もう笑わないでくださいね」って「うん、わかった、もう笑わないよ」って言うと、もう一度「僕まだ童貞なんです、○○さん(私ね)に卒業させてもらいたいんです」って・・・orz


「へ?」って開いた口が塞がらない状態(本当に口を開いてしまっていた)・・・
「約束したんですから、ダメ はナシですからね」って、
「そうだけど~、それわ~」って言っていると「嘘だったんですか?」って
「そうじゃないけど~」って言うと、高校生くんが笑顔になって、立ち上がって、
大きな声で「やったー」って・・・
周りの席の人たちが一斉に振り向いて、すごく恥ずかしかった・・・


着席するなり高校生くんが、「これから大丈夫ですか?」って「えーーー」って言うと、
「じゃあ明日は?」って「明日はちょっとー」って言うと「じゃあ今月中に都合のいい日あります?」って
「今月は忙しいから~」って言うと「どうしても、夏休み中に卒業したいんです」って、
はぁって思いながら、「夏休み」かぁって言うと「はい」って元気のいい返事・・・
え?え?夏休みって?って思って「夏休みっていつまで」って聞くと「31日までです」って
「え~」って言うと、また立ち上がって、頭を下げながら大きな声で「じゃあ、いまからお願いします」って、周りの人がみんな、こっち見てるし、どうしよーって思いながら黙っていると、
また大きな声で「お願いします」って、そのたびに周りの人が、こっち見て、
恥ずかしくって、「わかったから、座ってよ」って言っちゃいました。
そしたら、椅子に座ってから私の両手を持って、「ありがとうございます、ありがとうございます」って
「わかったから、静かにして」って言っちゃいました。
話の内容までわからなかったと思うけど、周りお客さんの視線が痛くって
「とりあえず出よ」って言ってお店を出ました。


店を出ると「この辺って、ホテルありますか?」って聞くから、「あるよ」って言って歩きだしました。
あぁ~あぁ~なんて思いながら黙ってあるいていると「どうしたんですか?」って
「え?」って言うと、「雰囲気が違うから」って、そう言われて、ああ、こうゆう態度はイケないなって
思って「あ、ごめん、暑さでボーっとしてた、夏バテ気味だしね」って言ってから、
高校生くんの手を取って、「あっち」って言うと、「はい」って言ってくれて、
手をつないでホテルまで歩いて行きました。
HOOPのご近所さんのホテルでした・・・昔、良く来たなぁなんて思いながらホテルに入りました。
当然でしょうけど高校生くんは全然わからないみたいで、部屋選びから説明、
「でも、ここでは妙に大人しくなって、○○さん(私ね)にお任せします」って、
まぁいいっかって思って、和室っぽい部屋を選びました。


部屋に入ってからも、高校生くんはキョロキョロ、
バスタブにお湯を張っている私に向かって「○○さん(私ね)、よく来るんですか?」って
「昔ね」って言うと、「流石ですねー」って、どうゆう意味だ?って思いながら
「大人だからね」って答えておきました。
「ほら早く、お風呂入っておいでよ」って言うと、「○○さん(私ね)先に入ってください」って
「私は後でいいよ」って言うと「僕も後でいいですから」って、言い合いしてもしょうがないし、
まぁお化粧直しもできるかって思って先にお風呂に入らせてもらいました。
泡風呂につかりながら、なんでこうなるいんだろう?なんて考えながら、シャボン玉のように
大きな泡を見つけては、フーって息を吹きかけて、泡を壊していました。
でも、さっぱり気持ち良かったです。


ホテルのパジャマに着替えてから、高校生くんに「はい、交代だよ、さっぱりしてきて」って言うと、
「はい」って言ってお風呂に行きました。
私は、予備のショーツをはいてから、歯磨きして、少しお化粧していました。
しばらくすると高校生くんもパジャマを着て出てきました。
ベッド(畳の部屋だけどベッドっぽいのが、あったよ)に腰かけて一緒にお茶で乾杯してから、しちゃいました。
いちいち、「どうすればいいですか?、これでいいですか?」みたいなことを聞かれるのが、
ちょっと、違和感がありましたけど、浮気しちゃってるって罪悪感?と、
やっぱり、その人と初めてするときってワクワクしますよね? ねぇ?


はき替えた黒いTバックにも感動しきりで、「初めて実物見ました」って言っていましたね。
Tバックを脱がそうとしてくれたときに、毛がないのがわかったのか、「あれ?」って、
「どうしたの?」って聞くと「毛ないんですか?」って、永久脱毛とも答えられないから、
「海に行くとはみ出すから、夏だけ剃ってるの」って言っちゃいました。
すると「女の人って大変なんですねー」って変に感心されちゃいました。
Tバックを脱がせてくれてからも、「すごいですねー」なんて言っている、
「そんなにジロジロみないでよ」って言うと「あ、ああ、ごめんなさい」って、かわいいよね。


そんな感じで、あちこち観察してもらいながらでしたけど、素敵な思い出になりました。
最初キスしてくれたんですが、キスも初めてらしくって、私でいいのかなぁって思いながらでしたけど。
そんな、こんなでしたけど、色々、愛撫しながら裸にしてもらいました。
それで今度は私が脱がせてあげようとすると、「じ、自分で脱ぎますから」って言って、
自分で脱いじゃっていました。
それで、私も高校生くんの全身を、ゆっくり愛撫させてもらいました。
おチンポを触ると「あ、そこわ」って言いながら腰を引いて逃げられちゃいました。
「こら~逃げるな~」っていながら、おチンポをつかもうとすると、
「あ、あの。、ぼく包茎なんです」って、え?できるの?って思ったけど、
どうしようもないし、「そんなこと、気にしなくていいよ」って言って、おチンポを捕まえちゃいました^^


フェラチオしようとして、おチンポを見ると3分の1くらい皮が冠っていました。
「大丈夫ですか?」っと小声で言う高校生くんを無視して、おチンポを咥えさせてもらっちゃいました。
フェラチオしながら、皮を剥いてようと思って、唇で押し下げてみると、案外すんなりと剥けちゃいました。
「大丈夫じゃない、剥けちゃったよ」って言うと「え?本当ですか?大丈夫ですか?」って
「うん、大丈夫だよ」って言ってフェラチオしていると、口の中に異物が・・・ちょっと臭うし
ちゃんと洗ってないなぁって思いながら、言うと傷つけちゃいそうだから、黙って手の平に異物を出して、シーツで拭いちゃっていました。(ホテルさん、ごめんなさい)
若いっていいなぁって、思いながらフェラチオしていると、高校生くんが「あ、あ」って、
言ったと同時に私の口の中に、いっぱい出してくれました。


本当に、いっぱいで、夏バテで調子が悪かったのもあって、精子をなかなか飲み込めなくって、
悪いなぁって思いながらも、口を拭くふりをしながら、半分くらいティッシュに出しちゃいました。
多分バレなかったと思うから、良かったです。
しばらくすると「飲んだんですか?」って聞くから「うん」って言うと「おいしくないでしょ?」って
味見したの?って聞きたかったけど、「おいしかったよ」って答えておきました。
とっても感激してくれていたみたいでした。


すると、高校生くんは布団をかぶって顔だけ出してる、一口お茶を飲んでから、
隣に入ると、照れくさそうに、モゾモゾしている、「何、照れてるの?」って言いながら、
おチンポを触ろうとすると、すんごく小さくなっている・・・
もう何年も彼とか弟意外としていないし、二人とも、出しても小さくならなかったりするから、
小さくなっちゃっているのが妙に新鮮でした。
人それぞれなんだなぁって思っていると「もうちょっと時間大丈夫ですか?」って、
だから「あまり遅くなるのはダメだけど」って言うと
「そ、そうですか、でももうちょっと待ってください」って寂しそうに返事。
後でわかったのですが、なんか一回出すと終わりって思っていたみたいでした・・・


しばらく、ベッドでお話していると、高校生くんが変な動き・・・
なんか、おチンポを大きくしようと、自分の手でオナニーみたいなことをやっている、
だから、「そんなことしなくても、いいよ」って言って私の手で、してあげました。
お口も交えて、やっていると、大きくなってきました、でもすぐに小さくなったりしましたけど、
大丈夫かなぁって思っていると、また大きくなってきたので、慌てて「入れて」って言うと、
「はい」って言って私の上に乗っかかりながら、入れようとしながら、「あ、あの、ゴムは?」って
「今日は大丈夫だから」って言うと「あ、はい」って元気な返事。
でもなんだか、うまく入らないみたいで、私の、おめこって、入口小さかったっけ?って思っちゃいました^^
仕方ないので、私が高校生くんの、おチンポを手で持って、おめこの入口に誘導するようにして、
入れてもらいました。


入ってからは、俄然元気になって、すごい勢いで腰を振りながら「どうですか?感じますか?」等々質問攻撃、誉め千切ってもしょうがないしって思って、「うん、いいよ」って感じのお返事しておきました。
そのあとも、汗をだらだら流しながら(本当に汗が流れていて、私の体にも流れ落ちてきていた)、
腰を振り続けてくれていました。
ちょっとして、高校生くんの動きが止まったので、お疲れかなと思って、交代したゲようかなって、思っていたら、「どうでした?痛くなかったですか?」って、それで、ああ出ちゃったのかなぁって、
痛かったって答えるのも変だしなぁ、どうしよーって考ええていると、
また「どうでした?大丈夫ですか?」って、だから「大丈夫だよ、ありがとう」って答えると、
安心したようで、ベッドに倒れこんじゃっていました。
病み上がりで、体力無くなっていたのかぁって、そのとき気が付いて、悪いことしたなぁって思いました。
だから、高校生くんにキスしながら、「ありがとう、素敵だったよ」って言っておきました。
そしたら、いきなり元気になってくれました。


いい時間にもなっていたので、高校生くんに「汗流しておいで」って言うと「はい」って、
今度は素直にシャワーに行ってくれました。
「ボディーシャンプーとか使っちゃダメだよ」って言うとえ?って顔をしながら「どうしてですか?」って、「家に帰っても石鹸の匂いがするからよ」って言うと、意味がわかったみたいで「はい」って言ってくれました。
交替で私もシャワーをして、タンポンを入れてから、急いでお化粧しました。
お化粧していると、「あのー」って、今度はなんだろう?って思いながら「なに?」って聞くと、
「さっきの黒いTバックください」って、えーって思いながら「そんなものどうするの?」って言うと、
「一生の宝ものにします」って「部屋に置いてるの家族の人に見つかったら、変に思われるよ」って言うと、「見つからないように、気をつけますから」って、仕方ないなぁって思いながらも「いいよ~」って言って、
脱いで、高校生くんに手渡しました。
そしたら、えらく喜んでくれて、顔に持って行こうとするので、「臭い嗅ぐのは、やめてー」って言ってしまいました、そしたら「あ、はい、ごめんなさい」って言って眺めてくれていました。
そのあと、ホテルのアメニティーのシャワーキャップの袋に入れてプレゼントしました。


部屋を出るときに、高校生くんに約束してもらいました。
これからは、メールだけの友達だって・・・
「はい、わかりました」って答えてくれました。
駅まで手を繋いで行ってから、JRの改札のところで、別れました。
名残り惜しそうでしたけど、門限もあるでしょうしね(無いかな)。



電車に乗ってから、メールのお返事したりしていると、さっそく、高校生くんからメール、
「ありがとうございました」ってお礼のメールだったので、「こちらこそ」ってそして、「ご馳走様」って、お返事しました、そしたら、すぐにメールが来て、「バイトするようになったら、もうちょっとましなものをご馳走します」だって・・・おいおい、でした。


彼からもメールが入っていました、彼の名前が表示されたとき、ドキって一瞬心臓が止まるんじゃないかと思うような感じ、罪悪感いっぱいで、メールを読むと、「迎えに行くから、電車の時間教えて」でした。
多分、夏バテだって言ったからかだと思うんだけど、高校生くんじゅやないんだけど、
石鹸の匂いしてそうだし、「ありがとう、でも今日は自転車で帰るから、家に着いたら電話するから」って、
メールしておきました。
それから、駅に着くまでの間、高校生くんのことを考えていました。
自分が高校生のころを思い出しながら、若いのに、あんなに、はっきりと、年上に向かって言えるなぁ、って、よく私を、口説き落としたなぁって^^、考えていました、すごいなぁって。
まぁ最後は、単に私が子供なだけなのかなぁ、昔から断るの下手だしねって変に納得していましたけど。


急いで家に帰ると弟が、「高校生食ってきたやろ」って汚いお言葉、無視して部屋に入って、
彼に、ただいまって電話しました。
そしたら「おかえり、夏バテ大丈夫?」って聞いてくれて、なんとなく調子よくなかったけど、思わず「うん、もう大丈夫だよ」って言っちゃいました、そしたら「よかった」って言ってくれて、
「じゃあ、今から、そっち行ってもいい?」って、え、え、え、って思ったけどダメとも言えないから、
「いいよ、でもシャワーだけさせて、終わったら電話するから」って言いました。
そしたら「わかった」って言ってくれて、ホっと一安心でした。
「遅くまで、大変だね」って、彼の一言が胸に刺さったけど・・・


急いでトイレに行って、タンポンを抜いて、ビデで高校生くんの精子を念入りに洗い流しました、
ついでに、おしりにも、お湯を入れて洗っておきました。
そらからシャワーして、ほっと一安心しでした、冷たいお水が最高でした^^
ソファーから弟が、「セックス教え込んできたんやろ?」って、「ちょっとー、○○○くん(彼ね)がくるんだから変なこと言わないでよね」って言うと「じゃあ、ちゃんと答えろよ、高校生としてきたんやろ?」って、しょうがないから、「したきました」って答えて部屋に戻りました。
部屋に戻ってから、急いで服を着ようとすると、彼から電話「どうしたの?」って言うと、
「部屋の明かりがついたから、今から行くから」って、えーって思いながら、
急いで服を着て階段をおりると、インターホンが・・・
どうして、男の人って、自己中心的なんだろうか?って思っちゃいました。
もうちょっと、女心をわかってほしいよねー、お化粧したかったんだよ・・・


最初彼の顔を見るのが心苦しかったのですけど、私の部屋に行って、すぐに普通に、お話していました。
急に来てくれたから、何か話でもあるのかと思ったけど、そうゆうわけじゃなかったみたいですしね。
私は、ここまで遅くなることって、めったにないけど、定時に終わることが少ないから、
変に思われることもなかったみたいで、良かったです。
「夏バテ、良くなって良かったよ」って言いながら抱き寄せてくれて、キスしてくれました。
まだ調子悪いんだよーって心の中で言いながら、彼に身を任せました。
服を脱がせてくれて、ベッドでやさしく愛撫してくれました。
おめこを舐めてくれたときは、すんごくドキドキでした、キレイに洗ったとはいえ、
ついさっきまで、高校生くんの精子が入っていたわけだしね。
臭わないかなぁ、とか、まだ残っていて出てきたらどうしよう、ってね。
でも、大丈夫だったみたいで、何も言われませんでしたし。
いつものように、正常位で、やさしく?出してくれました。


終わってから、おチンポをお口でキレイにさせてもらっていると、私の顎に指をかけて、
顔を起してくれて、そっとキスしてくれました。
私が、ん? って顔をしたみたいで、「ごめんな、まだ調子悪いんやろ?」って
「え?」って言うと「しんどそうやから」って「そんなことないよ」って言ったけど
「無理しなくていいよ、今日は早く寝て」って言って、またキスしてくれました。
だから「うん、ありがとう」って言いました。
「じゃあ、俺帰るわ」って言って服を着る彼が、すんごく、カッコよく見えました。
私も服を着て表まで、お見送りしました、「おやすみ」って言いながら。
やっぱり愛のあるセックスがいいですよね^^


彼のお見送りをして家に入ると、弟が、「えらい早いやないか、あいつ早漏か」だって、
彼の爪の垢でも飲ませたいって思ったよ。
お茶を飲んで部屋に戻ろうとすると、弟が後ろから付いてきて、階段で、私の腕を掴んで、
「高校生の話聞かせろよ」って、言いながら胸を揉んだりスカート捲り上げたりされちゃいました。
しばらく、階段の途中で、してもらっていたんですけど、だんだん暑さで気分悪くなりそうになってきたので、「ねぇ、お願いだから部屋に行こうよ」って言いました。
すると「確かに、ここは暑いな」って、部屋に入ってからも「子供に手を出して、どうゆうつもりやねん」とか「犯罪やぞ」とか言われていました。
ショーツの隙間から出ていた、タンポンの紐を見つけて「なんや?始まったんか?生理やのにしてきたんか?ほんであいつ、すぐ帰ったんか」って言いながら、紐を引っ張って抜いてくれました。
そして「なんや、やっぱりまだかい、タンポンが無駄になるから、やめとけよ、エコの時代なんやから」だって。
タンポンを見ながら、「これは、誰の精子やねん?」って、「知らないよ」って答えると、
「この淫乱メス豚がぁ」って、「親が知ったら泣くで、ほんま」って言われちゃいました。


そして、「しゃあないなぁ」って言いながら、バックで、おめこに入れてくれました。
何故か弟も激しくって、すごい勢いで腰を振ってくれて、すぐに出してくれました。
出してくれてから、「はよ咥えろ、病気が移りよるわ」って言いながら(失礼よね)、
私の口に、おチンポを押し込んできました。
フェラチオしてキレイにしているときも、「高校生には、ケツの穴貸したらへんかったんか?」とか、
言い続けていました、おチンポ咥えているから返事できないふりをしていましたけど。
そのあと、「けつがかわいそうやからな」って言いながら、お尻にも入れてくれました。
終わってから、流石に私もクラクラで、ベッドまで行く気にもなれず、
そのまま床に寝ころんでしまいました、そしたら「しゃあないなぁ」っていいながら、
弟が私を抱きかかえて、ベッドに寝かせてくれました、「重いなぁ、ダイエットせんと、あいつに嫌われんぞ」って言われましたけど・・・


「じゃあ、おやすみ」って言って、弟が出て行った後、ぞっと疲れが出て、すぐに寝てしまいそうになりました、
シーツだけは汚さないようにと思って、タンポンを入れて(無駄使いか?)、
も一度ベッドに横になりました、でも、なんだか、お腹すいたなぁって、よくよく考えると、
ハッピーセットしか食べていなかった(それも、胸悪くって全部食べていないし)。
そうだったーって思って、フラフラと立ち上がって、キッチンに行って、
カニカマボコときゅうりを、あてに、ビールのんでしまいました。
こうゆう、あっさり系は食べれるんだけどねー、飲んべえみたいね^^
それから、はみがきして部屋に戻りました。


部屋に戻ると、携帯の着信ランプがついていたので、見てみると、
メールが3件、1件は友達からで、あとの2件は彼と、高校生からでした。
彼からは「今日は、ごめんね、ゆっくり休んでください」って、
高校生からは、避妊をしなかったことが気になるみたいで「生理来なかったら言ってください」って
感じでした、言ってどうなるんだろうって思ったけど、すぐに、そうだ、すでに来ていないんだったって、一人で苦笑いしてしまいました。
お返事する気力もなかったので、そのまま寝ちゃいました。



今日のお話

って何もないんですけどね、今日も、この暑さと夏バテで、ぐったりしています。
今夜は、早く寝ようと思うよ。



セックスパートナーの低年齢記録更新しちゃった、幸代

お祝い、ありがとう。

こんにちわ。
猛暑は変わりませんが、昨夜エアコンなしで眠りました。
夜風が気持ち良くって、すんなり眠れましたよ。
昨日、ツクツクボウシが鳴いていました。
クマゼミからツクツクボウシに季節が変わってきているようです。
秋は、すぐそこですね^^



昨日のお話

昨日は、弟の誕生日でした。
お祝いメッセージをいただいた皆さん、ありがとうございました。
自分のことのように、喜んでいます。


夕方、難波で待ち合わせをして、お買いものと食事デートでした。
最初は、デパートでプレゼント選びでした。
あちこち、ウロウロして、ラルフ○ーレンでピンクの長袖シャツを買いました。
とっても可愛いデザインでしたよ。
私も、ついでに地下のスポーツ用品売り場でゴルフ用の半袖シャツを買いました。
すんごく、可愛いよ^^


夕食は、某ホテル(ラブホテルじゃないぞ!)(わかっちゃうか?)の鉄板焼きでした。
飲み放題(ワインもOK)付きで、なんと一人、25,000円也
もう少し、安いプランもあったんですけど、ケチってもねぇ・・・
でも、とっても、とっても、おいしかったです。
セレブって、こうゆうのを毎日食べているのかなぁ・・・


飲み放題だけど、グラスのワインが減ってくると、すかさず注ぎに来てくれる、
(このホスピタリティーには、感心しきり)
おいしい、お料理とお店の雰囲気、すっかり飲みすぎちゃいました。
久しぶりに、ゆったりとした時間の中で食事することができて、
気分よく、お店を後にすることができました。
カードを渡して、レシートにサインするときは、一瞬手が止まったけどね^^
株主優待券を持って行かなかったことが、心残りだけど・・・


ホテルを出てから、どこへ行くってこともなかったのですが、
なんとなく足は日本橋の電気街(電気屋さん少ないよね)の方へ・・・
ちょっと甘えて腕を組んで歩いてもらっちゃいました^^
ダラダラと、色んなお店を覗きながら、気がつくと恵比寿町まで歩いていました。
本屋(?)さんによったり、フィギュアのお店を覗いたり、
まぁアダルトグッズのお店は欠かさずチェックでしたけどね^^


恵比寿町に近い小さな角ビルの2階にみつけた、アダルトグッズのお店で、
黄緑の総レースのミニスカートと、紫のオープンショーツを買ってもらいました^^
恵比寿町の駅から地下鉄に乗って帰ったのですが、駅の改札を通るなり、
「はき替えてきて」って、「えー」って言うと「スカートはええから」って。
トイレ(あまり奇麗じゃないね、100円にしなくていいから、トイレを奇麗にしてほしいな、市長さん)に入って、はき替えました。
スカートはけって言われなくって、良かった~です。


電車の中で、彼に高校生、お友達へのメールしながら帰ってきました。
高校生からのメールは、今度、お昼付き合ってください、マクドくらいなら、奢ります
って内容でした、可愛くって、電車の中なのを忘れて、思わず笑っちゃいました^^
隣に座っている弟が「なに一人で笑ってんねん、おかしなやつと思われんで」って言うくらいでした。
「これ、この前退院した高校生」って言いながら携帯の画面を見せると、
「ホテルでステーキ食わせろって返事しといたれ」って、「そうね」って言って、
なんて返事しようか考えていると、「おまえ患者にまで手出してんのか?」って
噴き出しそうになりながら「出してないよ、なんて断ろうか考えてるの」って言うと、
「アドレス教える段階で、手出してんのと同じやろ、マクドくらい付き合ったったら、タイプなんやろ」だって、
タイプって、ズキっと胸に刺さる言葉よねぇー


苦笑いしながら、じゃあ今度マクドご馳走になるねってお返事しました。
送信ボタンを押すと同時に返信が・・・(嘘ですよ)
って思ってしまうほど、すぐに返事が、これには弟も「やらせてもらえると思ってるな」だって、
「やめてよ~」って言いながらメールを見ると、
いつにしますか?明日はお休みですか?僕はいつでもOKですって、
一応、そのままスルーしておきましたけどね。
そんな、電車の中に似つかわしくない会話をしている間に降車駅に着きました。


最寄り駅からは、タクシーで帰りました。
途中、コンビニに寄って小さなケーキ(小さいのしか置いてないよね)を買って帰りました。
(最初に寄ったコンビニでは、売り切れ?で、タクシーでコンビニのハシゴしちゃいました^^)
大きなケーキがよかったんだけど、ケーキ屋さん閉ってるしねぇー


家に帰ってから、先にシャワーしようって、ことになって、
弟に「先に浴びておいでよ」って言うと「うん」って言いながら私の腕を引っ張って
「背中くらい流してよ」って、もうーって思ったけど「じゃあ、片付けたら、すぐ行くから、先に行ってて」って言って買ってきたケーキを冷蔵庫に入れてから、お風呂場に行って、背中を流してあげました。
(本当に背中だけよ)
そしたら、「交代」って言って立ち上がって、椅子に私を座らせてくれました。
「私は、いいってー」って言ったのですが、ほとんど無視状態でした^^
結局全身、洗ってもらっちゃいました。
ほとんど愛撫状態で、濡れちゃっているのが、自分でもよくわかりました。


突然「さっきのショーツはいてきて」って言われたので、一旦お風呂場を出て、
ショーツ(買ってもらった方ね)をはいてお風呂場に戻りました。
戻るなり、壁に手を付かされて、バックから、してもらっちゃいました。
終わって、お風呂から出ようとすると、人の気配・・・
「ただいま~」って母の声、玄関の方から近寄ってくる気配、
とっさに、「あんた今出たとこね、私、今、入ったとこ」って弟に言って、
もう一度、お風呂場に入りました。


母が洗面所(お風呂の脱衣所兼用)にきて、弟に「ただいま」お風呂場の私に気づいて、
「ゆきよ、ただいま」って、「お帰り、○○○(←弟ね)と入れ替わりで、今、入ったところだから、お風呂待ってね」って言って誤魔化しちゃいました。
母は「大丈夫、ゆっくりしなさいな」って言いながら手を洗って、洗面所から出て行きました。
母が洗面所から出て行ってから、ドっと疲れが出て、お風呂の椅子椅子に「ハァー」って
言いながら座りこんじゃいました。
椅子に座りながら、この時間(両親が帰ってくる時間帯)はマズかったなぁって反省していました。
心臓のドキドキが少し収まってから、シャワーで冷や汗を流したよ^^


お風呂を出てから、先ほど買ってきた、コンビニケーキに蝋燭(SM用じゃないよ)を立てて
母とハッピバースデーを歌って、ラッキーエビスで乾杯したよ。
母と三人で、楽しいバースデーパティーでした。
アテは、J○Lさ○らラウンジの、おつまみ(どれだけ、持って帰ってくるの^^)をつまみながら、
遅くまで、ワイワイやっていました。
ラッキーエビス(普通のもあったよ)の空き缶がテーブルにいっぱい並んだ頃、
そろそろ寝ようかって話になって、弟が歯磨きに立った後で、
母から「いつも悪いわね、○○○(←弟ね)の面倒見させて」って言って一万円もらいました。
うれしー^^


部屋に戻って、部屋に戻って彼の部屋を見ると明かりが消えていたので、
電話せず、彼の部屋の方を向いて、おやすみ言いました。
部屋の空気を入れ替えようと思って、窓を開けると、夜風が気持ち良くって、
満月の月明かりで、とても明るくって(本でも読めそうだった)、幻想的な雰囲気でした。
何気に、ベランダに出て、しばらく夜空を眺めていました。
ふと、隣(隣は弟の部屋でベランダが繋がっていて、行き来できる)を見ると、
窓を閉め切ったままで、エアコンの室外機が動いている。
弟がパソコンを見ていたので、窓(足もとまである、大きな窓)をノックすると、
「どうしたん?」って言いながら、窓を開けてくれました。


部屋に入れてもらってから「今日は、涼しいよ、窓開ければエアコンいらないよ」って言うと、
「あとで、開けるわ」って言いながら、怪しい動き・・・
パソコンを除くと、なんだか怪しげなサイト、「ちょっと~」って言いながら、
他のタブを見ると女性のヌード画像が・・・それも見覚えのある人物が、って私じゃん。
「私の写真、こんな所に出してるの?」って言うと、「してない、してない」って首を振っている、
「まさか売ったりしてないよね?」って言うと「そんなこと、ない、ない」って首を振り続けてる。
でも顔つきが怪しいから、「顔出してないよね?消してるよね?」って言うと、
「そこは注意してる」って、出してるんじゃん・・・orz


「どれ出したの」って言って見せてもらいました、見てビックリ、どう見ても私。
「こんなの、すぐに私って、わかるやん」って言うと、
「お前のこと知らんから大丈夫や、それに、おまえ案外人気あんねんで」って言いながら、
机から、投稿雑誌を取り出して見せてくれました。
雑誌に、自分の写真が載っているのって、なんだか変な気分でしたが、
背景がほとんど私の部屋なので、いまいち味気なかったなぁ。
弟の顔の前に手を出すと、?って顔をしながら、私の顔を見て「なに?」って
だから、「私の写真で稼いだんでしょ、半分寄こしなさいよ」って言うと、
「え、あー、じゃー、出世払いで」って笑い話になっちゃいました。


でも、ひどくなーい?

しばらく、一緒に、雑誌を眺めていると、その気になっちゃたみたいで、
結局、弟のベッドで、してもらっちゃいました。
「モデル料は、いいから、もう写真は、なしにしてよ」って言うと、
「うん、わかった」って言って正常位で、やさしく抱いてくれました。
終わってからも、しばらく寄り添ってお話していました。
ふと、寝てしまいそうな自分に気がついて、「部屋に戻るわ、おやすみ」って言って
起き上がろうとすると、腕を引き寄せて、「なにか忘れてないか?」って
「え?」って言うと、「ちょっと咥えて」って、
「あはは」って笑いながら、おチンポ咥えて、キレイにさせてもらっちゃいました。
終わってから部屋を出ようとすると「今日は、ありがとう」って、
「こちらこそ、ありがとう」って言って自分の部屋に戻りました。
おめこにティッシュを挟んだままで・・・
弟のありがとうが、嬉しくって、昨夜は気分よかったです。


部屋に戻ると、空気も入れ替わってか、エアコンなしでも十分眠れそうな感じでした、
思い出したように、弟の部屋をノックして、「涼しいから窓あけようか?」って聞くと、
「うん、じゃあ、そうして」って、ちょっとイヤそうだったけど、全部の窓を全開にしました、
すると夜風がスーっと通り抜けました。
「ほら、いい風でしょ?」って言うと「うん、ありがとう」って言ってくれました。
それで、自分の部屋に戻って、ベッドに入りました。
全然寝苦しくもなくって、朝までグッスリ眠れました。



今日のお話

高校生くんからメールがきて、マクドデートの日程の催促があったので、
いつでもいいよって返事をすると、すぐに、じゃあ今日でってお返事が・・・
あわてて、今日はダメ(いつでも、いいって言っておきながらですが)って、
すぐに返事しないルール(勝手に決めただけだけど)を破って返信しました。
すると、こんどは、じゃあ明日って、了解しましたってメールを送ると、
今度は電話をかけてきてくれて、「めっちゃうれしいですー」とか喜びを表現した後
「何時にします?」「どこにします?待ち合わせ」等々、すぐに決まっちゃいました。
明日の夕方、天王寺の某病院1階ロビー(人目が気になるけど)で待ち合わせになりました。
しかし、夕方待ち合わせして、マクド?って晩御飯がマクド?ハンバーガー?
(マ○ドナ○ドさん、ごめんなさい)
ちょっとキツイなぁ・・・



おやつにポテトは好きよ、幸代

p.s. 本は、もう売ってないみたいよ、古本屋さんにはあるかも^^

Congratulations on the birthday.

こんにちわ。
しかし! ち~っとも涼しくならないですね。
今朝から、夏バテ復活 & ゴルフの練習で筋肉痛しています。
ちょい、気分悪~ですね。

taka034.jpg  涼しげでしょ^^


お願い。

さん(ちゃん)付けお断りしています。
ゆきよへの質問は、こちらを読んでからお願いしますね。
        
http://yukicyan7704170417.blog49.fc2.com/blog-entry-224.html


昨日のお話

彼の帰りが遅くなるみたいでしたので、夕方からゴルフの練習場に行ってきました。
どうせ夜になっても気温は下がらないし、日も沈みかけていたので、
暑いだろうなぁって、思いながら行ってきました。
せっかく、って思って、土曜日に買ったウェアを着て行きました。
(スカートだけだけど・・・)
しゃがむことは、ないだろうし、暑いと思ったので、アンダーショーツは、はきませんでしたけど。


練習場について、定位置の2階の隅っこに陣取って、練習開始しました。
思ったよりも暑くなくって、助かりました。
でも、ちょっとスイングするだけで、汗がダラダラ流れてきましたけどね。
クラブがボールに当たるようにはなりましたし、前(前と言っていいのか?って程度ですけど)にも、
飛ぶようになりましたが、行先はボールに聞いてください状態でした。
でも時々いい当たりもするんですよ、そのときは大きく曲がっていきますけどね。
すり鉢状のコースだといいんですけどね^^


他のお客さんの迷惑にならないようにと思って、隅っこで練習しているんですが、
見学?(馬鹿にしてるのか?)にくる人や、いっぱい空きがあるのに、
わざわざ、隣にきて練習始める人までいて、お尻に視線を感じて集中できなかったりしました。
頼みもしないのに、「グリップがどうの」とか「頭がどうの」「視線はここ」
果ては、「みとくんやぞ」って言いながら私を押しのけて、見本?を見せてくれる始末。
お願いだから、そっとしといて~って心の中で叫びながら、
「はい」「はい」「ありがとうございます」って、言いながら打っていました。


誰かが、寄ってくると、その人の知り合いみたいな人も寄って来られるんですよね。
入れ替わり、立ち替わり、誰かが、やってきてくれて、
ピーク時には5人のおじさんに取り囲まれながらの練習でした。
教えて?くれるだけじゃなく、見ながら、「足の開きがー」なんて話をしているのが、
聞こえてきて、邪魔にしかなってないんだけどって感じでした。


そう言えば、ゴリフを始めた頃(10年くらい前)も、一人で練習に行くと、
同じ状況だったのを思い出しました。
友達も、そう言っていたから、女の子は、みんな経験してるんですよね。
コンペなんかでも、ご親切にアドバイスをくれる人がいますよね、
一応お礼を言うと、「コンペ中やぞ、こっそり教えてんねんから」って怒られちゃったりしてね。
どうもゴルフを心から好きになれない理由は、その辺にありそうだな。
楽しい、紳士のスポーツなのにね。
このブログを読んでくれている、ゴルファーの皆さん、注意しようね^^
そんな、こんな(どんなだ?)で、クタクタ、汗だく(下着までびしょ濡れ)になってしまいました。
(精神的にしんどかったね)
これからは、一人で行くのはやめようって思ったよ。


練習場を出て、車のエアコンの気持ちよさに感激しながら家路につきました。
帰ってから、シャワーしようとすると、弟が使用中。
「早くしてね」って言うと「入ってきても、ええよ」って、
冗談でしょー、クタクタなのにーって思って「疲れてるから」って言ってリビングでお茶飲んでいました。
すぐに弟が出てきたので、「よかったー」って言ってお風呂場に行こうとすると、
「どうしたん?」って、だから「ゴルフの練習で汗ダク、晩御飯ちょっと待ってって」って言ってシャワー行きました。


いきなりは怖かったので、最初はお湯から、だんだん温度を下げて、お水シャワーしました。
すんごく気持ちよかったです。
本当は水風呂入りたかったけど、お湯を捨てないといけないしって思ってシャワーだけにしておきました。
お風呂をでてから、弟とちょっと遅めの晩御飯を食べました。
食べながら、練習場での話をすると、「乳首立てて、ケツ出しながらクラブ振るからや」だって
「ゴルフ用のスカートだよ」って言うと「なんや、それ(黄色のマイクロミニはいてた)で行ったら、もっとギャラリー集まったのに」だって。
「今度、そうするわ」って答えておいたけどね。


デザートに梨を食べました。
残暑厳しい日が続いていますけど、季節は進んでいるんですよね、
デパートの食品売り場は、秋真っ盛りですものね。
ビールも秋用にモミジデザインのが並んでいましたしね。


食べ終わってから、二人でリビングのソファーに座ってテレビを見てくつろぎました。
座り心地も気に入っているんですが、エアコンでヒンヤリ冷えたソファーが気持ち良かったです。
ところどころに見覚えのあるシミが、あるのはお愛敬ですけど^^
程よい疲れと、アルコールで気持ち良くなって、隣の弟に寄りかからせてもらって、
ぼーっとテレビの画面を見つめていました。
部屋に、上がる頃にはソファーのシミが一つ増えていましたけど^^
(本当は二つだったけど、雪だるまさんみたいに繋がっちゃった)


部屋に上がってから、久しぶりに蝋燭遊びしてもらいました。
真夏の熱帯夜にエアコンで、思いっきり冷やした部屋で、熱い蝋燭
青いビニールシートは、滑稽でしたけどね。
アロマのスタンドにも蝋燭(SM用を)を立てて出窓に置いて、火をつけてもらいました。
満月(だったかな?)の月明かりが少し邪魔でしたけど、
ゆらめく炎が幻想的で素敵でした。


でも体に落ちてくる蝋燭は、やぱり熱くって、でも気持ち良くって、
いつもより大きな声を出していたみたい。
(いつも大きな声なのにね)
「あ~」なのか「ぎゃあ」なのかわかんないような声だったみたいですけど。
もう少し高いところから、落してってお願いしても、一時的に高くなるけど、
いつの間にか低空飛行で、超熱い。
お願いだから墜落させないでって思っていました。
バックから入れてもらったときは、もうヘロヘロで、すぐに逝っちゃいました。


おめこに出してもらってから、弟のおチンポをキレイにしようとして
姿勢を変えようとしたときに、彼の部屋に明かりが・・・
ヤバって思って「カーテン閉めて」って言うと、
素直に「わかった」って立ちあがって窓際へ、でも、でも行動は正反対で、
レースのカーテンまで全開に・・・
「ちょっとー」って言いながら、床を這うようにして、窓際に行ってカーテンを閉めようとしたけど、
妨害にあっちゃって、結局窓際でフェラチオすることになっちゃいました。
まぁ部屋は真っ暗だったから、わかんなかったと思うけどね。


フェラチオ終わってから、カーテンを閉めて、蝋燭のお片付けしました。
(片付けの面倒さは、間違いなく1番ですね)
も一度シャワーしてから、部屋に戻ると、携帯に着信ランプ、
見ると、彼からの着信と、いつもの高校生からのメールでした。
いそいそと、キャミソールを着て窓際で彼に電話、ドキドキしたよー^^
普通に、お話してから、おやすみ言ってベッドに入りました。

taka032.jpg taka102.jpg taka112.jpg


ベッドに入ってから高校生くんにメールのお返事。
クラブ活動は、まだドクターの許可がでないので、ひまでしょうがないので、
ゲームばかりしているって、内容でした。
家ばかりじゃなく、たまには外出しないとダメよってお返事しました。
送信ボタンを押してから、この猛暑なのに、何、言ってるんだろうって反省でした。
すると、すぐに返信のメールが来て、じゃあ外出付き合ってください って、
え?って思ったと同時に、ちょっと嬉しかったりもしましたけどね。
でも、あーやっぱり、さっき送ったメールの内容がマズかったなーって、
一応、こうゆうお誘いに繋がらないように、送信メールの内容には気をつけていたんですけどね。
いつものパターンで、返信の返信には、お返事しないことになっているので、
スルーさせてもらっちゃいましたけどね。
次のメールがきになるなぁ^^
って考えながら、おやすみしました。



今日のお話

今朝から洗濯物を干してから、布団も干しました。
ついでに?蝋燭のついたシートを洗ってみました。
部屋の床にも落ちた精子が固まっていたので、ぞうきん掛け。
もう朝から汗だくのクタクタです、ちょっと夏バテ気味で、気分も悪くなっちゃいました。



 今日は、弟の誕生日です。
一緒にお祝いしていただけると、嬉しいな


ってことで、夕方、難波で待ち合わせして、プレゼントのお買い物と
お祝いのお食事会(二人だけだけど)する予定です。
休みの日に、大阪市内まで出ていくのは、億劫ではあるのですが、年に一度の記念日ですからね。
おいしいものを、ご馳走してあげようと思うよ。



帰ってからラッキーエビスで乾杯しよう、幸代

ラッキーエビス

こんにちわ。
相変わらず暑い日が続きますね。
夜勤明けの体には、ちょっとキツかったりします。
何気に風が、生暖かくって、イヤになっちゃいますね。
元気なのは、朝顔さんだけですね。

yuki006.jpg この朝顔好き・・・


金曜日のお話。

朝、ゴルフに誘われてから、一日中、憂鬱でした。
ゴルフはイヤじゃないんですけど、メンバーがねぇ。
○千万儲かった、なんて話聞きたくないしね。


仕事から戻って、物置の中を捜すと、奥の方に見覚えのあるゴルフバッグが・・・すぐに見つかってよかった。
軽く食事をとってから、彼とゴルフ練習場に行ってきました。
バッグを開けるとき、錆びているんじゃないかと心配でしたが、全然奇麗なままでした。
「わー良かった~」なんて、ちょっと、はしゃいでいました。
彼の「カーボンは錆びないよ」って一言で、しょんぼりしちゃいましたけど・・・
シューズも、カビ生えてるんじゃないかと心配しましたが、こちらも大丈夫でした。


久々にクラブを握ってみると、「あれ?こうだったっけ?」って感じで、握り方も???でした。
まぁ、しっくりくればいいかってことで、始めました。
打ってみると、真っすぐとかいうレベルじゃなくって、まともにボールに当たらない。
足もとに、コロコロと転がって下の階に落ちていく・・・
果ては、何故だかボールが後ろに飛んで行ったりしていました。
ほかの人の迷惑にならないように、隅っこで、やって正解だって思う有様でした。
彼も、ほとんど初心者(何度かお父さんに連れられてコースに出ているくらい)だってことだったけど、
流石、男の子、最初は、グチャグチャだったけど、しばらく打っていると、真っすぐ遠くまで飛んでいるし。
その後は、コーチしてもらいました^^
その甲斐あってか、最後の方には、なんとか、とりあえず前には飛ぶようになってきましたけど・・・


家に帰って、シャワーを浴びて、いつものようにキッチンにお水を飲みに行くと、
父がソファーに座ってテレビを見ていました。
朝のことを、報告して、その日の、鬱憤?を晴らすかのように、もう抗議(父は悪くないんだろうけど)しちゃいました。
身振り手振りを交えながら「なんで私が、相手しないといけないの」「お父さん、代わりに行って来てよ」「娘が心配じゃないの?」「箱入り娘なのに」・・・等々、延々、言い続けちゃいました。
しばらくすると、見かねた母が、「久しぶりだし、運動がてら行ってくれば」って、
思わず「お母さんまで」って声を荒げちゃいました。
そしたら母が「そんなことより、先に服着てきたら、裸で大きな声出して、ハシタナイよ」って
ハタと我に返ると、素っ裸で父の前で、ああだ、こうだと言っている自分に気が付いて、
めっちゃ恥ずかしかったです。
裸は、いつもなんですけどねぇ。
部屋に戻ろうとする私に父が「せっかく練習してきたんやし、行ってこい、小遣いやるから」だって、
「高いよ」って答えて部屋に戻りました。


その日は、みんなに当たり散らしちゃったみたい・・・反省。
彼に電話して、「私怒ってなかった?」って、言ったら「ちょっと雰囲気怖かった」って、
だから「ごめんね~気をつけるねぇ~」って言うと「喜んで行くより嬉しい」って、
なんだか嬉しい返事、その一言で気分スッキリ、で「やきもち~?」って言っちゃいました^^
「そんなんじゃないよ」って言っていましたけどね。
やっぱり、好きな人の一言って効果てき面ですよね。


ベッドに入って、ふと思ったんだけど、何気にセックスのお誘いがなかったのは、
私が怒ってますオーラを出していたからだろうか?って、ちょっと反省でした。
そのまま、寝たんだけど、弟も近寄ってこなかったしね。
みんなに悪いことしちゃったかな。
どうせ行くなら、笑顔で行ってこようと思ったよ。



土曜日のお話。

一昨日は、彼とサーカスデートでした。
yuki008.jpg こんな色(ピンク)のミニスカートでした。

夕方の部だったので、私の家で一緒にお昼を食べてから出かけました。
途中、色んなお店に寄ったりしながら南下していきました。


彼に「家の買い物でごめんね」って言いながら寄ってもらったディスカウントストアで
プレミアムモルツを買おうと思って、ビールコーナーに行くと。
なんとラッキーエビス入りのエビスビール缶が2ケース、普通のエビスビールのケースの上に積まれていた。
残り2ケースって感じがして、思わず2ケースともカートに乗せちゃいました。
最近プレミアムモルツばかり飲んでいる我が家の舌には、どうだろうって思ったりもしたんですけど、
人生、初ラッキーエビスだったこともあり、買っちゃいました。
家に帰って、ケースを開けてビックリ、6缶ごとにラッキーエビス柄のクーラーバッグに入っていました。
そのうち2本がラッキーエビスでした。
(家に帰って、とりあえず部屋に飾ってしまいました)
でも今度は瓶のラッキーエビスが、ほしいなぁ、黒ビールなんて格好良さそう。

yuki002.jpg ←クリックで拡大 
 わかるかなぁ? 左がラッキーエビスだよ。魚籠に鯛がもう一匹いるよ。 

スポーツショップでは、ゴルフウェアを買いました。
日焼け防止に長袖のアンアダーシャツにスカート、そして、グローブを左右両手用。
ポロシャツも買おうかと思ったんだけど、家にあるのを着ることにしました。
でも、ほとんど着ないのに、もったいないなぁって思いながら支払いしました。
帰ったら、父に請求しよう^^


りんくうタウンのイ○ンモールに車を止めて、マ○ドで、ポテトを食べてから、
歩いてサーカス会場に行きました。
15分くらい前に着いたんですけど、中はガラガラ、エアコンなしで工場用?の扇風機が、
回っているだけで、ムっとしていて、蚊も飛んでいるって感じ。
席も自由席は、横の方で何気に見にくそう(実際、色んな障害物で見にくかった)、
ガラガラなんだから、指定席に座らせてくれてもよさそうなんだけどなぁ。
入口で、光物を売っている女の人も、やる気なしって感じでした。
始まるまでに氷なんかも売りにきたけど、だれも買わないからとけちゃってたし。


サーカスの内容は・・・中国の人たちが、色々するんだけど、いまいち感動しない。
簡単には出来ないことなんだけどねぇ。
途中休憩があって、また売り子(サーカスでている女の子たちだった)さんが、
色んなものを売りにきた、今度はなんか買っている人がいたり、
記念撮影(売り子さんと)している人がいたりしました。
でも、やっぱり氷は溶けちゃてたけどね。


11歳って女の子が重要な役割で出ていたけど、学校行ってないのかなぁ、
中国って義務教育ないんだろうか?って、彼と話しながら見ていました。
最後の空中ブランコは世界的に有名(大会で上位に入ったらしい)みたいで、
大迫力でした・・・自由席からはネットで見にくかった。
でも、見上げていると、滑り止めの白い粉が上から降ってきて目に入るのには困ったなぁ。
結局休憩時間を含めて、2時間弱でした。
「お金を払ってまで、見たくないね」が、私たちの一致した意見でした。
(あくまで私たちの考えですので、悪しからず)


それから、イ○ンモールのレストラン街で、晩御飯を食べました。
すでに8時を過ぎていたのですあ、土曜ってこともあってか、入口はどこも並ばないとって感じでした。
串揚げ食べたかったのですが、アルコールなしではキビシイってことで、パスタ食べました。
とっても、おいしかったですよ。


それから、ゲームコーナーでUFOキャッチャーして遊んでから、帰路につきました。
途中、ちょっと、熊取(泉佐野かな)のホテルで休憩しましたけど
(おめこ・おしり・おしり・おめこって4回出してもらいました^^)
休憩時間が若干?長くなってしまったので、この日はゴルフの練習行けませんでした。
家に帰ってから、一応お風呂に入り(髪洗ってこなかったからね)ました。


家族にラッキーエビスを見せると、一応みんな感心してくれていましたけど、
「2ケースもいらんのちゃうん」「プレミアムモルツと1ケースづつで良かったんちゃうん」
なーんて、言われちゃいました。
「だったら飲まなくてもいいよ」って言っちゃいました。
彼にも1パック(クーラーバック1つね)、お裾わけしておきました。


この日は、モテ曜日だったのか、ちょうど寝かけていると、弟が夜這いにきてくれて、
襲われちゃいました。
タンポンの紐を引っ張りながら「やっと、なったんか?」って、でも次の瞬間、
タンポンを抜き取って「やっぱり、できとんな」だって。
「今度から、洗ってこいよ」って言いながら、おめこに入れてくれました。
どうせ入れるんだから、同じじゃないって思ったよ。
おめこに出してもらってから、「はよしろ」って言いながら、頭をおチンポに押さえつけてくれて、
お口でキレイにさせてもらいました。


フェラチオ頑張っていたけど、なかなか、お許しがでなくって、結構長いこと咥えていました。
ちょっと、顎がダルくなるほどでしたから。
それから、「おめこ汚いから」って言って、今度はお尻に入れてくれました。
入れてから、しばらくしてから、一度おチンポをお尻から出して、
「うわ~ケツでもやっとんのかー、先言えよ、気持ち悪いやんけー」だって。
「だって~」って言うと、「だってやあるかい、お前ら変態か」って言いながら、
結局、また、お尻におチンポ入れてるし。
それを言うなら、あんたも変態やんってね。


結局、この日、彼は4回、弟は2回
(これって、ジェネレーションギャップって言うか、彼の若さなんだろうか?)
私は彼と、弟に1回づつ逝かせてもらいました。
段々、お尻がスムーズ(緩く?)になってきているのが心配だけど・・・



ちょっと眠ろう、幸代

プール行ってきました。

こんにちわ。
暑い日が続きますね。
日焼けをしてしまったのか、昨夜から、体の、あちこちが痒くって、困っています。
ムヒ(ムヒアルファEX、効くよ~)が手放せません。



昨日は、彼とみ○き公園のプールに行ってきました。
夏バテもかなる回復したみたいで、すっかり元気でした。
ちょっと、早起きして、おにぎりと、おかずに、唐揚げと、ハンバーグにサラダって感じの
簡単なお弁当を作って出かけました。
途中、海にする?プールにする?って話をしながらだったのですが、
大阪湾の海水浴場って、白浜なんかと比べちゃうと、かなり水質が悪そうだし、
(須磨でも泳ぐんだけどね^^)
クラゲも、いっぱいいるかもって話になって、結局プールに行くことにしました。
小さな子供連れのファミリーが多かったですけど、カップルも結構いましたよ。


道路は渋滞もなく10時くらいに、着いたんですけど、結構空いていました。
プールサイドの日陰も、それなりに空いていて、場所を確保してから、
プールに入りました、でも足をつけた瞬間 「ぬる」って言って彼と顔を見合わせちゃうほど、
お湯のような、水でした。
しばらく、浮き輪につかまって、ラブラブ流されていました。
ちょうど、スライダーで滑ってくる人が見えて、並んでいないように見えたので、
「行こうか」ってパスを買いに行きました。


行ってみると、殆ど並ばずに滑ることができて、楽しかったです。
彼と、一緒に乗れるゴムボートのような、スライダーがよかったなぁ。
寝転がってチューブの中を滑るスライダーって、結構な水圧がかかるのか、
最後のところで必ずブラが、ずれ上がっちゃうんですよね、
乳首までは見えなかったと思うけど、胸が半分くらいはみ出したりしちゃっていました。
単にサイズがあっていないだけかもだけど・・・
でも彼が滑ってくるのを下で見ていたときに、滑ってきた女の人も、同じように、
ずれ上がっていましたから、私だけじゃないんだなって思いました。
(多分、乳首まで見えていたと思うから)
来年は水着を買おう。


プールサイドでお昼を食べてから、ちょっぴりお昼寝しちゃいました。
木陰で気持ち良かったです。
お昼寝の後も、プールに入ったんですが、何気にちょっと物足りない。
スライダーを除くと、おとな用のプールって流れるプールだけだし、ちょっと浅すぎ。
蒲郡みたいに、波のプールなんかもあると、いいんだけどなぁ。
まぁターゲットにしている客層が違うのかもしれないけど。


おやつの時間くらいになるころには、プールに入ると、なんだか「お風呂に入っているみたい」って
言うほどで、全然気持ち良くない、蒲郡の冷たさが懐かしい^^
プールサイドの濡れているところは、いいんですけど、濡れていないところは、日に焼けてか、
足の裏が火傷するんじゃない?って思うほど暑くって、彼と二人で、「アチッ、アチッ」って
言いながら、歩いていました。
結局4時前にプールから出ました、水着のまま遊園地にも行けるって話だったけど、
この暑さじゃねぇってことで、着替えて帰ることにしました。


そうそう、女子中学生か女子高校生だと思うのですが、ゼブラ柄のワンピースの水着を着ていました、
でもアンダーショーツとか、パッドとかもしていなくって、後姿なんか、お尻が透け透けなんですよね、
胸は、ちょうど黒いラインのところだったからか、目立たなかったのですが、Vラインの部分が、
ちょうど、白い生地の部分と重なって、アンダーヘアーがバッチリ透けて見えているの、
彼も興味津津って感じで「脱毛やめようか?」って意地悪言っちゃいました。
照れくさそうに首振っていましたけど、あれじゃあ誰だって見ちゃうよね。
私でも、(脱毛している私だからか?)見ちゃったくらいですから。


平日だから、渋滞もないだろうと思ったのですが、「和歌山から高速で帰ろう」ってことになって、
国道を和歌山方面に走りだしました。
日焼け止めは何度も塗ったんですけど、すごい日差しだったから、やっぱり日焼けたのか、
体が、火照ってるし、何気に痒いわ、さらに日焼け止めが取れていないから、肌が突っ張るし
早くお風呂に入りたいなぁ、なんて思いながら帰路につきました。
彼も「水風呂入りたいー」なんて言っていました。


でも、その希望が、ほどなく現実のものに^^
少し走ると左手に、何気にお洒落なホテルが・・・
堺のたこ焼き屋さんの側で、行ったホテルと同じ名前、
「前に、たこ焼き食べた時に行ったよね、キレイだったよね」って言うと
「ちょっと、覗いてみる?」って、彼。
言いながら、ウインカーを出して(多分出したんじゃないかな)、車はゆずりレーンへ、
そして気がつけば、お部屋のソファーに腰かけていました。


「水風呂入ってみる?」って彼、「うん」って私。
彼が、お水をためてくれて、一緒に水風呂に入ってみたら、火照った体にヒンヤリと気持良かった。
二人で、お水を掛け合ったりして、しばらく水遊びしちゃいました。
で、水風呂に足をつけたまま、私は湯船の淵に手を付いて、バックでしてもらいました。
彼も待ちかねたって感じかな、すぐに出してくれちゃいました。
(プールに入っているときから、大きくなってたから^^、くっつくとわかるよね)


それから、シャワー(今度は、お湯だよ)で全身の日焼け止めを落とすように、丁寧に、
お互いの体を洗い合いっこしました。
頭は自分で洗いましたけどね、アメニティーも揃っていて、よかったなぁ。
お風呂上りに化粧水をつけると、やっと顔のツッパリ感もなくなって、気持ち良かったです。
部屋の戻って、コーラでカンパイしました、「コーラって、こんなにおいしかったっけ?」って
言うほど、おいしく感じました。


それからベッドで、ラブラブしました。
火照って?敏感になっている肌を、やさしく舐めてくれて、それだけで逝っちゃいそうになるくらい、
気持ち良くって、とろけるような感覚で、夢の中にいるようでした。
途中、ちょっと見せてねって、脱毛した辺りを、マジマジと見られちゃって、
ちょっと恥ずかしかったですけどね。
脱毛跡は、毛穴の中に焼けた毛根が残っている状態で、黒いプツプツが見えているような感じでした。
「あ、出てきた」って彼が言っていましたが、時々ポロリと抜け落ちてきます。
数週間ですべて抜け落ちってしまうらしいです。
そのころには、次の毛が生えてきて、2回目の脱毛の時期になってくるんですけどね。


まぁそんな観察タイムを挟んで、正常位で入れてもらいました。
すんごく感じちゃって、私も下から、腰をクネクネさしちゃって、
今度は私が、すぐに逝っちゃいました。
彼は、2回目で、長持ちして、いっぱい頑張ってくれて、汗をかきながらでしたけど、
そのまま正常位で出してくれました。
そのまま、ギュって彼を抱きしめたら、二人とも汗でビッショリになりましたけど。


しばらく抱き合ったまま、じっとしていてから、彼に仰向けに寝てもらって、
今度は、私が彼の全身をゆっくり舐め舐めさせてもらいました。
左足の指先から、おチンポの手前まで、右足の指先から、おチンポの手前まで、
左手の指先から、脇まで、右手の指先から脇まで、そしてお顔、首筋から胸、お腹、
うつ伏せになってもらって、背中、お尻、肛門って感じでした、
最後にも一度仰向けになってもらって、おチンポを咥えさせてもらおうとした時には、
また、大きくなってくれていました。


しばらく、フェラチオさせてもらってから、そのまま仰向けになっている彼の上に、
乗っかるようにして入れてもらいました。
彼の上で、自由に動かせてもらって、結構激しく腰を振っちゃいました。
すんごく、感じて、自分でも、すごいなぁって、わかるくらい、大きな声で、

「あ、あぁ~、あ、あぁ~」 って言っていたみたいです。
(後で彼に教えてもらった)
彼が出してくれたのもわからないくらい感じちゃって、逝っちゃった時には、
意識が朦朧としていたみたいで、彼の上に乗っかったまま、しばらく動かなかったみたいです。
(彼曰く、マジ心配したそうです)


ちょっと、ベッドに横にならせてもらって、休憩させてもらいました。
(休憩に来たんだもんね)
口移しで、冷たいお茶を飲ませてもらって、生き返りました^^
彼がシャワーしている間も、ゴロゴロしていました。
彼と入れ替わりでシャワーをしに行って、さっきの水風呂に、もう一度つかってみました、
ヒンヤリして気持ち良くって、またまた、生き返った感じでした。
やっとこさ、落ち着いたみたいで、お風呂を出て、鏡の前でお化粧していると、
おめこから、ヌルって、急いでタンポン挿入しちゃいました。


しばらく、ソファーでお話ししながら、ラブラブして、チェックアウトしました。
高速ののり口に向かって、走っていると「お腹減ったね」って話になって、
和歌山インターの近くの、回転寿司(100円じゃないよ)で、夕食にしました。
回転寿司っていっても、ほとんど、注文して、目の前で、にぎってくれるって感じでした。
注文する度、「へい、よろこんで」って、お返事が素敵?でした^^
小さな子供が、注文すると、色んな国の国旗を(爪楊枝で、作ったミニチュア国旗ね)、
お寿司に立ててくれるみたいで、隣の家族連れの、国旗を見て、
「僕のにも国旗立ててください」って、彼がお願いしたんです、
え?マジ?って、思っている私をよそに「へい、よろこんで」って答える板前さん。
しばらくすると、彼に渡された、中トロの上には星条旗が、はためいていました。
「そんなの、なにするの?」って聞くと、今日の記念に取っておくってことで、
星条旗は彼が、お持ち帰りしました。


お店を出て、高速に乗って、夜の阪和道をドライブしながら、ゆっくり帰りました。
より道もしたけど、結構速く帰れました。
二人とも、クタクタだったから、昨日は、そのまま、車の中で、おやすみのキスをしてもらって、
「ちゃんと、お風呂入ってね」ってお願いして、それぞれの家に入りました。
私の家は、誰も帰っていなくって、真っ暗な玄関で、「ただいま」って言ってサンダルを脱ぎました。
いつも明かりのついている彼の家が、ちょっぴり羨ましいなぁ。
結構、疲れていたので、歯磨きだけして部屋に戻りました。
着替えてから、カーテンを開けると、彼の部屋も明かりがついていました。
彼の部屋の方を向いて、「おやすみなさい」って、呟いてからベッドに入りました。


でも、それからが、さぁ大変。
体のあちこちが、痒くって、何度もムヒを塗ったんですが、次々と痒い場所が出現するわ、
ムヒを塗った所も、ぶり返してくるわで、大変でした。
朝、体を見てみると、ひっかき傷が、いっぱいでした。
今も、まだ痒いんですよねぇ・・・
アレルギー体質って、困りものですよね。
でも、疲れていたせいか、いつの間にか眠ってしまっていました。
夜中に誰かさんに、起されることもなくね。
でも、誰かさんの代わりに、痒みさんに何度も起こされちゃいましたけど。



今朝、偶然、知り合いの不動産屋さんの社長さんにバッタリ会いました。
「乗って行け」って、言ってくれて駅まで送ってもらっちゃいました。
車の中で「ご無沙汰しています、お元気そうで、暑いから助かります」って感じの話をしていると、
「そうや、お前、今度ゴルフ付き合え」って言われちゃって、
「最近、練習も全然ですし~」って言うと「今日から練習行っとけよ」って
「暑さで倒れますよ~、父を誘ってくださいよ」って言うと、「華がほしいんや」だって、
「わしを助ける思って、頼まれたってくれ、来月やから暑さもマシやろ」って言われちゃいました。
「ほなこれ、時間は、また連絡するわ」って日付の書いた紙を渡されちゃいました。
見ると、なんと彼の誕生日の翌日でした、ゆっくりしようと思って連休にしていたのになぁ、
手帳を広げて、紙を挟もうとすると、社長が覗きこんで、「お、休みか、よかったな」って、
「ちょっと~、危ないよ~、前見てよ~、社長と死にたくないよ~」って言っちゃいました。


そしたら「おまえ、男おるんか?」って、「いるよ」って答えると、「そりゃ、ワシとは死ねんわな、ほな、これやるわ、そいつと行ってこい」って言って、りんくうタウンでやっている、サーカスの招待券を2枚くれました。
「手付金な」って言いながら・・・
「ありがとう」って言って、招待券をバッグにしまっていると、「しかし、お前、相変わらず、すごい格好やなぁ、男は喜びよるやろうけど、○○チャン(私の父ね)心配してんのちゃうかぁ、あんまり心配かけたら、あかんぞー」って服装で、お説教されちゃいました。
駅で車から降りぎわにも「気つけな、パンツ見えるぞ」だって。
「減らないからいいのよ、ありがとう」って言って車を降りました。
暑いから助かったけど、何で私が、おじさんの接待しなきゃいけないのよ~って、ぶつくさ言いながら
ホームへ歩きました。


ホームで、電車の中でも、ゴルフのことで、憂鬱な気分でした。
もう何年もクラブ触っていないのになぁ、とか、ウエア買い換えなくっちゃ、練習面倒だなぁ、
彼に練習付き合ってもらおうかなぁ、なんて考えていました。
考えただけでも、また夏バテしちゃいそう・・・
彼に、ゴルフの練習とサーカスの件をメールすると、すぐに「行く行く」って返事をくれたから、
夜にでも練習行ってみよう、でもクラブどこにしまって、あるんだろうか?^^
サーカスは明日行く予定です。



この前、退院した高校生とは、今は、メル友(死語か?)状態、
一日数回だけど、忘れずにメールをくれています。
(マメですよね、みんな見習おうね)
おはようメールなんか、毎日、ほとんど同じ時間、最初は、よくやるなぁって思っていたのですが、
最近は、メールの時間が遅れたりすると、あれ?どうしたんだろう?って気になっちゃう。
そのあとメールが来ると、なぜか、ホっと安心したりして、ちょっとおかしい。
お返事すると、すぐにまた返事が返ってくる、いつも暇?って思うほどの短いタイムラグで^^



実はゼクシオ(ちょっと古いけど)持っているんだよ、幸代

夏バテ

こんにちわ。
今日も大阪は37度になるとかで・・・
聞くだけで、しんどくなりそうですね。
大阪の週間予報でも、あと一週間は、この状態が続くとか、
早く秋がって、思ってしまいますね。
でも、スーパーなんかでは秋を感じることも。
すでに梨が並んでいたり、先日も巨峰をいただきましたからね。



みなさん、体調は、いかがですか?
私も、この暑さと、ハードワーク?^^にやられてしまったのか、ついに夏バテしちゃいました。
職業柄、一応体調管理には気を使っては来たんですけどね。
食欲不振で、食べても胸がムカついてって感じです。
水分補給だけは、って思って、お水だけは飲むようにしていますけど。
夏バテ防止には、食べないといけないのに、悪循環ですよね。
睡眠だけは、取れているので、倒れることはないと思いますけど。
皆さんも体調管理には気を付けてくださいね。



レーザー脱毛に行って来てから、
どうなの?っていうような、質問を、いっぱいいただくのですが、全然前と変わりませんよ。
施術後は、軽い火傷のように、赤く膨らんでいたくらいです。
今は、その腫れも引いて、まったく元の状態って感じです。
みなさんの、想像では、毛がすべてなくなって、ツルツルってことだと思うのですが、
(ツルツルは前からですけどね)
実際は毛を抜いてしまったわけではなく、毛根をレーザーで焼いただけなので、
毛穴には、焼けカスみたいなのが残っています。
だから、見た目は毛を剃った状態となんら変わらないんです。
これは数日から数週間でポロポロと出てきて落ちちゃうらしいんですけどね。


でも焼いた毛根が全部抜け落ちるころには、違う毛根から毛が生えてくるみたいなので、
やっぱり、本当の意味でのツルツルには、なりません。
そこそこ生えた状態になったら、2回目のレーザー処置になります。
これを半年から一年くらい、続けると、ほとんどの毛根がなくなって、
本当にツルツルになるみたいです。
産毛だけの、赤ちゃん状態ですね^^
途中で辞めると、意味がないし、お金も払っちゃったので、頑張って続けようと思っています。



レーザー脱毛が終わって帰るときに、術後の注意点を説明してもらった時に使った説明用紙を、
封筒に入れて、もらってきていたのですが、頭で理解したつもりだったので、
その日は、見なかったのですが、処分しようかなって思って、中を見ると、
色んな宣伝パンフレットが入っていました。
脱毛案内から、ボディーピアスまで、ご丁寧に、やった方の写真や口コミつきでした。
商売上手やなぁって思いながら見ていたのですが、ヘソピアスの可愛さに目が釘付け・・・
彼と泳ぎに行った時も、ビキニにヘソピアスって人が結構いて、可愛いなぁって思っていたので、
今度行った時に話だけでも聞いてこようかなぁって思いました。
ええカモやって、思われちゃうかもだけど。



昨夜はレーザー脱毛の報告会って名目で、彼の家に行ってきました。
なんとブラジャーをして・・・
実は今まで彼と会うときにブラジャーをしたことが一度もなかったんです。
先日、「何でブラジャーしないの?」って聞かれちゃって、
「弟に、言われたから、それが当たり前になっちゃったから」なんて言えないし、
「締め付けられるのが、イヤだし、擦れると蕁麻疹が出るの、だから指輪とかも、たまにしかしていないでしょ」って答えました。
そしたら「たまにはブラジャーしてよ」って言われちゃったので「いいよ~」って約束したので、
昨夜、彼のところに初めてブラジャーをして行ってきました。


出かける前に思い出して、下着入れをみると、ブラジャーは奥の方に追いやられていました。
手前の方にあるのは、弟が買ってくれたトプレスブラでした^^(隠すの忘れてた)
ごそごそ、してると結構懐かしいのがでてきて、あ~あ、これ・・・みたいな感じでした。(どんな感じだ^^)
どれにしようかぁ、ショーツとお揃いがいいなぁって思ったのですが、
最近(どころじゃないね)はショーツだけを買うことが殆どだったので、
これ。っていうのが見つかりませんでした。
こんなことなら、この前サルートのお店に行った時に、ソングとセットで買っておけば良かったな、
って、ちょっと後悔しちゃいました。
今日でも、買いにいてみよう・・・彼に選んでもらおうかな^^


結局、上下お揃いではなくって、黒のブラジャーに黒のTバックで揃えてみました。
洗剤のいい香りがしないのが気になりましたけどね・・・
両方レースですし、パっと見、わかんないかなって思ったからね。
黒のスカートに白のTシャツって格好でした、Tシャツから透ける黒のブラジャーってのが
いいんだろうなって、思ったんですけど、考えすぎでしたかね?


でも好評でした。^^
彼の部屋で、しばらくレーザー脱毛の、お話していると、「じゃあ見せて」って言って、
抱き寄せてくれて・・・
服を順番に脱がせてもらいました。
ブラジャーには感激してくれて、マジマジと見るもんだから、「そんなに見つめないでよ」って言ってしまいました。
ホックの外し方も、ぎこちなくって、可愛かったです。
弟だったら、引きちぎるようにするか、「自分で外せ」って言うんだろうなぁって考えちゃいました。
(比べちゃいけないね)


ゆっくりと全部脱がせてもらってから、私も彼の洋服を順番に脱がさせてもらいました。
ちょっと趣向を変えて、パンツから、そしたらストリング(プレゼントしたの)を履いてくれていました。
あれって、ピチっとしているから、おチンポが大きくなっているのが丸わかりで、
シルエットまでクッキリ出ていました。
思わず、ストリングの上からパクって、おチンポを食べちゃいました。
しばらく、お口でモグモグしてから、脱がさせてもらっちゃいました。
彼を見上げて「いい?」って聞くと「いいよ」って言ってくれたので、おチンポを生で咥えさせてもらいました。
フェラチオしているときも、頭をナデナデしてくれて、嬉しくって頑張っちゃいました。
夏バテで、苦しかったんですけどね。


立ったままじゃ悪いかなって思って、おチンポ咥えたまま、彼をベットの傍まで押すようにして、
移動してもらいました。そしたらベットの角に座ってくれたので、
(これって、もしかしたら、阿吽の呼吸?って一人で喜んじゃいなした)
座っている彼の股の間に膝まづくような感じで、フェラチオさせてもらっていました。
そしたら彼も、私の胸を揉んでくれたり、乳首を引っ張ってくれたりで、
私も濡れ濡れになっちゃっていました。
しばらくすると「いい?」って彼の声、「うん」ってお返事すると、私の頭を抱えるようにして
お口の中に出してくれました。


ちょっと、日が開いたからか、まだ止まらないのって思ったくらい、
何度も、ビュッビュッって、いっぱい出してくれました。
お口から、こぼしそうになりましたけど、全部飲ませてもらいました。
夏バテの食欲不振もあってか、飲みにくかったし、いつもよりマズく感じましたけどね。
しばらくは、胸がムカムカしていましたし。


多分咥えさせてもらっていたのは、15分くらいだと思うのですが、
酸欠?と夏バテで、しばらくフーフーと酸欠の金魚さんみたいにしていました。
でも「大丈夫?無理しなくていいのに」とか、優しく声をかけてくれて幸せでした。



「ちょっと休憩させて」ってお願いしてTシャツだけでも着ておこうと思って手に取ると、
「ブラジャーもしといてよ」って言ってくれたので、「うん」って言いながら、
ちょっと笑っちゃいました。
休憩ってことで、お話の続きで、貰ってきた、ボディーピアスの案内を見てもらいながら、
「ヘソピアスどうかなぁ、こんな感じの可愛いかなって思うんだけど」って言ったら、
急にテンションが高くなって「いい、いい、して、して」って言ってくれました。
「じゃあ今度行った時にお願いしてみるね」ってことになりました。


その案内には、ヘソピアスだけじゃなくって、ニップルとかラビアピアスの案内もあって、
(こちらは画像じゃなくってイラストでしたけど)
それを見た彼が、「すごいなぁ、これもいいんじゃない?」ってニップルリングを進めてくれました。
えーーーーーーマジーーーーーーって感じで、「ダメダメ」って言うと「どうして?」って
だから、「乳腺とか傷つけると母乳が出なくなったりするから、子供ができた時に困るから」って
言うと、「そうか、ごめん」って納得してくれました。
以前、弟にニップルリングしろって言われたままになっているのを思い出しました^^


でも、次にラビアピアスを指差して「じゃあ、こっちは大丈夫だよね?」って
えーーーーーーーーーーーーーーー
マジーーーーーーーーーーーーーー
「ダメダメ」って言うと、またまた「どうして?」って「だって、恥ずかしいし」って言うと
「誰かに見せるの?」って「そうなんだけど~」って言いながら良い理由を考えたけど見つからず、
しばらくすると「じゃあ、ヘソとラビアのセットで」って決められちゃいました。
それでも「でも~」って、言っていると「いつでも外せるんでしょ」だって。


【お願い】ラビアピアスのいい断り文句ありませんか? 教えてください。

それから一緒にインターネットで、ヘソピアスとラビアピアスの品定めをしちゃいました。
ヘソピアスって、可愛いのがいっぱいあって、ワクワクしながら見ていました。
お気に入りは、ピンクのクリスタルの入ったシルバーのやつです^^
ラビアピアスはシンプルなものが多くって、可愛さはいま一つでしたね。
ゴールドがシルバーのリングが、いいんじゃないってことになりました。
アレルギーが出ないといいなぁって、思いながらでしたけど。



そのあともインターネットで下着を(特にブラジャー)選んでもらったりしました。
サルートは彼も気に入ってくれて、最新のチューリップのシリーズを揃えようってことになりました。
とりあえず、今度お店にいって、ブラジャー、ソング、ガーターベルトをお揃いで買うことにしました。
デザイン違いで、2,3セット揃えるつもりですけどね。


彼が席を外したすきに、お気に入りを見てしまったのは、許されるよね^^
このブログとか、ツイター関係がなかったので、一安心でした。
アダルトサイトは赦しちゃうから^^



そのあとは、彼のお気に入りのファッションを色々教えてもらったりしていました。
単なる露出やんってファッションが多かったですけどね^^
一回くらい、してみようかな^^
リンクをいろいろクリックしていると、アダルト系になってきました。
しばらく、すごいねーなんて言いながら見ていたんですが、
彼が触発されちゃったのか、手が伸びてきて・・・
見つめあって、キスしてくれて、その場に押し倒してくれました。
(キスって精子味しなっかったんだろうか?弟はイヤがるんだけど・・・)



今度は全身、ゆっくりと丁寧に舐めてくれました。
ブラジャーだけつけたままでしたけど・・・
おめこがベチョベチョすぎて恥ずかしいなぁって、ちょっと思ったけど、何事もないように、舐めてくれました。
それから、うつ伏せにしてもらって、うなじから背中・・・足先まで。
その体勢のまま、腰を持って引き上げてくれて、バックから入れてくれました。
(お尻じゃなくって、おめこにですよ)
声が出そうになったので、彼のストリングを口に入れてもらっちゃいました。
胸を揉んでくれたり、乳首をつねってくれたりして、すごく感じまくりでした。
(私の好みも、色々わかってくれたきたみたい)
乳首を両側に思いっきり(?)引っ張ってくれたときに、ビビビと背筋に電気が走ったような感じになって
逝かせてもらっちゃいました。(単に腰が悪いだけかも・・・)
それに合わせるように彼も出してくれました。
思わず、「また、おしかったねぇ」って声が出ちゃいました。
彼のストリングがお口に入っているので、多分、言葉になっていなかったと思いますけど。


私の中に出してくれてから、彼が私の上に乗りかかってきて、
「重い重い」(言葉になってない)って床に手をバタバタさせながら訴えちゃいました。
「咥えて」って言われたから、彼に寝転がってもらって、口からストリングを出して、
おチンポキレイにさせてもらいました。


しばらく続けていると、ちょっと小さくなりかけた、おチンポが、また大きくなってきてくれました。
あれあれ、って思いながら続けていると、「今度は、ゆきよが上になって」って言ってくれました。
だから「うん」ってお返事して、私の涎でびちょびちょになったストリングを口に入れてから、
彼を跨ぐようにして、おチンポをおめこに入れながら上に乗っからせてもらいました。
今度は、自分でおチンポの感触を味わうような感じで、ゆっくりと腰を振らせてもらっちゃいました。
3回目になると、結構長持ちで、クタクタになっちゃいました。
20分くらいは彼の上で腰を振っていたと思うから。
お尻じゃなくって、おめこに出してもらえたので、嬉しかったです。
でも、最後までブラジャー外してもらえませんでした。^^


終わってから、大慌てでストリングを出してから、ハーハー息をしながら、彼の上に倒れこみました。
それから、抱きついてキスしてもらったりして、甘えさせてもらいました。
しばらくして、立ち上がると、すでに精子がでてきていて、彼のおチンポの周りがベトベトになっていました。
とりあえず、これ以上、被害が拡大しないように、タンポンを入れてから、
彼のおチンポ周りを、お口でキレイにさせてもらいました。
抜けた毛が口に入ってきて、歯と歯の間に引っかかってとれなくって、?って感じでしたけど。
終わってから「イー」って彼に歯を見せると、思いいきり笑ってくれて、二人して笑い転げちゃいました。
彼が取ってくれましたけど^^


部屋を出て(ちゃんと、下着も忘れずに持ってね、もちろん彼のストリングも)、
彼のお母さんに、ご挨拶にいくと、「今日は賑やかでたのしそうだったわね」って、
多分、最後に二人で笑い転げていたときのことを言っているのだとは思いますが、
もしや私の喘ぎ声?って、ちょっとドキっとしてしまいました。
彼のストリングって小さいので、それなりに声が漏れていたでしょうしね。
彼が「家まで送っていってくるわ」ってお母さんに言って、
彼のお母さんも「いてらっしゃい、気をつけて」って、冗談のわかる、お母さんでよかったって思いました。
で、彼に私の家の前まで送ってもらいました。^^



帰ってから、部屋に直行して、ベッドに横になりました、もうクタクタって感じでした。
エアコンの温度を下げて、布団をかぶって横になっていました。
彼にも「すぐに寝るから」って言って「おやすみ」言って帰ってきたので、
そのまま、目を閉じて、深呼吸しながら、じっとしていました。
しばらくして、少し落ち着いたので、お水を飲みに行こうとして部屋を出ると、
弟が上がってました、「おかえり、どうかしたん?」って聞いてくれて、
「え?どうかしたって?」って聞くと、「しんどそうやから」って、
「ちょっと夏バテかな、お水飲んでくるわ」って言うと、「入れてきたろか?」って
「え?」って思わず口に出してしまうほど、ビックリしちゃいました。
「失礼なヤツやな」って言いながら上がってきたばかりの階段を降りていってくれました。


部屋に戻ってベッドに腰かけていると、弟がお水をグラスに入れて来てくれました。
なんと父がロックでお酒を飲むとき用の大きな丸い氷入りで感激しちゃいました。
お水を飲んで、思わず「ふー」って言っちゃうほど、おいしかったです。
そのとき、横に座ってくれていた弟が私のおでこに手を当てて
「熱はないなぁ」って、なんか、やさしくって^^
だから「ありがとう」っていって、ほっぺにチューしちゃいました。


そのとき、机の上にさっき持って帰ってきた、彼のストリングを置いているのを見られちゃって、
弟がそれを指差しながら「単なるやり過ぎってことやな?」って言われちゃいました。
うーってうつむいていると、そのまま、うつ伏せにベッドに押し倒されちゃって(足は床でした)、
スカートを捲りあげてくれました。
ちょうど黒いTバックから、タンポンの紐が出ていたみたいで
(コントラストが大きいから目立つね^^)
「お、なんや、生理きたんかいな、おもろないな」だって・・・


ちょっと間を置いてから「ほんなら、あいつのチンポどこに入れてもらってきたんや?」って
してないって言おうと思ったんだけど、ベレバレの嘘っぽかったし、余計に怒られそうだから、
「おめこに入れてもらった」って言いました。
そしたら「生理中でもやるんかいな、好きものやな、あいつも」だって、
そして「しゃあない、やっちゃなぁ」って言いながらタンポンの紐を引っ張り出されちゃいました。
引っぱり出したタンポンが精子をいっぱい吸い込んでいたみたいで、
「うわ、汚ねー、なんじゃこりゃ、糸引いとるやんけ」って
そして「なんや、血ついてないやんけ、まだかいな」って言われちゃいました。


引っぱり出したタンポンを私の顔の前に持ってきて「食え」って、
仕方ないから、口に入れようとすると、パン食い競争(やったことないけど)みたくて、
なかなか、うまく口にはいらなくって、何度も失敗して、タンポンが顔に当たって、
精子が、顔にいっぱい付いちゃいました。
しばらくすると「へたくそ、猿轡変わりや」って言いながら、弟が口に入れてくれました。
入れてから手に精子がついたとか言って、怒っていましたけど。
精子だけでも気分悪かったのに、膨らんだタンポンが口の中で、気持ち悪かったです。


うえーって思っていると、いきなり、おめこに入れてくれました。
まだ中には彼の精子がいっぱい入っていたらしく、「なんやこれ、中が水浸しみたいや」、
「何回出しよったんや、あいつ」とか言っていましたから。
腰を振ってくれてからも、カリに掻きだされて、精子がいっぱいでてきたみたいで、
(カリって他の人の精子を掻きだす為のものなんですよね)
ワーワー言っていました、もったいないね^^
ワーワー言いながらも、そのまま、おめこの中に出してくれました。


出してくれてからも、「はよ掃除しろ」って言って、おチンポを、タンポンの入った口に押し込んできました。
おチンポでタンポンが喉の奥に押し込まれて、私が「うーうー」言っていると、
弟が「なんじゃー?」って言いながら、後ずさりしていました^^
「そんなもん、いつまで口に入れとんねん、はよ出せ」って、おいおい、あんたが入れたんだろって
思いながら、タンポンを口からだして、ゴミ箱にポイしました。
それから、も一度、弟のおチンポを咥えさせてもらって、キレイにさせてもらいました。
そしたら「なんでブラジャーしてんの?」って聞かれちゃって、彼のリクエストって答えると
「すぐに脱がせるんやから、要らんのになぁ」って言われちゃった。


苦しくって「もういい」って聞いたら、「も一回、うつ伏せになれ」って言われちゃって、
思わず「まだ?」って言っちゃいました。
「お前は、おめこが精子で満タンになるほど、してきたかもしれへんけど、俺は、まだ一回やないか」って、思わず頭の中を ???がいっぱい流れていくような、ことを言いながら、うつ伏せにされて、
「おめこは汚いから、ケツに入れたるわ」って言いながら、お尻に入れてくれました。
精子まみれだったからか、痛くもなくって、すんなり入れてもらうことができました。


「ケツはええわー、おまえの、おめこ使い過ぎでガバガバで締まりないから、全然感じへんしな」って
その感じない、おめこに出したばかりで、よく言うよね~
でも、お尻を叩いてもらいながら「あいつに何回してもらってきたんや?」とか
「どこの口で咥えてきたんや?」等々言ってもらったり、
「あいつの部屋の方向いて、○○○(弟ね)のチンポが入ってます」って言えとかで。
色々、答えさせられたり、言わされたりで、すごく興奮しちゃって、
左右のお尻を思いっきり挟むように叩いてもらったときに、逝っちゃいました。
「あいつにも逝かせてもらったんか?」とかいいながら、今度はお尻に出してくれました。


しばらくは「ケツは絞まるわー」とか言いながら、余韻?を楽しんでいてくれたみたいですが、
すぐに、おチンポを抜いて、私の顔の前に持ってきて、「はよ咥えろ」って、
咥えようと、顔を近づけると、頭を掴まれて、おチンポを押し込まれちゃいました。
そのとき、息をしてみたら、ちょっと臭ってた・・・orz(最近覚えたorz)
わー臭うー、彼の時じゃなくって、良かったーって思いながら、お口でキレイにさせてもらいました。
フェラチオしているときに、弟の手が、おめこ辺りに伸びてきて、(どんな体勢かわかるかな?)
お尻の穴や、おめこの穴をいたり来たりしてくれていました。


しばらくすると、「キャァ」って、思わず口を離して言ってしまうほど、ビックリしました。
弟が、さっき持ってきてくれた、お水に入れてくれていた丸い大きな氷を持って(かなり小さくなっていた)、
お尻のあたりに、押しつけてくれたんです。
冷たくって、一瞬ビックリしましたけど、気持ちよかったりもしました。
「勝手に離すな」って頭叩かれちゃいましたけど・・・
でもすぐに え?って、お尻の穴に氷を押し込んでいる感じがして、
「ちょっと待って」って、おチンポを咥えたまま、言っちゃいました。
でも、すぐに、ツルンって感じで、お尻の穴に氷が入ってしまっちゃいましたけど。
ゴルフボールくらいの大きさになっていたとおもうのですが、
お尻の中で結構な存在感を発揮して、おチンポを咥えたままの口で「うー」って
言いながら、腰をくねらせてしまうような、気持ちよさでした。


よく冷えたビールを飲んだ時のように、体の中からヒンヤリって感じで、
お尻の中から、冷たさが伝わってきて、なんだか変な気持ちよさではありましたけど。
しばらくフェラチオを続けていると、「チンポが暑くなってきたから、もうええわ」って言って
解放してもらいました^^(結構苦しかったんだよ。)
そのとき、彼の部屋から持って帰ってきた、ボディーピアスの案内を弟が手に取って、
「やるんかこれ?」って「わかんないけど、おへそ考えてる」って言うと、
「クリトリスもできるらしいから、そっちの方がええんちゃうか、あいつも喜びよるで」だって、
喜ぶのは、あんたでしょ、って言いそうになっちゃいました。
くわばらくわばら^^(←意味知ってる?)


しばらくして「夏バテ予防には運動も必要やっていうから、俺も協力したことになるなぁ」って、
言いながら立ち上がって、ドアの方に歩いて行きました。
部屋のドアを開けてから、「おめこの腫れ引いて良かったな、睡眠も大事やから、はよ寝ろよ、おやすみ」って言ってくれて部屋を出て行きました。
後ろ姿に「ありがとう、おやすみ」って言ってから、も一度、新しいタンポンを入れてベッドに横になりました。
「あーしんど、めっちゃ疲れたーーー」って頭の中で叫びながら、両手、両足を大きく開いて大の字になるように伸びをしました。(気持ちいいよ)



寝ちゃいそうになったころに、なんだかお腹が・・・
ゴルフボール大の氷と、精子を入れてもらったせいか、トイレに行きたくなっちゃって、
まぁ浣腸した時のような感じかな、もよおしてきちゃったから、トイレに駆け込み^^ました。
便座に座って、足を広げて覗くようにして、力を緩めると、
ちょっと下品な音を立てて(幸代ファンのみなさま、ごめんなさい^^)
なぜが、ちょっと色のついた、お水と、白いミルクのようなものが、出てきました、
白いものは、粘り気があって、お尻から、鼻たれ小僧の鼻水のように、とろーんと垂れて、
水面(みなも)に波紋を作っていました。
せっかくだから、ウォシュレットを最強にして、お湯をお尻に入れて、洗っておきました。


部屋に戻って、ベッドに入ろうとしたときに彼のストリングが目に入って、
彼の部屋から帰って歯磨きしていないこともおもいだしたので、
えーい、この際って思って、ストリングを持って洗面所に行ってストリングを手洗いして、
歯磨きしてきました、歯磨きしてると、ウェーってなっちゃいましたけど。


キッチンでお水を飲んでいると、なんとなくお腹が空いてきたんですけどね、
食べると気分悪くなりそうだから、そのまま部屋に戻ってベッドに入りました。
結局寝るのが遅くなってしまいましたけどね。
そのあとは、すぐに寝ちゃったみたいで、熟睡できました。



でも今朝は、早くに目が覚めたんですけどね。
昨日、お庭の ほうせん花が水不足で萎れていて、お花も夏バテなんだって、妙に親近感が湧いちゃったのを思い出して、(昨日の夕方お水をあげたら、夜には元気になっていました)
一日一回じゃ足りないんだなって思ったので、朝からお水やりをしました。
朝って蚊がいないのか、全然刺されなくってよかったです。
早起きすると時間が、いっぱいあっていいですよね^^



そのうち弟も起きてきたので、朝食に、トーストを焼いて、目玉焼きとベーコン炒めをつくりました。
弟はペロリとたいらげてくれたのですが、私はなんとなく食べる気がしなくって。
でも何か食べないとって思って、野菜室にあった、グレープフルーツを切って食べました。
そんな私を見て弟は、「運動のしすぎちゃうか」って笑いながら言って、出かけて行きました。
「じゃあ、今日から運動減らすよ、いってらっしゃい」って言ってお見送りしました。


それから、お片付けして、バタバタと準備をしてから、駅に向かいました。
駅までの道のりの暑いこと暑いこと、マジ溶けちゃうんじゃないって思いました。
この暑さじゃ夏バテも治らないよねーって独り言が思わず口に出ちゃいました。
駅で電車を待っているときも、気持ち悪くなって、ホームにしゃがんでしまいました。
電車の入ってくる案内放送があったときに、ふと我に帰って、マイクロミニを履いていることを、
思い出して(いつもなのにね)、お尻の方を見ると、お尻が丸見え状態・・・orz
自分では横からしか見ていないけど、後ろから見たら、
Tバックとか、お尻の割れ目なんかも丸見えだったんだろうなぁって思って、
顔を上げずに、離れた車両の方に走っていって、電車に乗りました。
電車の中でも、何度も思い出しちゃって、そのたびに顔が真っ赤になっているのが
自分でも、よくわかりました。
結局、気分悪~って思いながら、電車乗っていました。


早寝、早起き、運動(セックス?)、食事、正しい生活を心がけようって、思ったよ。



今日こそ、ゆっくり寝たいなぁ、幸代

続きを読む

ツルツル?

おはようございます。
朝から、超暑いですね、体が半分溶けています。
今日も、猛暑みたいですね、特に西日本で。


夕顔が、順調に咲き始めました。
幹は太いし、葉も大きくて、一緒に植えてある朝顔を圧倒し始めました。
朝夕がとても楽しみになりました。

yuki021.jpg おすそわけです。
yuki011.jpg 奇麗でしょ。


昨日レーザー脱毛に行ってきました。
VIOラインの脱毛なんですが、ツルツル志望ってことで申し込みました。
高出力の方がいいってことで、医療機関にしました。(脇とかはエステでしてもらったから)
何でも初めてはそうですけど、色々考えたりしていましたけど終わってみれば、
なぁ~んだって感じで簡単でしたね。
痛いのかなぁとか、おめこ見せるの恥ずかしいなぁ、とか、
色素が沈着したりで黒くなっていて、してもらえなかったらどうしよう、とか、
してもらえても黒いから、超痛かったらどうしようなんて考えていたんですよね。


最初、カウンセリングの時の内容と施術範囲の確認なんかをしてもらってからスタートとなりました。
Tバックをはいたままでもしてもらえるってことでしたが、邪魔になるみたいですし、
私の場合全部でしたから、はかずにしてもらいました。
女性の看護師さんってこともあったんですけどね。
痛みも、すごく痛いって覚悟していったんですけど、思ったほど痛くなくって、
(輪ゴムを伸ばしてパチって、やった時のような痛みでした)
時間も全部で30分くらいで終わりました。
おめこ周りも、特別痛くなくって、レーザーを弱めてもらうこともなく終了しました。


「私のような(全部脱毛)方って他にもいらっしゃいますか?」って聞いてみると、
「結構いらっしゃいますよ、最近増えてきていますし」ってことでした。
私だけって言われたら、どうしようって、ちょっと心配でしたけど一安心でした。
着替えてから、術後の注意点や次回以降のことについて説明を聞いて帰ってきました。
2、3日は毛穴周りが赤く腫れたり痒みが伴うことがある、とか、
激しい刺激を与えないように、ってな感じの内容でした。


今、まさにその状態で、赤くプツプツと腫れて、痒みも感じています。
思いっきり剃刀負けした時のような感じでしょうか。
一応、もらった軟膏を塗っていますけどね。
それ以外には特に変化はないですね。
いきなりツルツルになっているって思っていらっしゃる方もいるみたいですけど、
そんなことないんですよ。
実際にツルツルになるまでには、数か月はかかるみたいですから。
今は、見栄え悪~ ですよ。


彼氏も、その例にもれず、何度もメールや電話があって、「どうだった?」みたいな感じで、
その期待度が、ヒシヒシと伝わってきました^^
現状を説明するとガックリって感じでしたけどね。
「今日は見栄えが悪いし、薬塗っているから」ってね。
今夜、晩ご飯を一緒に食べる予定なので、腫れが引いていたらお披露目しようかな^^


それは、やっぱり弟も同じでした。
ちょうどお風呂上りに部屋で薬を塗っていると、「どう?どう?」って言いながら入ってきて、
「俺がぬったるわ」って言いながら私から薬を取り上げて、マジマジと見ながら、塗ってくれました。
「もう塗り終わったんだけど」って言うと、「遠慮せんでもええって」だって、塗りすぎも良くないのにね。
「なんか、あんまり変わらんな」が弟の第一声でした、「そんな簡単じゃないのよ」って言っておきました。
お薬塗ってくれていた指が、おめこの中に入りだしたので、「そんなところ、してないんだけど」って言うと「サービスしといたるわ」って。


「強い刺激を与えたりするとダメなんだから~」「火傷したみたいな感じなんだから~」って言っても
効果なしで、そのままセックスしてもらっちゃいました。
正常位でしてらうと、弟の毛が、処置あとに当たってか、痛くって、だからお願いして
バックでしてもらいました。
バックでも、時々チクって痛みもあったのですが、だんだん痛気持ちよくなてきて、
私も、いっぱい腰振って、声だしまくりでした。
「おめ毛の永久脱毛なんて、するやつおらんで、どMめ」とか色々言ってもらったりして、
ゾクゾク感じさせてもらって逝かせてもらっちゃいました。
「最後は、腹の子の栄養や」って言って、おめこに出してくれました。


終わってから、ベッドに横になって「ふーふー」言っていると、横に来て出てきた精子を
「おめこ締まりないなぁ、薬代りに塗っといたろ」とか言いながら脱毛跡に塗ってくれました。
おチンポをお口でキレイにさせてもらっていると、「あいつに見せに行けへんのか?」って
言いながら自分の部屋に帰って行きました。
私は、そのまま寝ようと思ったのですが、このまま腫れが引かなくっても困るので、
も一度シャワーをしに部屋を出ました。


シャワーをしてキッチンに行くと母が帰っていて、さっきの声聞こえなかっただろうか?
って思ってドキってしてしまいました。^^
「今日も暑かったねぇ」とかお話していると、脱毛跡の腫れを見つけて
「あんた、それどうしたの?」って、今日ぐらいバスローブでも着ておけばよかったなぁって
思ったけど後の祭り、嘘ついてもしょうがないし、正直に「脱毛してきた」って言いました。
一瞬、母が、え?って顔になっていましたけど、「大丈夫なの?」って言ってくれました。
平静を装って、お水を飲みながら「うん」って答えると「それならいいけど、流行りなの?」って
だから、また「うん」って答えておきました。


そんな話をしていると、おめこにヌルっとイヤな感じ、弟の精子が、また出てきたみたいで、
「薬塗らないといけないから」って言って変な歩き方で部屋に戻りました。
部屋に戻ってから、もうそんなに残ってないよなぁ、って思ったけど、シーツ汚したくないので、
念のためにタンポン入れてから、も一度お薬、塗りました。
お薬塗るのも一苦労でしたね^^



今日は刺激を与えないように? シルクのTバックはいています。
やっぱりシルクの肌触りって最高ですよね。
アダルトショップとかで売っているレースのTバックとかって、変にチクチクして、
履き心地が悪いったら、ありはしないですからね。
もうちょっと値段が高くても構わないから、素材までこだわって作ってほしいですよね、プレイショーツも。
ビーズ入りは大歓迎ですけど^^


今日は、おとなしくしておこう。


おめこが痒い、幸代
My baby comes
お腹に赤ちゃんがいます。
Attention ぷり~ず
コメントをいただける場合は非公開にしないでください。 コメントは承認制にさせていただいています。         公開の判断基準は、私 です。 個人情報につきましては一切の責を負いません。          ご理解いただきありがとうございます。
自己紹介。
美優のことをもっと知ってください。

幸代 美優(さきしろ みゆう)

Author:幸代 美優(さきしろ みゆう)
なんとなく病院と家を行ったりきたり。
気がつけば夜勤が応える年齢になってしまいました。
淋しいなぁ。
やさしく苛めてね。

ついったー やってます
↓ 美優をクリック
                                   sakishiro_miyuをフォローしましょう
つぶやいてね。
↓ クリック
Facebook
facebook
【名前】

幸代 美優         (さきしろ みゆう)

【メッセージ】

仲良くしてください。

いくつになったの?
べいびーは?
べいびぃは?
べいびぃは?
Time is Money
あなたの~
時間給が円とすると
言われてみたいな^^
美優を調べてね。
和めるかな


presented by 初音ミク オリジナル

今日の美優。
過去記事はこちらから。

2017年 10月 【3件】
2017年 09月 【7件】
2017年 08月 【4件】
2017年 07月 【2件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【3件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【5件】
2017年 01月 【4件】
2016年 12月 【3件】
2016年 05月 【5件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【4件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【1件】
2015年 09月 【4件】
2015年 08月 【17件】
2015年 07月 【8件】
2015年 05月 【2件】
2015年 03月 【6件】
2015年 02月 【3件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【4件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【9件】
2014年 06月 【6件】
2014年 05月 【3件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【2件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【1件】
2013年 08月 【1件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【2件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【3件】
2013年 02月 【2件】
2013年 01月 【13件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【4件】
2012年 10月 【8件】
2012年 09月 【8件】
2012年 08月 【4件】
2012年 06月 【1件】
2012年 05月 【5件】
2012年 04月 【6件】
2012年 03月 【3件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【4件】
2011年 12月 【3件】
2011年 10月 【1件】
2011年 09月 【7件】
2011年 08月 【13件】
2011年 07月 【3件】
2011年 06月 【10件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【17件】
2011年 03月 【16件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【11件】
2010年 11月 【5件】
2010年 10月 【15件】
2010年 09月 【29件】
2010年 08月 【20件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【10件】
2010年 05月 【14件】
2010年 04月 【18件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【13件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【8件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【9件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【3件】
2009年 05月 【2件】
2009年 03月 【10件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【11件】
2008年 12月 【10件】
2008年 11月 【12件】
2008年 10月 【12件】
2008年 01月 【1件】
2003年 06月 【1件】
1977年 04月 【1件】

美優へのラブレター
美優の気持ち。
美優としているのは。
現在の閲覧者数:
美優とつながったのは。
美優の順位は?
[ジャンルランキング]
アダルト
2332位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
175位
アクセスランキングを見る>>
大漁?
今月の美優。
おまけ^^
夜更かしはお肌の敵?    セックスは味方?
人肌恋しい季節?
powered by 撮影スタジオ.jp
私にも似合うかな?
今日も!安全日?
明日は洗濯日和? 下着はいつも部屋干しね

-天気予報コム- -FC2-
要ダイエット?
BMIブログパーツエステ人気ランキング
美優はセクシー!あなたは?
美優からのプレゼント。
美優の下着は?
今日のパンツ占いだよ!
thanks font:S2G
あなたは何座?
developed by 遊ぶブログ
わんわん

いーってみたいな、よそのくーにー
海外旅行のチャンス?
名言 ?
美優としたい?

この人とブロともになる

Reading, and yukiyo blog
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
トラックバック???
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード